FC2ブログ

『 ほめる前の心の準備 』

2月20日から22日まで山梨の清泉寮さんにてつなぐ人フォーラム にツナギストとして参加して、

「自分も周りも笑顔になる”ほめトレ”」

を実施して来ました。 

2日目の45分プログラム「お試し版」の様子

013.jpg

45分のお試し版では、

参加者の皆様に「ほめるとは」を考えていただき、対話の中から、「ほめる」に対する考え方の違いをお互いに知る事で、視野を広げ、ほめ達の定義する「ほめるとは」を説明して、「ほめ達」口癖を伝授する、シンプルな内容でした。

45分では伝えきれないので、3日目に2時間半バージョンに立候補しました 

今回のブログは、二日間のワークショップ実践を振り返りまして

皆様に伝えたいと感じた、

誰かをほめる前に
必要な
心の準備

について書きます。


① まず自分を満たす。

自己肯定感が低いと、人をほめるのが難しいと言われています。

心に余裕がないと、人の良い所を見つけにくくなります。

心を水の入ったコップを例に
ご説明してみます。

コップ中にお水が8割ぐらい入っていたら、のどが渇いた人に気持ち良く分けることができます。

しかし、中身が半分ぐらいだと・・・迷います。

それが3分の1しかなかったら、自分だけで精一杯。

「分けて欲しい」と言われたら

「これしかないのに・・・私乾いてるのに・・・なんであげなきゃいけないの?」という気持ちになり、

自分のコップの中見が足りない・・・なくなっちゃう・・・と

不安で苦しくなります。 


自分のことを、誰よりも理解しているのは、
自分自身です。

誰もほめてくれないからダメだ・・・から

自分自身で自分の良い所を観る癖をつけ、
自分自身の心を自分で満たす。

先ずは意識を変える所から始めましょう。


寝る前に、今日の自分の良かった点、
がんばった点を一つでも思い出してから寝ると

睡眠の質が上がり、じょじょに気分が整い、ハッピースパイラルが起きやすくなります 

② 感情を認める。

「ほめる」=ポジティブに偏ると、

ネガティブを否定してしまうことがあります。

私はほめ達!3級、2級を取得した時に、偏りました

ポジティブに偏らず、ネガティブな気持ちに寄り添い、認める、

ニュートラルさを大切にすることが、メンタルヘルスでは重要と、

カウンセリングや坐禅会を通じて気づきました。

人生良いこともあれば、悪いこともある。

感情は動くもの。 

心の揺らぎを味わう為に

私たちは人生という旅をすごします。

ニュートラルを心がけると、
ネガティブな点からの学びにも気づきやすくなります。


③ 「良い所を観る」を意識する。

日本ほめる達人協会の定義する
「ほめるとは」


ヒト、モノ、出来事の
価値を発見して
伝えること。


自分の感情を認め、ニュートラルを心がけると、
周りに対しての見え方に変化が訪れます。

人は無意識にマイナスを観る癖があります。 
それは生きる上で重要な防衛本能です。

ただ、マイナスの部分を観ている時、
マイナスのエネルギーは、
自然と身体の中から出る氣やオーラに現れて 

相手に伝わります。 ばれちゃいます 

人間の非言語能力って、侮れないですよ 

意識を変えて、「良い所を観る」と

皆さんからはプラスのオーラがでます 

優しい気持ちで、
相手の素敵だなと思う所を観ようと
意識を変える。

素敵だなって感じたことを相手に伝える。

言いづらかったら、

心の中で思うだけでも充分です。


この三つを心がけて過ごしていただくと

ちょっとずつ、何かが変わっていくと思います。


2月26日 ご近所ラボ新橋にて、「ほめる」を研究する対話のイベントを行います。

港区の交流の場として、無料です。
お気軽に遊びにきてくださいね。

詳細はこちらから <ほめラボ>



つなぐ人フォーラムのサイトより、一部ご紹介。

「つなぐ人フォーラム」は、多ジャンルの中で「つなぐ活動」をしている人たちが集い、互いの経験や知恵を共有することで、「よりよく生きたい」願いを活動に変えていくプロセスです。

詳しくはこちらをクリックししてみてね 
→ [つなぐ人フォーラムとは]


