FC2ブログ

『 震災と共に歩む ”ただ、やりたいことをやるだけ”という在り方 』

ワークショップデザイナー仲間あーちゃんのお誘いで、六本木の俳優座劇場に演劇を観に行きました。

お題は「千年の旗」。 

内容は、原発に一番近い福島県南相馬市立総合病院に医療支援を目的として埼玉県から移住してきた医師が、病院を飛び出して仮設病院に往診にいったり、地域住民とつながる活動を主催しながら、千年続く伝統文化の「相馬野馬追」に出るまでを描いた2時間半のヒューマンドラマです。






この劇のモデルとなったのは、福島県南相馬市立総合病院の小鷹昌明先生。 (写真の右端の方) お隣は監督で作・演出の小野川先生です。 (監督さんとはつゆしらず、うっかり写真撮ってくださいとお願いして、恐縮して小さくなってるデラコ)


昨年南相馬市の小高地区で行われた小鷹先生主催の”男の料理教室”にお手伝いとして参加、その後でやらせていただいた「自分も周りも笑顔になっちゃう☆ほめほめワークショップ」で出会いました。


長いアームを活かして、あーちゃんに自撮りしていただきました。 


午後2時の回に小鷹先生が舞台挨拶をされるとのことで見たかったけれど、満席でチケットが取れず、出待ちしてご挨拶出来ました。 再会が六本木で、かつ先生がモデルの演劇を鑑賞することになるとは!?

人生って本当に予測不可ですね。



主な舞台は地域住民さん達の憩いの場所である「寄ってこカフェ」。 ここのオーナーさんはご主人を津波で失くされた設定。主要な登場人物は、家族や家を津波で失った住民さん、除染作業員さん、奥さんを失くされたタクシードライバーさん、心臓に疾患を抱えた郵便局員さん等。
 

福島の南相馬市の事情を細かく取材して練られた脚本は、帰りたくても帰れない自宅を想う人、何もかも失ったけれど前を向いて生きようとする人、傷ついたそれぞれの想いを丁寧に書かれていて、俳優さん達は南相馬出身方々が演じてるの?と途中分からなくなるぐらい、熱のこもった演技をされていました。


福島の原発のエリアのありのままの姿を報道される機会も、ドラマ化される機会も少ないじゃないですか? 

家があっても帰れない。

家を失ってこれから先どうしていいか途方にくれる方の気持ち。

私は後者側の人間だったんだと、演劇を見て久しぶりに思い出し、涙がポロポロとこぼれました。

日常の生活に追われ、自分も当事者だったということを忘れかけていたのです。

こういったふとした瞬間に心の痛みが甦り、涙があふれてくるのです。

震災の心の傷というものは、中々癒えないものですが、徐々に痛みは涙と共に薄まって行くのかもしれないなと思います。

私は以前、香山リカさんと小鷹先生の往復書簡「 ドクター小鷹、どうして南相馬に行ったんですか?」を読んでおり、移住にいたる経緯、移住先での葛藤を読ませていただいておりました。

