FC2ブログ

『 ヴァイヴレーション 』

今度10月25日にコラボで3種の瞑想ワークショップをする瞑想家・ヨガインストラクターの新妻氏。


先週2時間リハーサルを彼の自宅でやっていただいた。 メンバーは4名でした。初顔合わせが一人、二度目にお会いする新妻氏のパートナー、と新妻氏。 私は元々人見知りではないが、緊張感もなく、スーッと場に溶け込めたのです。


それはなぜかと振り返ると波長が合ったというか、なんとも居心地が良かったからかも・・・ 

新妻氏曰く、「瞑想は一人でやるよりも、上手い人とやった方が入りやすいんですよ。 それは上手い人とテニスをやった方が直ぐに上手くなるのと一緒の感覚。」と説明してくれた。 なんとなくそれが腑に落ちた。 それくらいその時の瞑想がしっくりきたのだ。(これは感覚の話なので表現が難しいですね・・・・) 

「なんかさヴァイヴレーションつーか、波長って大事だよね?」と新妻氏に尋ねると

「デラコさん、波長が全てです。」と彼は言ったのです。

昨日のブログにも書きましたが、人間は無意識に波長を出しています。 感情の波って時々感じますよね?「あっこの人今日機嫌わるい。近づかないでおこう・・・」とか、「あっ今日なんかいいことあったのかな?」とか、漂う空気というか、まとっている空気が違いますよね。

今日は英語でインタビューがありました。 久しぶりの英語なので文法とか単語もしっちゃかめっちゃかだったかもしれないけれど、自分のできること、やってみたい事を熱意を持って言えたので、受け手に伝わったったかな?というのを感じました。 多分波長が共鳴したんでしょうね。

海外に行った時になんかしんないけど、気の合う人とかいませんか? やっぱり国を超えたコミュニケーションとかって、波長なんだな。 波長大事!って実感しました


私の活動のコンセプトの元になっているのは、自分の機嫌を自分で整える「メンタルヘルスのセルフマネジメント」です。一言で表すと”自律”。 ほめは機嫌を整える手段の一つ。 それによって、ハッピーホルモンが分泌されて、幸福感が得られます。

理屈じゃないんじゃないの?って思う方もいると思います。 しかし、人間の感情ってホルモンにものすごく左右されているんです。その仕組みを理解すると生き方がとても楽になり、ストレスをマネジメントしやすくなります。(これは私の経験に基づく主観です。) 



恋愛がうまくいかない時や、家庭内不和、会社での対人コミュニケーションはおそらく・・・・

波長・波動の乱れや、狂いから来ていると思います。

相手の波長(オーラや気ともいう)をいかに察知して、距離をとるなり、ちょっと合わせるなり、自制したりという工夫が出来るといいですね。


波長が合わない人がいるとして、その人に近付かない!という選択。
なんかおかしいな・・・でも自分はうつらないで普通にしよう!というのも選択。

一つ一つの選択で、自分のご機嫌を整える事が出来ます。 まず自分の波長(ヴァイブレーション)を正常に保つには

無意識の意識化が大事ー> それを”気づき”と言います。

訓練することで波長は変えられます。 するとちょっとずつ人生が変化していきます。
その訓練の一つとして、瞑想はかなりおすすめですよ! 

3種の瞑想体験ワークショップ詳細はコチラ
https://www.facebook.com/events/1486821454928191/?ref_dashboard_filter=upcoming

波長をあげたいときは”ほめトレ”もね~♫ 


スポンサーサイト



『 うつるんです 』

昨日ゆでた栗や、ネックウォーマー等を手土産に親の家に夕飯を食べに行った。

特殊繊維のネックウォーマーは首こりにも効くそうで、副交感神経を亢進させてぐっすり眠れると効果をうたっていた。母は冷えから神経痛気味だったりするので、これは素晴らしい!とついでに自分の分も実験用に買い、うきうきしながら、「これ多分良いと思うよ」と手渡した。

母は機嫌が良く、饒舌で色々と語ってくれた。私は「ふんふん」と聴いていた。

母は生活全般は問題が無いが、認知症(要介護1)の為か、時々おや?っと思う事を口走る。 私は傾聴ボランティアを少々経験した身なのでそこはスルーしてうなづきながら聴いていた。

