FC2ブログ

『 本来のリズム・本来の在り方について ③ 』

瞑想フェスの最後に、円座に置いた椅子の周りを歩きながら声を出しました。

”歩き”と”声を出すこと”で響きあう物があるそうです。

一歩一歩の振動と、声帯の波及

倍音のふり幅により、一つになる。


お祭りも一つのコミュニティとしての一体感を大切にしますね。

新妻氏 「何物でもない自分。 全体の中の個。

何が起きても、それに委ねる。 

起こる事にまかせる。


起るべきことがおこる。


 「こういうのが良いはずだ!」はより良い物がきても気づかない。

素敵な男性と付き合い、彼が別れを切り出したとします。

ショックですよね?

あの人でなければ・・・の時には理由があります。


自分がその人より、波動が上がった 

自分が上がって人が離れたら、その人より良い人がくる 

明らかに波動が変わってくる。

今か、今以上、より良い事が起こる。

必ずそこに


より良い物が入って来ると信じる☆

この場に存在して、明日も存在して、ただあるだけ。


それ以外の事はふろく。 ただ在るのが一番よい。


色々なことはありますが、まあいいじゃないですか!

今日は今日としてまたお会いしましょう!」 

と、瞑想フェスは終了しました。

お客様の声

Sさん 「なんとなく・・・心がきれいになりました。ありがとうございました。」

Hさん 「日々慌ただしく過ごしているが、ここに来たら温かい気持ちになりました。」

Mさん 「瞑想中に鐘の音(BGM)にただ一つの事に集中している事が気持ち良かったです。」

Kさん 「。声を出すのが合っているみたいです。皆さんから力がもらえる感じが好きです。悲しい事を思い出して、身体がかゆくなったんだけれど、出てくる事をうけとめて、相手を許して、受け止められた気がします。 身体のポカポカ感がハンパない!ハーモニックメディテーションはやっぱり素晴らしいです!」

Yさん 「声を出す瞑想が苦手だったけれど、たった2,3回、自然に出てきた咳をしただけで、その後声を出すことがスムーズになり、ヴォイスヨゥガがこんなに気持ちが良い物なのかと驚きました」

Uさん 「歩いた瞑想のあとに、なんかねちゃいました。身体が自然に動いて気持ち良かったです。皆で作り出すハーモニーの美しさ、その後に訪れる一体感が凄かったです。エネルギーの動きと、静寂を感じ、自分が自分で無くなり、ピュアになったという感覚を大事にしたいです。」


本来のリズム・本来の在り方についてという題名でシリーズで書きましたが

そもそも本来のリズム・本来の在り方は、最後のUさんの御声の様に、ピュアな自分を感じることだと思います。

瞑想をする第一の目的は、普段の生活を穏やかなものにする事です。

生まれたばかりの赤ちゃんに宿った魂はもともと清らかなもので、純粋でした。

社会にもまれ、成長する内に色々なものに覆われ、本来ピュアで美しい物が

輝きを失ってしまうことがあります。


瞑想はストレスに効くだけではなくて、
脳の中の幸福感や思いやりを司る部分を活性化して、
人を幸せへと導いてくれると、


「脳に良い事だけをやりなさい」(マーシー・シャイモフ氏著)に書いてありました


瞑想により、ネガティブな感情を生み出す脳の神経回路がしぼみ、
思いやりや、幸福感を生み出す神経回路が太くなるからだそうです。


日頃社会の中で、思考優位の決断を高速で処理し続けていると感じている方は

2分でいいので、ただ自分の呼吸を意識しながら

”今”に集中するだけ。 

これを習慣にすると、よりバランスのとれたものの見方が出来る様になり、穏やかな気持ちや新鮮なエネルギーを感じられるようになると書いてありました。


自然と触れ合って、心の落ち着きを得るだけでも瞑想になるそうです。


私は最近”樹”とつながる方法を試しています。


すごい気持ちいいんですよ。 

やり方はこちらをご参照くださいね。

『 樹のエネルギーにつながる? 3種の瞑想体験ワークショップ振り返り 』

今日も読んでいただきましてありがとうございます ❤

次の3種の瞑想体験ワークショップの予定

日時 10月27日(火) 満月
受付 18時30分〜
開始 19時00分〜21時00分(21時半撤収します)
定員 10名様 
洋室

日時 11月7日(土)  
受付 18時30分〜
開始 19時00分〜21時00分(21時半撤収します)
定員 10名様 
洋室

日時 11月12日(火) 新月
受付 18時30分〜
開始 19時00分〜21時00分(21時半撤収します)