これまでの参加者層では・・「地域や街の人々をつなぐ活動」「(野外などで)自然と人をつなぐ活動」「(博物館などで)モノと人をつなぐ活動」「(サイエンスコミュニケーションなど)科学と人をつなぐ活動」「都会と田舎をつなぐ活動」「仕事と人をつなぐ活動」「被災者とボランティアをつなぐ活動」「子ども達をめぐる多様な活動」他、メディアを通じて、医療・福祉を通じて、建物・デザインを通じて、ワークショップを通じて・・・・などなど多様なジャンルの方が集まっています。

フォーラムに参加して・・・
社会を良くするために自分事として行動している方々と
沢山出会い、多くの素敵な事例を拝見しました。

日本の未来は明るい!と希望を持てちゃいました。 

ワクワクな未来は創れるね☆

スポンサーサイト



『 非言語コミュニケーション力をあなどるな 』

今日は職場等の対人関係を改善する為の、「非言語コミュニケーション」について書きます。

戦後欧米化が進んで、日本人の「察する文化」から「言わないと分からない文化」にスライドしてきているのを感じますが、「ほめ方・ほめられ方」ワークショップ・講座をやり始め、参加者の皆様との対話の中で気づいたのは、

「人は気配で色々と察知しているものなのだ」という点です。 

「あ、機嫌悪そう。」
「なんとなく気が合いそうな人だ」
「なんとなく受け入れられている気がする」
「あ、分かってないなこの人って思われてそう」

とか、場の感じから色々な情報を読み取って物事に対処しているようです。

例えば、Aさんは上司のBさんが苦手だとします。

AさんはBさんから、仕事中にほめられることはなく、いつも叱られてばかりいて、ことあるごとにダメ出しをされます。 AさんはBさんの言い方、服装、考え方の悪い点ばかりが気になって仕事にも悪影響が出てくる・・・なんってになりがちです。

 Bさんは「こいつは生意気だ」 「なにを考えているかわからない」 「ちゃんと聴いているのか?」等々、そんなAさんの勤務中の表情から Bさんも色々な憶測を拡げます。

徐々に二人の関係が悪化し、叱る、モチベーションが下がる、評価が下がる、体調を崩すの負のスパイラルが形成されると、なかなかそこから抜け出すのは難しいです。

過去と他人は変えられない、
自分と未来は変えられる☆


って、よく言いますが、

で、どうしたらいいんだよ 

って思っている、そこのあなた! 今日はそんな貴方様の為のヒントを書きたいと思います。

あ、この人なんか苦手だなーって思っている時、相手もそれを察知して「なんか苦手だなー」と感じることを「ミラーイング」と言います。 

人間の脳にはミラーニューロンという細胞があり、笑顔の人を観ると笑顔になり、緊張している人の周りの人が緊張してしまうという風に、無意識に情報を受け取り反応します。

なので、AさんがもしもBさんとの関係を良くしたいと思うならば、 

意識して良い所を探すのです。

普段人間は無意識に防衛反応から、マイナスを観ます。 これは狩猟民族の頃に形成された身を護る本能でDNAに刻み込まれています。 安全な人か、危険人物かを瞬時に読み取ります。 しかし、その防衛反応の機能が過剰に働くと、ストレスを産みます。 