しかし、若干介護疲れの父は見逃さなかった。 そして母の言葉尻を指摘し始めたのだった。

もの凄い些細な事・・・ 私を”さん付け”した事だ。 父はそれが他人行儀で気に食わないと言った。

その日の母はなぜか頑固に、私を”さん付け”で呼んだ。父のイライラはピークを越えて、日ごろのうっぷんをぶちまけはじめた。

それで私も切れた。「なんで、そんな些細な事でそこまで荒だてるの?私はどっちでもいいんだけど?」と言うと

「俺は色々言いたい事があるんだ。 聴いてくれる人が来たから言っているのになんだ~」と大声を出された。

「そんな小さい事でそんなにガーガー言わないでよ器小さいなぁ」と私も直球で返した。

すると父は「もう寝る」と布団に入ってしまった・・・ 

母は多少ショックを受けた風で、ごはんに手をつけなかったので、「果物食べたら?」と梨をあげたりした。

落ち着いた声で「お母さん、私いつも通り呼び捨てで呼ばれたいんだけど」って言うと、「私は、美和さんって呼ぶと心が落ち着くの。」と言った。 「でもさ、お父さんが嫌だっていうからさ、いやだって言う人に合わせようよ」と言うと、うなづいた。

そんな様子を父は布団で聴いていて、「納得した風じゃねーなー」と言った。
「いや、うなづいた」 と私。 嫌な空気が続く・・・

たまたま父に貸していたタイでお坊さんをやっているプラユキ・ナラテボー氏の「苦しまなくていいんだよ」という仏教本が転がっていたので、なんとなく手に取った。

開いたページの「『まずい』言葉をかけちゃったんだろなーと思って、すぐに気を取り直して、すかさずリベンジ』という文章が目に留まった。

失敗したり避難されたりしてもすぐに気を持ち直して、そこから最善の対応を試みるということが、この文章の示すリベンジとのこと。

それに続いて、『くさりかけの心も「苦・去る」に変えられる。』 と書いてあった。 

私はこのダジャレの様な文章を読んでハッとして、父に「お父さんごめんね。さっききつい事言っちゃった。」と謝り白湯を飲ませた。最初は呑むのを拒否されたが、「血の気薄めるのに飲んで」と無理やり渡すと、、父は、「俺も悪かったゴメンな」と謝ってくれた。

母に中庭を散歩しようと言って外にでたら、父も出てきた。 途中から合流し仲直りしかけたら、「やっぱり美和さんと呼びたい」と蒸し返すから、父が怒り心頭で家に入っちゃった。

ちょっと頭冷やした方が良いなぁと、時間稼ぎで違うルートを歩かせたら、帰る部屋を間違えそうになった。「そこじゃないよ」と教えてあげると、「なんだがわげわがんない・・・」と切なそうな顔をした。

父が心配して出てきてくれたので、外の通路で少し話を聴き、「今ちょっと帰る部屋を間違えて、本人ちょっと混乱しているから責めないであげてもらえるかな。」と冷静にお願いした。 すると父は落ち着いて了承してくれた。


家に帰って電話をしたら、「仲直りしたよ~❤ ごめんな~今一緒に布団だよ~」と言ってくれました。

今日はいつも行きたがらないのに秋晴れの良い天気だったからか、はたまたネックウォーマーが良かったのか?
デイサービスの体操教室に行ってくれたそうです。 夕方顔を見にいったらば、とってもご機嫌で、「顔色いいし元気そうだね。慣れてきたんだね。」と励ますととっても嬉しそうだったので、「動けるうちは続けてね!」とはっぱをかけました。

イライラはうつるけれど、 自分が冷静に対応すれば、相手も冷静になる。

ご機嫌ならば、ご機嫌になる。 

人は思考する際に電波のように想念を飛ばしているといいます。このメカニズムによって感情は
うつるんです。 (心のマネジメントというウェブサイト参照)


生きていれば色々な感情の動きはあります。 イライラもするし、やっつけたくなったりもする。
でも感情をぶつけて、そのまま死んじゃったりしたら一生後悔しちゃうだろう・・・
また明日って会えるってとっても幸せなこと。

津波から無事に逃げた高齢の親が東京で元気でがんばっている奇跡に感謝して出来るならば、ご機嫌モード多めで生きたいものだ。 

波長整えていこうっと 




『 目標を下げてみる 』

今年からベル薔薇万歩計と共にウォーキングを始めました。

ワンクール90日かけて59万歩がノルマで、ゴールは真実の愛です。(なんのこっちゃですね) 
歩く距離に応じて何万歩かに1話読むことができます。

私ははりきって目標を一万歩に設定し、キャラはオスカルを選びました。時々アンドレが「がんばれ、俺がそばにいる」と励ましてくれたり、マリーアントワネットがツンデレキャラで叱咤激励してくれたりしました。