地域住民と何かしよう、何かしたいという試みは被災地で沢山なされてきておりますし、私も何回かボランティアとして参加しました。

地元の自宅を離れた仮設住宅の住民さん達。

全く縁もゆかりもない人を受け入れてくれる方もいれば、そっとしておいて欲しいと引きこもりになる方も中にはいらっしゃいます。

そんな心情を鑑みつつ、

「辛い時こそ、手作業が癒されるかもしれない。」

「それをきっかけに、人と人が出会えるかもしれない。」

と、男の木工教室、男の料理教室、男のウォーキング教室などを主催。

じょじょに信頼関係を築いていかれ、地元に愛される存在となっていかれました。

それらを小鷹先生は、自分自身が本当に楽しみながら継続し続けています。

運動があまり得意でないのに、仕事が忙しい中4時半起きで出勤前に乗馬訓練を100鞍こなし、伝統文化である相馬野馬追に挑戦。 中々出来ることではないと思いますが、

 小鷹先生「いやぁ、私はただやりたいことをやっているだけです。楽しそうだからやっているだけですけどね。」

と飄々とおっしゃる。

その塩梅がね、
絶妙なんだと思います。


都会から移住して来た人が、
地元を愛して、
楽しんでくれる姿が、
被災地で生きる
皆さんの心を
元気にしてくれているんだと思います。


そして、その在り方に共鳴した監督さんが取材を重ねて、ストーリーを紡ぐ。

福島に赴き、
その地で暮らす方々の

包容力や行動力。

孤独を抱えながらも
今を一生懸命生きる姿。

大切なものを失っても
強く生きていく命の力

を表現された、俳優さん達の演技に情景が浮かんできて、後半は涙が止まらなくなりました。

来年は紀伊国屋サザンシアターで再演されるそうです。宜しければ足を運んでみてくださいね。

いや~触発されて、私もまた何かしたくなっちゃいました! 母の体調が落ち着いたら旅に出ようかな。

一度きりの人生だもの 


南相馬でのほめ活の様子
『 ほめ達デラコの股旅日記 in 福島③ 南相馬で”ほめほめ”活動 』

東北で「ほめ活」をやり始めたきっかけと想いをつづっております。
スポンサーサイト



『 凛とした笑顔 』

今日は大人気オーガニックレストラン「みどりえ」さんの3番目,
祐天寺店のプレオープンに御呼ばれしました。

祐天寺駅東口の商店街からちょっと横道に入った裏路地にあり
入口にみどりがいっぱいで、心地よい所でした。





オーナーの萬さん。 
オーガニックマーケットAOZORAの仲間です。
目力があり、同性としてほれぼれする凛とした女性。




祐天寺店の店長のめぐみん。 

なんだか、責任感を伴って顔つきが、これまた凛としてました。 
本人に伝えたら、他の方にもそう言われたみたいです。



厳選素材そのものを生かしつつ、味付けも彩もオシャレで
食べると元気が湧いてきます。



ビュッフェコーナーから頂戴したおかずたち。

私もお料理するんだけど、「もっとがんばるぞ~」と
ヒントを沢山頂戴します!



オープンは明日。

開業まで大変だったそうなのですが、
なんだか一生懸命がんばってると、 不思議と疲れないと
めぐみんが言ってました。

自分の役割に気が付くと、努力は苦にならない物だよねって言ったら

「勇気をもらえた。」と素敵な笑顔をいただきました。

オープンテラスもあります。

これからの季節におススメ!

オーガニックレストラン みどりえ

東京都目黒区祐天寺2-10-3
03-3711-7305
<HPはこちら>

『 九州大震災・支援団体・寄付先おまとめ帳 』

九州熊本大震災で寄付をしたいけれど、

きちんと使ってもらえる団体かどうか分からない・・・・という方から
時々「どこに寄付したらいいと思う?」と訊かれます。

これまで経験したボランティアネットワークで
入手した情報の中から

この団体だったら活用してもらえるのではないか?という寄付先をまとめます。 (時々追加します)

※ 寄付先に対してのお問合せには答え兼ねます。
自己責任でよろしくお願いします。

--------------------------------------
熊本市
危機管理防災総室



避難所に指定されていない場所でも、ここに電話すると指定避難所として救援が開始されるそうです。

県や市でも把握できていない避難場所では、SNSなどのネット環境を持った方が居ない事で、情報収集や発信が困難な状況なのかもしれません。

救援が届かず困ってる場所を知ってる方は、代わりに通報してあげてください!

熊本市
危機管理防災総室
電話 096-328-2490




-------------------------------------------

ナースケアグループ(キャンナス)

訪問看護の組織です。東日本大震災以降の経験を積み上げて、
その後日本で起こった災害時、現場での支援実績が豊富です。
(時々石巻・気仙沼でお手伝いをしました。)

全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス(CANNUS)
のフェイスブックグループ <URLはこちら>を検索していただくと、熊本での活動の様子が見られます。

代表の菅原由美さんの御言葉

参加したいナースからの声も上がってくるのですが、311の時のように藤沢の本部から車で無料で送迎することができません。
(この時はガソリン代と車のレンタル代などを皆様の寄付に頼りました)

皆さん飛行機代あるいは新幹線代がかかってしまいます。

交通費自己負担の話をすると躊躇されてしまうことが多々あり残念でなりません。

避難所に泊まって24時間頑張ってくれるナース!!
長期滞在できるのナースや2度目3度目と来てくれるナースには交通費だけでも出したいと思います。

現地の携帯電話を購入したり、キャンナスのTシャツを作ったり、レンタカーを借りたり、電動チャリを用意したりと本部経費もかさんでまいりました。

なにとぞ何とぞ、皆さまの熱いご支援をお願い申し上げます。

振込先

かながわ信用金庫、藤沢営業部
普通預金1990035
訪問ボランティアナースの会キャンナス。

現地にいこうとするナース達をどうかどうかご支援ください。

---------------------------
RQ災害教育センター

一般社団法人RQ災害教育センターは、東日本大震災の被災地支援のために結成されたボランティア組織「RQ市民災害救援センター」から発展して誕生した組織で、2011年12月7日に設立されました。 (ご近所イノベーション学校・ご近所ラボ新橋の仲間が現地いりしております)