定員 4名様 
和室

日時 11月26日(木) 満月
受付 18時30分〜
開始 19時00分〜21時00分(21時半撤収します)
定員 4名様 
和室

 <お申込み詳細はこちらから>
スポンサーサイト



『 本来のリズム・本来の在り方について ① 』

ヨガマスターの新妻正幸さん<HPはこちら>とコラボで3種の瞑想体験ワークショップを開催して一周年記念ということで

10月10日に瞑想フェスを行いました ♫


瞑想とは、本来続けていただくことで

自分の中で熟成され

逆にピュアになり 

自分たちの中に浸透していきます。

芸術でも音楽でも

良い物に触れる。

長い時間をかけたものに出来るだけ触れる時間を

日常に取り入れる事も、人生を味わい深いものにして

感性を育ててくれます。


瞑想フェスは、一番人気のハーモニック・メディテーション。 声を出す瞑想を中心に行いました。


昔はお祭り等で、声を出す習慣が定期的に行われていましたが


現代は中々少ないですよね。


声を出すことは、自分のエネルギーを高める作用があるそうです。


カラオケにいったり、コンサートで歌ったりすると元気になりますよね♫ 


声を出すと、逆にエネルギーが入って来る。 出した分だけ入ってきて循環が生まれると言われています。


いかに心の底から出して行けるかが大切☆


大きければいいってもんではない。

どんな小さな声でもよく、深い所から出す事。



声を出して、止めた時に

星空の様な広大な物が広がっていく。

出したものが返ってくる 



不思議な物で、皆でアーとか、オーとか、エーとか、う~ とか ラーとか

全員バラバラで好きに声を出すのですが


不思議と調和が生まれるんです ❤

それがなんとも言えず心地よい。


しかしながら、 心地よいのだけれど 


咳き込んで苦しくなる時もあります 


声を出して瞑想をすると、不思議と心のつまりのようなものが刺激され

息苦しくなります 


新妻氏曰く

出したものが返ってきます。


その時に自分を責めないこと 


どの気持ちが現実を作っていくか・・・・


昨日より今日を誠実にしていくこと。 


ハーモニック・メディテーションをしていくと、隣の方同志の変化を感じることもあります。

「参加したその時、自分の中に最愛な物を見つける時間にしましょう。」と言っていました。


ウォーミングアップで身体を縦に揺らす震法を5分くらい行いました。


それを丁寧に行う事で、身体のつまりが流れ始めます。


やってる姿は、某〇ウムの修行風なのですが  


瞑想をやる前はおススメです☆ 

足をそろえ(安定感をなくすことで、より自然に揺れやすくなります)、 手や肩、頭の力を緩め、

ひざを上下に曲げ伸ばしをします。 

目をつぶった方がやりやすいかな?

これを数分間やると


身体がふわーっとしてきます 

そのふわーっとしている部分をエーテル体と言うそうです。 

そこに意識をフォーカスすると

浄化が早く進むかもしれません。


エーテル体とはストレスの影響を受けやすいそうです。


普段存在を感じないエーテル体ですが、感覚を磨く事で状態を感じられるそうになるそうです。


この人といると、なんか気分が・・・ とか 


あれ?滅入ってるな?   って感じる時ありますか?