しかし、意識を変えると、その機能をゆるめる事が出来ます。

意識して良い所を探していると、徐々に自分の身体からでる波動が変わります。

相手の良い所に意識をフォーカスすると、自然と良い点が見つかります。 

苦手な人に対して一日に5分でも良いので、心に余裕がある時に優しい目で観察してみてください。

じろじろと見ちゃだめですよ! あくまでも宝探しでもするような気持ちで、優しい波動で見ます。

すると、対人関係にすこし変化が見えるかもしれません。

ここで重要なのは、「その場でほめなくてもいい。」と言う点です。

相手の事を関心を持って観る。

その観る力を養う事が大切。

その力はほめるだけでなく、叱るにも役立ち、言葉がより相手に伝わります。

急には難しいですが、徐々に育ちます。 デラコは日々実践中です 

そして、その発見した素敵な所、尊敬できる点、素晴らしいなぁと感動したことを

どうしても伝えてみたい❤と感じたら

言葉にして伝える。 

その時に相手の反応を期待してはいけません。 

せっかく、いったのに拒否された。

伝えたのに、反応がイマイチ 

そんな風に思ったら

  カーッツ 喝です   


”のにのに”言ってるうちは、修行が足りません。

ほめるには、愛と勇気と覚悟がいります。

愛を持って良い所をみつけ、勇気を持って伝える。
相手の反応は気にしない。言いたくて言ったんだという”覚悟”が大事。


良い所を見つけようとするだけでいいのです。 多分見つかります。 そうすると笑顔になっちゃいます。

その笑顔が周りをハッピーにします

貴方の中に眠っている、
非言語コミュニケーション能力を目覚めさせてプチハッピーをつくりましょう☆


7月24日は港区のご近所ラボ新橋にて「ホメラボ」を担当します。
14時から21時まで待機します。 ご近所ラボ新橋はコミュニティ・ラウンジとしてどなたでもご利用いただけます。

ご近所ラボ新橋ホームページ
〒105-0004港区新橋6-4-2きらきらプラザ新橋1階 

当日は対話のイベントを二回やります。

15時~16時「ホメカフェ」
19時~21時 「ホメホメ☆ナイト」

麦茶もあります。 良かったらお気軽に遊びにきてくださいね! 

今日も読んでいただきありがとうございました。




『ほめて育てるってどうなの?』

「ほめ方・ほめられ方」講座で最もよく聞かれるのが

『ほめて育てるってどうなの?』 です。

MSNに「褒めて育てる」では自信は生まれない! 最新「自信の研究」から読み解く
という記事が載っていました。

育児はトレンドに左右されずに、どうしたいかを自分で判断するのが大切だと思いますが、

でも、どうしたらいいのさ~?
って思いますよね。 

 今回は「ほめる達人検定」で学んだことに独自の分析を加えて解説したいと思います。

ほめ方がテーマって久しぶりですね。 ふふふ

「ほめる達人」検定の学びの中にほめっぱなしの罪という、ただほめるだけじゃダメよという概念があります。

ほめられた本人の現状と「ほめた」内容にギャップがあると、ほめられた人は苦しくなります。
「ほんとはそうじゃないのに・・・」 と否定的になったり、

「ずっとそうしないと行けないのか?」強迫観念を覚えたりします。(ほめ講座の参加者の方よりのご意見)

こういう状況は、良く出来た結果だけにフォーカスしてほめた時に生じやすくなります。

<ほめ達検定テキストより>

ほめるとモチベーションが上がって言われた相手が喜びますが、モチベーションを上げて、そのままにすると、マイナスの学習になってしまう場合があります。

気持ちだけが盛り上がっても、行動を起こさないと結果が変わらない。

成長がストップしてしまい、やがて壁にぶつかり、あの気持ちの盛り上がりは何だったのか?と逆に落ち込んでしまう。

自分の成長のストップを認めたくないので、成長できない理由を自分以外のところに求めてしまう。
ますます成長のスパイラルから遠ざかる。


ほめ達!は、ほめっぱなしにせずに、
ほめてあがったモチベーションの使い道を相手に伝えます☆


☆ これが出来る様になったあなたならば、是非こういうことを挑戦して欲しい。
☆ 新しいことに挑戦して欲しい
☆ さらなる成長をきたいしている等

そっと次の行動につながれるように背中をおしてあげて、その行動の結果引き起こされた結果の違いまで伝えます。
(そっとが大切だと思います。押し付けではなく、エールのようなイメージ。)

あるいは、結果にはつながらなかったけれど
確実に君は成長したね。
私には君の成長がはっきりと見えているよ


本人の変化を愛を持って見守り、勇気をもって伝える。
伝わるかどうか、相手の反応は気にしない覚悟が大切なのです。


他人と比べずに、相手の成長を見守る。 

時間軸は個人差があります。 

成長は縦軸が大事。

そして、ほめ達の2級からは「叱る」ことの大切さも出てきます。

「良く叱る人は、
良くホメる人である☆」


相手の成長を願って、さらに良くなるアドバイスをする事。

子供を伸ばす3H
褒める、励ます、視野を広げる。


これって大人にもあてはまるかもしれませんね 

最後に、なぜ「ほめる育児」が良いのかを解説します。

4,5歳の時期に脳の扁桃体で緊張や不快感を感じると、海馬で失敗例がよみがえり、他のことが考えられなくなるそうです。「面白い」「楽しい」と感じると、ワーキングメモリーに情報伝達物質が送られ、海馬を活性化し、情報を記憶の貯蔵庫にドンドン蓄える事が出来る様になるのです。