RQのフェイスブックより

"今一度、私達がやろうとしていることを確認したいと思います。行政が運営している避難所については、行政にお任せします。自主的に避難しているところや家は大丈夫だけれども夜になると不安なので車で寝ている方など、行政支援に頼らずに頑張っておられる方をピンポイント支援して行く。親戚や友人などで自宅で過ごしている方など確実に個人に物資が届くのであれば、必要な物資を聞いて直接送って下さい。行政が運営している避難先におられる場合は各行政に必ず確認してから対応を聞いて下さい。その他の方は以下、RQ九州を通して送って下さい。必要な物や送り方は以下ホームページを読んで下さい。

支援物資の寄付を受け付けてます。 <URLはこちら> 

RQ災害教育センター活動の様子 <FBページはこちら>

------------------------------------------

ふんばろう東日本チームが立ち上げた
スマートサプライ 
<HPはこちら>

「必要な人に必要な支援を必要な分だけ届ける」システムです。支援したい所を選んで届ける事ができます。

「スマートサバイバープロジェクト」では、支援を必要としている団体の情報をわかりやすくお伝えし、安心してご支援いただけるようスマートサプライという物資支援システムを採用しています。

詳しくはホームページの中ほど左手にある、初めての方へにをご参照してくださいね。

システムの利用にあたっては以下のサービスのアカウントが必要となりますので予めご準備ください。

Twitter / Facebook / Googleいずれかのアカウント


------------------------------------------------------

現地で炊きだしをしている方向けのサポート。ボランティア仲間の御紹介。アマゾン経由で直接支援ができます。

熊本・大分地震避難者皆さんへボランティアで炊き出しの支援活動を行なっている田中 清昭さん。

全国の皆さんからご支援頂いたほしいものリストの商品は続々と届いてます。
ありがとうございました。

被災地では物資、食料はまだ充分に行き渡っていない状況が続いているようです。

チーム田中屋さんは連日1000食以上の炊き出しを行なってます。
温かい食べ物が求められてます。皆さんのご支援ご協力が必要です。

シェア拡散にご協力お願いします。
↓↓
<田中屋さんの欲しいものリスト>


----------------------------------------------

避難所用間仕切りシステムの提供している
ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークさん<HPはこちら>

21世紀美術館の展示で入ってみたけれど、すごく快適です。 プライベート空間って大事ですね。
生成りの間仕切りは、ほっこりとした安心感を得ました。 

被災地にひとつでも多くの間仕切りを設置したいと考えております。みなさまのご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

・ 振込先: 三菱東京UFJ銀行  東松原支店
-・ 口座番号: (普) 0036997
-・ 口座名義人: トクヒ)ボランタリーアーキテクツネツトワーク

お振込頂けた際には、お手数ですが下記メールアドレスまでご一報頂けますようお願い申し上げます。
---van@shigerubanarchitects.com


--------------------------------------------

災害はいつどこで起こるか分かりません。

乗り越えた経験は生きる力になり、

誰かの為に何かすることは、自分のためにもなります。

がんばっぺしね(東北弁でがんばろう)!

皆様の優しい気持ちが活用されますように。



『プチラッキー☆が起こる時の法則の実証④引き寄せを起こすステップ』

『プチラッキー☆が起こる時の法則の実証①~③までのあらすじ

次兄ホセ・オノデラスが夏休みで上京する際に、2年前からスペイン風景画の展示をしてくださっているオーベルジュ・フェリス<HPはこちら>さんにアポを取り、充電の切れそうなi-phoneのナビで場所を確認後、タイヤのパンクに見舞われたオノデラス兄妹は悪運の強さを発揮し、奇跡的に12時半のアポに間に合ったという話でした。