そんな感じの部分です。


習わずとも、分かるものですね。


続く・・・・













『 何者でもない自分 』

9月22日は「三種の瞑想体験ワークショップ・モーニングセッション」でした。

瞑想をグループでやる利点としては、グループだからこそのエネルギーを体感できること。

例えるならば、山岳ガイド(ヨガマスターの新妻さん)に御供してもらいながら山登りに行くような感じです。

山頂に対して行くというゴールは一緒でも、やり方(ルート)が色々とあります。瞑想も体調やメンタルコンディションによって合う・合わないがあります。色々な形があるので、自分の中にチョイスを持ってもらう為に、三種類の瞑想を体験していただきます。

当ワークショップでは、声を出す瞑想と、立つ瞑想、座って誘導してもらう開(かい)の瞑想が主なのですが、参加者のコンディションに応じて開催するごとに、やる内容が違います。ほんと、新妻さんの引出しの多さにたまげます ( ‘o’)


今回のブログは、大事なポイントと、参加者の方の声を書きます。


瞑想のポイントは、

「明るく開いて待つ。」です。

人生をより良く生きるには

自力と他力のバランスが大事。



人の成長を植物の種と例えるならば、

発芽まで、土から出るまでに水やりや、時期的なものは必要です。

土から出るまでは大変。

土から出るまでの成長に向けた地道な準備が大事。

ポンって外に出たら、植物は太陽を目指し、そこに迷いなく目指します。


人間は、「あっちかな? それともこっちかな?」と迷いますね。

何もしなくても、月や太陽はエネルギーを送って

成長を導いている

素直に信じ、受け取る。

最初の工夫は大事だけれど、そこから自分をどんどんほどいていく。

本来の自分に近付く為に、瞑想が有効です。

瞑想に入る前に、足の指をもみます。

右手で左足の親指、左手で人差し指を持って、互い違いに開いてあげる。

これを全部の指でやったら、左足の指の間に右手の指を入れて、左足でかかとをつかみ、雑巾を絞る様に足を優しくひねります。


その後で右手の親指を湧泉というツボにあてて、押してあげる。


その後くるぶしをさする。 

その状態で足でグーパーすると、右足と左足で全然違います。

反対側の足もやると、感覚がそろいます。


足を満たすと書いて、満足。

足をもむと内臓がゆるむそうです(* ´ ▽ ` *) 
 


その後、ヨガマスターの新妻さんの誘導によるビジュアライゼーション。


頭の中で自宅風景を思い出します。


グループでやる瞑想は、誘導時のイメージングをしっかりとすることで、より深い物になります。


瞑想初体験の参加者Aさんの声

「普段何気なくやっているから、感触が分からない。 誘導してもらっているので、安心感があるが、見たくない物、散らかった状態を思い出して雑念が湧いてきました。」


ヨガマスターの新妻氏(ツマ)

「辛い気持ちを呼び起こしたということは、しっかりとビジュアライゼーションが出来ているという事です。掃除は大切ですよ。」

瞑想を習慣にしている参加者Bさんの声

「小さい頃の家を思い出しながらやりました。空間に笑いが詰まっていて、その時の幸せだった記憶がよみがえりました。笑顔やワクワクした感じを思い出して、楽しかったです。」


ツマ 「その感覚が返ってくる事が大事。 きちんと味わえてますね。誘導による瞑想は雑念が湧きづらいものです。雑念はそのエネルギーを呼んでいる状態なので(そこに引っ張られずに)いかにクリアに思い出せるかが大事です。」


ビジュアライゼーションをする際に大事なポイントとして、今回持参した赤いパワーストーン「ロードナイト」を何回かしっかりと観て、それを頭の中でイメージしながらハーモニックメディテーション(声を出す瞑想)をしました。

石をイメージしてやりましょうと、指示しても

「うまく出来ているかな?」とか
色々な事を人は考えます。
(´・_・`)