ハッピーな育児の仕組み
出来た事をほめる→嬉しい、楽しい→新しい事を覚えられる☆


負のループの仕組み 
叱る→ 緊張する→ 間違う確率が上がる → 更に叱る 


負のループは世代を超えて継承されますよ~

意識を変えればいつからでも変わります☆

ご近所ラボ新橋で、7月24日にホメラボを行います。
14時ー21時まで待機しております。

15時~16時半 ホメカフェ(告知してないけど)
19時ー21時 ホメ☆ナイト

良かったら遊びにきてくださいね!

ご近所ラボ新橋のリンク

fc2blog_20150710130540d7e.jpg

fc2blog_201507101306006d0.jpg

fc2blog_20150710130620e88.jpg



今日も読んでいただきありがとうございます❤ 

『 新入社員を辞めさせない為のコツ 』

会社を辞めたくなる時期は

3日、3週間、3か月、3年が節目と言われてます。 

4月に入った新卒の方が、「もしかしたら合わないのかも・・・」と思い始めている時期かもしれません。

せっかく入社して仕事を覚えてもらって、これから!という時に辞めたい・・・と言われると
たまったもんじゃないですよね? 

そうならない為の基本スタンスを山本五十六さんが遺してくださってます。


「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。」


山本五十六さんの名言。ほめ達の試験にでます

この名言は、その昔私がチームリーダーになったばかりの時に
元彼に教わったっけなぁ・・・・ 

教える側がキチンと伝えれば、部下は育ちます☆ 

これ本当!

その続きはコチラ
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

がんばってる新人さんの良い所は意識したら見えてきます。

認める、信頼する、ほめる

心の中で思っただけで、波動が変わります!

良い所を見つけて、心が動いて、
伝えたいなって思った時がホメ時~☆ 


今日も読んでいただきありがとうございました❤

『 ほめ力の鍛え方☆当たり前にありがとう 』

ブログを始めてもうすぐ丸一年になります。

ほめる達人カウンセラーの割に「ほめネタ」が少ないよな~と 反省しまして

毎週日曜日は週の始まりがハッピーになるように『ほめる』をテーマで書かせていただきます

今回のテーマは先週てんつくマンさんのHANAHANA LANDに参加してインスパイアされた内容を
ネタバレにならない範囲で、私なりに感じたことをシェアさせていただきます。

てんつくマンさんの師匠は中山靖推さんという方だそうです。

中山靖雄さんの著書 『すべては今のためにあったこと 』より

「いいふうに」生きよう。つらかった過去もすべて、今を喜んで生きるための根になっているのです。常に「いいふうに」物事を捉えられる生き方をやさしく伝えます。

では、どうしたら「いいふうに」生きられるのでしょうか? 

それはズバリ

「当たり前に感謝をする」 です。

目が見える。

色を認識できる。

話せる

耳が聞こえる。

匂い・臭い・香りが感じられる。

歩ける。

美味しく食べられる。

電気が点く。

水道が出る。

ガスが出る。

洗濯が出来る。

住む家がある。

家族がいる。

友達がいる。

仕事がある。

学校に行ける。

友達からメールがもらえる。


これらの内、一つや、二つ、否定形にしたらいかがでしょうか?


見えるけれど、食べられない。

聴こえるけれど、話せない。

たった一つでも失う事で、もの凄い不幸に感じるかもしれません。 

恐れ、不安やストレスを感じる時は感謝を忘れている時だそうです。(アンソニー・ロビンスの言葉)HANAHANA LANDより

そんな時こそ

当たり前にありがとう☆

と思うことから、人生は「いいふう」に感じられます。


「ありがとう」と私達が心から感謝する瞬間、脳内ではβ・エンドルフィンが分泌されます。


最近つらいなーと思う時に、ふと当たり前の幸せを見つけてみてくださいね

ありがとうは最高のほめ言葉!

感謝する力は、ほめ力の源ですよ


今日も読んでいただきありがとうございました❤



















プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