らせん階段を上がりレストランに通していただくと、修善寺の町を一望できる贅沢な眺望! すっごい素敵でした。

2年前にご紹介いただき、メールと電話でのやり取りのみだったオーナーの谷田部さんと初めてお会い出来ました。

きっかけは、恵比寿のオシャレ和食どころ「BeTTei」 <HPはこちら>のオーナーの松島さんがテニス友達で、「誰かスペイン料理屋さんをしているお友達いたら紹介してください。」と相談したら、「いる!連絡してみる。」と即答して連絡をしてくださったのがきっかけです。

谷田部さん「あの時ね、あいつから電話きて、”スペインの風景画を描いてる小野寺さんって人から連絡いくからよろしく。”とだけ言われたんだよね~」 

デラコ 「確かに、”連絡したから詳細説明してね”と指令が来ました。」

谷田部さん 「俺ねアイツのこと信頼してるから、アイツのいう事なら間違いないだろうと思ってね」 

と、見ず知らずのあったこともない無名の画家の風景画を8点も飾ってくれただけでなく、私と兄は絵の展示をする際にポストカードによる気仙沼のNPOへの募金活動をしているのですが、それについても快く引き受けてくださったのです。

谷田部さんはスペインのバスク地方のビルバオで修行をして、恵比寿でスペイン料理の草分け的存在でしたが、満を持して修善寺にオーベルジュ・フェリスを開業し今年で9年目になります。

私達を応援しているだけでなく、岩手の山田町のパエリャと大槌のサフランのコラボを応援しているそうです!!!

<山田町 味わい祭りのブログ>

海の幸に恵まれた土地でのサフラン栽培がされているとは!! 

谷田部さん曰く、一過性の物ではなくて新たな名物として育てていきたいそうです。 すごくワクワクします♫ 絶対おいしいだろうな~ 

東北の復興や、スペイン談義に花が咲きつつも、今回の我々のメインミッション、絵の選定をしていただきました。

fc2blog_20150806115459d19.jpg

「どうしましょう~」

と大量の作品を前に、決められない谷田部さん。 

谷田部さん「今飾ってるのも愛着あるからな~ マネージャーどうしたらいい?」

と訊かれたので

デラコ 「また次にいつうかがえるか分からないので、この機会に気に入っていただいた作品は置いていただいて・・・」

というと、

谷田部さん「良いんですか!?」

デラコ 「いーんです」 (川平ジェイ風)

キッチンの上の部分の壁面が空いていて

デラコ 「もしも宜しければ、あそこにフラメンコの絵を4つ飾っていただくのもカッコいいかもですね」と進言したら、採用していただきました


谷田部さんとホセと絵の選定が終わった後に充電20%のi-phone4sで無事記念撮影できやした♫

fc2blog_2015080611552153a.jpg

ななななんと、非売品のスタッフTシャツを頂戴しましたよ! ホセのは黒です♫ もうファミリーね❤

fc2blog_2015080611555942b.jpg

そしてスペインを思い出す作品をご購入いただきました 
タイヤ代金と交通費の足しにさせていただきます

本日次兄は気仙沼にお盆のお墓詣りで帰省し、友人宅にてお預かりした寄付金を届ける予定です。

復興の道のりはまだまだ続きます。「微力ながら出来ることをお互い継続しましょうと」エールを贈りあい、修善寺を後にしました。


都会の喧騒に疲れたら、是非訪れてみてくださいね☆

fc2blog_201508061155379f1.jpg




ホセ・オノデラスと行動を共にして、引き寄せが起こる現象について分析してみました。



生きがいと感じるくらい好きなことがある。 (ホセの場合は絵を描く事)



プロとしてやるレベルまで地道にコツコツ続ける。




プロとしてやって行きたいと他者に宣言する。 (この場合、妹デラコ)



応援してくれる人が現れ始める。



活路が拡がる。



地道に続ける。



スキルが上がってくる。



夢の階段を上がり始める。


次兄は本当に絵を描くのが大好きで、もの凄く丁寧に一筆一筆に魂を込めて書きます。 絵を見ているとスペインに旅行した様な気分になります。

行った事のある方は、空気感も思い出すと言ってくださいます。

それもこれも、ずーっと地道に描き続けているからなんだなぁと思います。

<ホセ・オノデラスのHP>


都内でホセの絵が観れる場所

<代官山 comecafe Osamu bar 様>
現在プロジェクターで展示していただいてます!

<下北沢 スペインバル アティコドス様>
壁に数点飾っていただいてます。

宜しければ美味しいお酒とお料理を堪能しながら、絵も見ていただけたら嬉しいです!