その時に大切なのは、

それでもつづけること。

上手く出来ているのか

確かめたくなったら、

確かめなくていいんだ

と、自分に言ってあげる。


初体験のAさんは、この言葉により

やり易くなったと言ってました。

アメリカのパワースポットで買ったヘラジカのシャーマンドラムのリズムで

声を出す瞑想を20分じゃくぐらい、その後で同じ時間沈黙の瞑想をしました。

初心者のAさんは涙と鼻水が出たそうです。 
デトックスですね。しっかりと瞑想に入れています。


体験者のBさん 「声を久しぶりに出した。喉がやられるかと思ったが、マイペースで自分のことだけを考えて、自分の通りを整えようとしてやった。楽しいというか、色んな自分を発見。声を出している時より、黙っている方が短く感じた。最終的には通る様になった。今日は色々な事を冒険しました。」

ツマ 「声が持っているエネルギーは高いので、
声を使う事は大切です。自分の声に敏感になるのは大切なこと。

声の大きさではなく、振動の背後に乗ってきている物が本物。

そこを意識する。

本当に伝えたい事を意識する。


ハーモニックをつくるのが目的ではない。

しかし、結果的にそこに戻る。


色々なものをほどくと

最終的にはそこに行きます。

無理に合わせなくてもよい。

ポイントは自分をほどいて行くイメージ。

瞑想はそこが大事。


何者にもならない。

自分の定義づけで差別化を図るのが、普通の世界。

ひとかどの人間になるのが大切。 

自分自身の確立は大事。


大切なのは、矛盾だけれど

何者でもない自分に戻る。


瞑想は自分の殻を脱いで行く。

その時に自ずと
ハーモニーになります。


声が出しやすい。出しにくい。

色々と工夫し尽くすと

工夫しない物に行きつく☆

自力の後には、
他力が降りてきます。


何者でもない自分に帰る。

自分をほどく感覚は非常に重要であり

周りとの調和、ハーモニーを味わうことで

宇宙のリズムに乗れる感覚を得られます。

その次に身体を縦に動かす震法(しんぽう)をして、身体をゆるめてから

立つ瞑想をしました。

その後、誘導による開(かい)の瞑想。

グループで行う瞑想は、纏う空気感が違います。

雰囲気を憶えて、帰ってから20分から30分くらい行う事が、非常に大事。

纏った雰囲気を思い出す。

しまったものを紐解いていく


そうすることで


元がキチンととれます  


参加者の方の声

Aさん 「誘導していただくことで、自分の想い、感謝の気持ちが出てきました。自分は自然の一部であったと。


自分は今母親で、思い悩む時間もあるけれど、子供の頃の幸せだったイメージ。何もしなくても愛されてきたのを思い出しました。」


Bさん 「満点の星と繋がった感覚がありました。光に溢れた感覚。私腹を思い出しました。」


私はいつも、開の瞑想をすると、場を開けたこと、集まって下さった方へ感謝の念が湧いてきて、

自然と涙が出てきます。


それがこのイベントが一年続いた原動力になっています。

普段、自分とはこうあるべきという鎧をまとって生きています。

時々、本来の自分。何物でもない自分に帰りたい時に

瞑想は有効な手段になりますよ。


今後の3種の瞑想体験ワークショップ in 広尾

9/28(月) 満月
10/10(土) 祝1周年 瞑想フェス開催決定!!
10/27(火)満月
11/ 7 (土) 夜
11/12 (木) 新月
11/26(木) 満月

お申込み・詳細はこちらから

<新妻正幸さんのホームページ>

今日も読んでいただきましてありがとうございました。

『 月に祈るだけで願いは叶わない 』

今回のタイトルは「月に祈るだけで願いは叶わない」です。

新月や満月を味方に☆というタイトルをつけたワークショップを企画したり

「坐禅や瞑想をすると引き寄せが起こりやすい気がする」とブログに書いている為

私が月に向かって祈ってばっかりなイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

まあ、半分本当なんですけど 

祈っているだけでは、物事が進まないものだというのも散々経験しております。

ただ、祈りは届くんだな  という事も沢山経験しました。

私の場合は社会に良い事を真剣にやっていると

もの凄く応援が入ります 

自分一人の力ではない、見えない力の後ろ盾があるのを感じます。

今回はこれまでの活動と、最近起こった引き寄せ現象がなぜ起きたかの考察を「ほめ達」目線でまとめました。

--------------------

私は今ワークショップデザイナーとして学びながら、アウトプットの機会をつくっています。

ほめ方、ほめられ方、瞑想、最近は「まちあるきツアー」、防災など

分野が拡がってきました 

おととしから昨年までは一人でやってきて、今年はコラボが生まれ始めています。


土曜日のご近所イノベーターの講座で、港区芝地区の防災ツアーのプロジェクトを企画の練り直しをしました。

13時から17時まで、既存のプロジェクトをバリューグラフという手法を使って練り直しました。

この手法の目的 「評価したコンセプトの中から最適解を選ぶことではなく、あくまでコンセプトを磨き上げることにあります。」 <「考え方の考え方」を身に付けるためのワークショップ>より抜粋


チームをシャッフルして、各自のプロジェクトについてのネガティブ意見を他チームからの視点でもらうワークをやりました。

私はリーダーだったので、自分のチームのテーブルに残り、ご意見を聞きました。

「中途半端な内容の防災ツアーをやったとしても、想定外の災害が起こったら無意味なんじゃないか?」

「情報が受け取れないご老人、身体障碍者のサポートはどうするんだ?」という意見が出ました。

プロジェクトの根底をひっくり返す問いです  

しかし、

その様な質問を頂戴したことで、

目指す道が見えたのです 

授業の最後の発表で、

「参加者の選択肢を増やし、災害時に絶望の中でも生きる希望を見つける自助が優先である」
と、コンセプトを明確に打ち出しました。

自助が出来てこそ、共助が生まれる。

そしたら

チームメイトが芝地区の防災訓練が私たちのロケハンの10月4日にあると教えてくれました 


授業後に、事務局として動いてくださっている港区の行政の方より

「芝公園の使用許可を取って、竈ベンチやマンホールトイレ設備の使い方を見せてもらう方向で動いています。」と言っていただいきました

よそのチームで介護職の方が重要なポイントをメールで教えてくれました! 優しい 

「3.11以降防災訓練のマニュアルが変わったらしく、火災で施設が焼け落ちない限りは 施設内から出ない、という方針(津波想定時は5階以上に待機)。外でのサバイバルは考えにくい。

何故なら、福祉施設がつぶれるときは、町は全壊するといわれている位。大方の福祉施設はかなりしっかりと設計されている。
もちろん、外出中に被災する事も考えられますがまず、避難時に支障のあるレベルの障害・高齢者であれば、
1人で施設外を歩く事はまずないし、必ず介護支援員が同伴しています。」

とのこと、安心して自助にフォーカスできます 

芝公園でのロケハンツアーに関しては

「まだ日があるから、シルバーウィーク明けぐらいに企画書を出してほしいんです。」

とのご依頼が 

私は社会人経験24年くらい企画書という物を書いたことがありませんでした。おととし、とある震災関連のNPOを受けた時に「企画書の成果物」と言われて、めちゃくちゃ困りました