今日も読んでいただきありがとうございました❤






『プチラッキー☆が起こる時の法則の実証③ 「好事、魔、多し」』

「陰陽の法則」ってありますよね、良い事と悪い事はすべからく半々起こると言われています。

うちの兄の口癖は「好事、魔、多し」

コトバンクより 《「琵琶記」幾言諫父から》よいことにはじゃまが入りやすい。

引き寄せにより好事に浮かれていると、良くない事もおこったりします。 今回はそんな話をまとめました。

------------------------

8月4日は朝5時半に起きて修善寺のオーベルジュ・フェリスさんに向かいました。

前日の深酒が心配で普段早起きの兄に「6時半出発ならば、6時4分の電車に乗ってね。5時半に起こしてね」と頼み、目覚ましを三つかけて寝ました。

目覚ましが鳴る前に何故か目が覚め、まどろんでいると電話が鳴らない・・・

もしや・・・と思ってホセに電話をすると

ホセ 「助かった~ 起ぎらんながった~ (起きられなかった)。 夜中にあっついものに包まれる悪夢を見でしまって、そしたっけ毛布かげられでだった。」

デラ 「電話して良かったー。がんばってきてね」 と、宵っ張りの朝寝坊デラコに奇跡が☆ YDK☆

途中ホセは便〇をもよおしたり、急行で大岡山まで行っちゃって戻ったりのロスタイムが発生したが、6時40分に出発しました。

カーナビは無いけれど、グーグルマップを駆使してイザ東名を目指して気づきました・・・

シガーソケットのプラグと携帯の間のケーブルを忘れた事に・・・

デラ 「ホセ兄さんヤバい、途中100均一によらねば。 ケーブル忘れた。」

ホセ 「何?無いとどうなるの?」

デラ 「写真撮れない、ナビれない」

ホセ 「それはまずいな。 温泉街に100均なんてあっかやー(あるのかよ)」

デラ 「まー 最悪コンビニで 」

玉川ICから東名をめざし、海老名で休憩を取りながら南へと向かいました。

知らなかったのですが、ホセは高所が苦手らしく高台にある高速を通過する時に

ホセ「美和~ ダメだ~ こえ~ ゾワゾワくる~」と絶叫してました。 

同じ兄妹でも私は高い所が大好きで、全然気持ちがわからない・・・ごめんよ兄貴。 

ペーパーで方向音痴な私と、慌てん坊でカーナビに慣れていないホセの道中は、修善寺につくまでもヒヤヒヤもので、修善寺のインターを抜けてからは無駄に100円の有料道路を走ったりしました。

オーベルジュ・フェリスさんの目的地付近は別荘地でお店とかは無く、道も細く、「えーここかえ~ 夜だったら絶対見つけられね~」とホセはパニック。

付近についたっぽいのに其れらしき建物が見当たらず、こういう時は聴くに限ると工事現場のおじさん達3人組に聴きに行くと

「え?オーベルジュってなんだ?しらねーなー」と言われました。地図はないのか?とガイドブックやグーグルマップ(充電のこり30%)を見せたら、「この地図じゃわっからねーなー。そこに電話してみたら?」と言われちゃいました。

車に戻りホセに「無駄足だったぜ」と悪態をついたらオジさんの一人がやってきた。

おじ「それって高級なやつで、オーナーが東京の人か?」

デラ「そうです。」

おじ「多分あの茶色い壁の建物」 と指をさすではないか!?? 

それっぽい~

おじさん、悪態をついてすみませんでした。

携帯の充電もやばいから(25%くらい)、兄のガラケー(こういう時最強)で電話をしてもらうと、今はまだお忙しいとのことで、(9時半くらい)、12時半くらいに来てくださいと言われたので、「じゃあ観光しよう! そば食べよう!足湯につかろう!」と来た道を戻りました。

ホセ「美和、要所要所のポイントを覚えておくんだぞ」 

デラ「了解。次来るときナビなしかもだもんね」

と言いながら山道を下っている時に「バタバタバタバタ」と変な音がしました。

ホセ「何だこの音は、もしかしてパンクしたんじゃないか?ちょっと見てきて」と路肩に止めてみてみると

左の後輪がぺしゃんこに・・・・ 

デラ「やばい、がっつりパンクしている」

ホセ「まじかー やばいなー スペアタイヤ出すか~」とトランクに積んでいた大量の絵を一旦外に出した。

兄の車ストリームは13年載って、スペアタイヤを取り出すのは初めて・・・ 
ホセ 「高速走れんのかな~ レンチまわらないな~こういう時はソニー損保に電話かなぁ」と言うので