企画書・・・・どうしたらいいんだ!??って悩んだ後

青学ワークショップデザイナー育成プログラムを受講し、昨年は宿題として企画書作成が沢山出ました

今は企画書と言われて、自分なりにまとめられるぐらいになりました 


最近の事例では、企画書が通って港区ご近所ラボ新橋で「ホメラボ」の機会を頂戴しました。
<ご近所ラボ新橋のホームページ>


ほめるも防災ツアーも、それを学んだ人にいつかきっと役に立つ。

それを一人、またはチームで考える。

告知内容を真剣に考える。

すると

なんか知んないけど応援が入る 


という現象が
いつの間にか起きるのです  



宇宙はオーダーを聴いてくれるといいますが

「企画書やったことないー どうしよー 上手になりたーい  と思った事が

忘れたころに

「へいっ お待ち!」

と、向こうから機会がやってきました。

根底を覆すダメ出しは、
考えを生み出すチャンス


モヤモヤから
イノベーションはうまる  


と言いますが・・・・

私がこの様にピンチをチャンスに変えられるようになったのは

瞑想を習慣化したからだと思っています。


瞑想を習慣化すると、多少イラッとしたとしても

その感情を捕まえて、 

その感情に善悪をつけず

捉えるべき本質にフォーカスを向ける事が出来る様になってきました。


それが、

引き寄せの様に、

他者の応援を呼ぶのではないかと思います。


ご近所イノベーター養成講座の新たな宿題として

「9月26日までに、先行事例を行っている方にインタビューをして発表せよ」


というミッションが来ました 


チームごとに事例を検索する時間が設けられました。

防災をテーマをやっているNPOや団体は都内に沢山あります。

その中で、うちのチームメンバーから「<イザ!カエルキャラバン>さんの名前が出ました。


授業終わりの発表の時に、「イザ!カエルキャラバンさんに話を訊いてみたい」

と言ったらね


なんと修了生スタッフの方、および事務局の方が繋げてくれて

その場でインタビュー日時が決まったのです~

来週行ってきます 


月を味方にする瞑想と、この引き寄せの関係をまとめます。

月の満ち欠けのパワーを理由に、定期的に瞑想を企画・実施することで


緊急事態に慌てなくなり、逆にチャンスを見つける頻度が上がった 

真剣に物事を対応するので、私から出るなんらかの磁場・磁力を察知した方から

応援が入る現象が起こりやすくなった。
 




地道な努力して実績を積む。

信用につながる。

やり続ける。

応援が入る。


実現・実行に向ける努力と気合

それが、瞑想と引き寄せ・シンクロ・の私なりの検証結果です。

祈るだけで、動かなかったら
何にも起きないのよ~


思考は現実になるといいますが、

私は祈るだけでは叶わないと
思ってるので、そういう現実なのかもしれません。


祈るだけでも叶うわいっていう方、前世でそうとう良いカルマを積まれたのかも 

それはそれで素敵 

次の瞑想のスケジュール・詳細はこちらから

<ヨガマスター 新妻正幸氏のホームページ>


今日も読んでいただきありがとうございました❤

『 自分に帰る場所 』

今回のブログは、前回の満月の3種の瞑想体験WSに来ていただいた方からのご質問と、

お返事に書いた 『 自分に帰る場所 』について共有したくてブログにまとめさせていただきます。

--------------------------

いつも一緒に<3種の瞑想体験ワークショップ>をやっている新妻さん。

若干?特殊能力があります

つまくん 


来たお客様のニーズや調子を観て

ヨガを取り入れてみたり、 外にでて樹とつながってみたり、

当日のメニューが決まる為、毎回全然違います 

お客様の体調やオーラ等で提供できるのが、真の瞑想家たる所以ですね 

あまりの引出の多さに毎回たまげております 


8月30日は、引き寄せに興味がある方が多かったのか、引き寄せとは?とか波動とは?の説明が多かったです。

私は記録係として、彼の説明をノートに書きます。毎回必死で殴り書きをしています  

今回瞑想初体験が3名いらっしゃいました。

書きながら、「初心者の方には、ちょっとマニアックかもな・・」と思って

昨日まで4回シリーズでブログにまとめました。 

3年前までピリピリしたOLだったのですが、1年ぐらい一緒にやってると

波動だの、磁場だの、スピ系の知識が培われてきちゃいました。

デラコはどこに向かってるんでしょうね 

当日参加して下さった方や、リピーターの方に手順や、コツをブログにまとめた旨を連絡しました。

そしたら、参加してくださったEさんから嬉しいお便りが♫

デラコ先生!ありがとうございます!
今熟読させていただきました!
とても分かりやすく、解説して下さって改めて理解出来たところ多数です!

思い出せなかったところもあったので助かりました〜!
今日から仲間入りさせることが出来そうです(*^_^*)
瞑想の意義や奥深さを再認識しました!


感覚の共有ができて嬉しいです

質問メールも頂戴しました。  ありがたいですね!

皆さまと共有したい内容でしたので、ご本人に許可をとって転載させていただきました。


「ありがとうございます!読みました!改めて文字で見ると思い返せていいですね!
(がんばってまとめた甲斐がありました  )

思うところというのは以下です。
・影響aとbの話。まだaに対してモヤモヤ出来てない?のは瞑想の入り口に立っただけだからかな?
・引き寄せは自分の望みがあるから引き寄せって起こるのかな?
・何かを引き寄せたいと思っても、それが何かわからないときは、明るく開いて、待つがベター?」


影響A,Bに関してはこちらのブログをご参照くださいませ。
『 満月を味方に3種の瞑想ワークショップの振り返り:8月② 』



私はこうお返事をしました。

「今は落ち着いてる状態なんだと思うので、あえてモヤモヤする必要はないのだと思います。

モヤモヤは違和感を伴ってくるかもしれないし、こないかもしれない。

瞑想はざわついた時に、自分の中に帰る場所をつくる為にするものです。

引き寄せはおまけ。」


そしたら、こんなお返事を頂戴しました。

「ありがとうございます(^^)瞑想は帰る場所をつくること、心にノートします。」

伝わって嬉しいです 


8月30日はちょうど満月で、月のパワーが強いので(お天気は関係ないです)、引き寄せや波動とはの説明が多くて、しかも、参加者の方で実際に引き寄せか?現象も起こりましたが

本来の瞑想は引き寄せを起こす為にするものではないと

考えます。

ただ、新妻さんは引き寄せやシンクロがメチャクチャ多く発生するツイテル星人で

実は私も若干ツイテル星人なんです

それは瞑想や坐禅が影響してるのか、たまたまかは分かりません。

まあ、引き寄せやシンクロは

オマケ

本来瞑想は
自分の心と繋がる為に行う物


だと、我々は考えています。

日常生活を過ごしていると、

人に合わせたり 、自分の気持ちに蓋をしたり 

心の緊張から身体が緊張します 

ヨガマスターである新妻さんの瞑想会は先ず身体をほぐします。

足の指先をほぐし、足首を回し、身体を揺らして緩めてから

瞑想に入ります。

ほぐしてから瞑想をすると、

こんな所がつまっていたのか? と驚く時があります。

呼吸に意識を集中すると、

本来の骨の場所はここだよと 

身体が教えてくれ、自然と姿勢が整ってきます。

骨盤が立って来たり、背骨が一つ一つ空間が空いてくるのを感じます。

グラウンディングを意識する事で、日頃高速で頑張っている脳に上がっている”気”が

丹田に落ちてくると何とも安らいだ気持ちになります。 

これを習慣にすると、イライラしにくくなります 

意識を心臓に集中させると、 手を触れなくても鼓動を感じられるようになってきます。

すると、何か悩んだりした時に

「ほんとはどうしたいと思ってる?」 「ほんとは嫌なんじゃないの?」

と自分の心に聴きやすくなります。

その事を私は「自分に帰る場所を作る」と名付けました。


熱心に通ってくださっているリピーターのAさんから

「早速、読ませていただきました~
そうそう、不思議な心地よさを思い出し、心が瞑想の世界へ・・・
それだけで、何か身体が緩む感じです。」


読むだけで身体が緩む!?

自分の中に帰る場所を見つけたからこそ

言える御言葉じゃないですか!??


瞑想をすると、自分が本来何物でもない

魂の存在だったことを思い出します。

目に見えない物をどれだけ信頼できるか・・・

見えている物は全体の1%と言われています。

もっと大きなものが自分を包んでおり

それが本質で、それが安らかなもの。

日常生活に本質はあります。

認識しない豊かさを信頼する。

瞑想により、外に向いた意識を中に戻すことで、自分に帰り

自分と向き合って、自分を味方にできるのだと思います。

3種の瞑想体験ワークショップ in 広尾

9/13 (日) 新月

9/22(日) 祝日 モーニングセッション

9/28(月) 満月

10/10(土) ※ 瞑想フェス開催決定!!

10/27(火)満月

<詳細・お申込みはコチラ>

今日も読んでいただきありがとうございました ❤
プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