デラ 「いやそれは早めに連絡でしょ~ 12時半に行かないとならないし」

というわけで、業界ナンバー1のソニー損保へ。 

ロードサービスは30分後ぐらいかかるとの事で、エアコンをつけて車内で待つことに。

兄の親友のシゲさん(車屋)に電話をしてこういう場合どうしたら良いか相談してみると兄が電話をかけ始めた。

ホセ 「あ、レイコが? シゲいる? 仕事? おれはシゲと話したいんだけどどうしたらいい?」

デラ 「まさか、いえ電に電話してないよね?」 

ホセ 「あそうか、携帯にかければいいな。 ははは。 レイコ元気か?また連絡すっから」とパニックの為判断力が落ちているホセ・・・

シゲさん曰く、「お前仙台がらそんな所まであのストリームで行ったのか? 遠出する前に点検しにくればよかったのに」とパンクどころではない点を心配していた。 ははは 

シゲさん曰く、高速に乗る前に安いタイヤを買ったほうがいいから、ロードサービスの方に訊いてみなさいと適切なアドバイスを頂戴できました。


たまたま止まった場所は長年人が住んでない風の郵便物が溜まった空家で、ロードサービスを呼ぶ際に郵便物の住所により場所が特定できました  ツイテル星人!


そして、ロードサービスさんがなんと20分くらいで来てくれました!

ホセがやろうとして動かせなかった錆びついて固まったスペアタイヤを固定したフックは、工具を使って無事に取れました。

が、しかし・・・ 

13年蓄積した土埃とアスファルト?が土煙を上げて出てきました。(ロードサービスさん御免なさい)

何か魔物が飛んでったみたい

ホセ 「この後東京に戻る時に高速にこのタイヤ耐えられないかもしれないので、パンクした方のタイヤが修理出来ればそうしていただき、スペアタイヤに関しては走れるところまで走って、安い国産タイヤがあればそれに付け替える形がいいんですけど・・」と言うと、

ロード「そうですねー タイヤの中心が切れているので、直りませんね。スペアタイヤに空気を入れてみましょう。うちの会社に同じ型があるかきいてみます。」と確認してくれました。

ロード「残念ながら在庫はなかったのですが、うちの会社に戻る道の途中にタイヤ屋さんがあるから、ついてきてください」と先導してくれました!! 

デラ 「スペアタイヤはこんな事がなければ使われる事もなく廃車になっていたかもしれないね!13年眠っていたのによくがんばっくれてる!」とホメながら車を走らせました。

そして、道中「100均 100均」とつぶやいていたら、彼方にAEONとダイソーの看板が!!! 念じたら現れた

デラ 「やったー 後でよって~!!!」といいつつ、タイヤ屋さんへ到着。

タイヤ屋さんに診てもらったら、同じ型の在庫があり、工賃込 1万9千円ぐらいとのこと。

デラ 「高速でパンクしてたらとかエンジンが火を噴いたかもと思うとさー 我々は悪運強いよね!!☆ これはね我々の守護霊様連合のお陰だね!!ツイテル☆」

と次兄ホセと喜びました。

その頃時計は11時40分くらい。 

オーベルジュにギリギリセーフな見積もりタイム。

次はいざ、ダイソーへ。

上空にチラッと見えたAEONとダイソーの看板を探せども、見つからない・・・

デラ「ふつうさー 大きなスーパーって看板出てるよね?」

ホセ「ほんだよなー」

見知らぬ土地でダイソーを探す・・・ それもこれも私がケーブルを忘れたばっかりに・・・と邪念がグルグルと頭を駆け巡り判断力が低下するデラコ・・・

するとホセが「あれ、100えん はうすレモンだって、ここ」と

ダイソーを探す私の目に入らなかったご当地百円ショップが目の前に!!駐車場つき!!

デラ「やったー。停めて~ 探しに行ってくる 

と、店に入りいちもくさんに電化製品コーナーへ、

ありました!! 巻き取り式の4SのUSBつきチャージャーケーブルが!!!

レモンよありがとう!!

fc2blog_20150806115613214.jpg





勝手に止めさせていただいた御宅

fc2blog_20150806115436093.jpg


そして我らは無事にく12時半ちょいにオーベルジュ・フェリスさんにたどり着いたのでした!!


続く・・・
プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