しかし風邪をひいたり、家に置き忘れたり、東北でのボランティア生活で歩かなかったりで、真実の愛から12日遅れてしまいオスカルはアデユーと言い残して革命に行ってしまいました

次はマリーアントワネットでリベンジしました。メルシー伯の温かい御言葉や、フェルゼンの熱い励ましでがんばりましたが・・・真実の愛迄10日遅れてしまい、マリーアントワネットも革命の露と消えてしまいました

そして今回、 3度目の正直はアンドレ。一回くらい成功してみたいなぁ~と目標を8000歩に落としました。

するとどうでしょう・・・真実の愛まで順調なのです。 それだけじゃありません、今日は気づいたら一万歩超えてました。

越えられない壁を設定して、出来ない自分を否定していた日々よりも、今の方が断然気持ちが良いですね~

高めのハードルを設定して、それを超えるもんだと思ってトライしては挫折をたくさん経験してきたけれど、ちょい下げて、それをクリアしてノリノリで継続する方が、良いパフォーマンスにつながるんだなって初めて気づきました。

今度こそ真実の愛にたどり着けると信じて・・・アンドレと共に残り78日間歩みます

『 4人の妻の話 』

今朝は久しぶりに朝6時に起きてレディオ体操をしてから座禅会に行きました。

今日の法話のテーマはお彼岸だから”死”でした。いつもは”今此処を生きる”というお話なので、不思議な感覚。

仏教の「4人の妻を持った男の話」

4人の妻がいる男がいました。

第一夫人の事は常にケアをして、寒い時には服を着せ、欲しい物は何でも与え、常に一緒にいて一番溺愛していた。第二夫人の事も大好きで、常に一緒にいようとするが、時々いなくなったり逃げられそうになるので必死に追いかけたりして大事にしていた。第三夫人とは適度な距離で会いたい時にあうが、時に喧嘩したりしながらも仲良くしていた。そして男は第四夫人がいるのは分かっていたけれど、ほとんど認識せずにほったらかしにしていた。

しかし実は第四夫人はいつも男のそばにいて、男を見守っていた。

ある日男は異国に旅をする事になった。旅と言うよりは移住である。 妻の内の一人を連れて行こうと、第一夫人にまず頼んだら、「異国になんて行きたくありません」とふられてしまう。その次に大好きな第二夫人の所に行くと、「第一夫人が断った所なんて行きたくありません。」と断られた。頼みの綱の第三夫人の所に行くと、「第一、第二に断られたのですね。可哀そうだけど、異国の地へは行きたくないから国境付近まで見送ります。」と言われる。

そして、その時になって今まですっかり忘れていた第四夫人を思い出し、ダメ元でお願いしてみたら、「あなた様の行くところでしたら何処へでも一緒に参ります」と答えてくれ男は喜んで異国へ旅立っていった。

というお話。

4人の妻の例えは第一夫人は身体、第二夫人は地位、名誉、お金、第三夫人は家族や友人、近しい人、そして一緒について行くと言った第四夫人は「魂」、異国の地とは”死”の事。 常日頃身体とか地位や名誉、家族のことは考えるけれど、自分の魂の存在を忘れてはいませんか?という内容でした。 一番大事な物ほど気づかなかったり、ほったらかしにするものですよね。

時々自分の魂(ソウル)を思い出し、命の使い方を考えるのも大事かもしれませんね。

今日も雑念がいっぱい湧いたけれど、小鳥のさえずりを聞きながら
静かな空間で沈黙を味わい、頭を休める事ができました

10月のワークショップ日程

皆様 こんばんは

秋分の日の休日はいかがお過ごしですか? 大分涼しくなってきてすっかり秋ですね。

10月のワークショップの予定をご案内させていただきます。

10月25日はゲストとして新妻正幸氏をお招きしてライフスタイルに合った瞑想を数種類体験するワークショップを行います。

新妻氏プロフィール 

『プライベートヨガ教室』主宰。17歳で曹洞宗永平寺で坐禅を学ぶ。以来、さまざまな瞑想、解剖学、ヒーリング、断食、沖ヨガ、道教気功、チャネリング、呼吸法を世界各地で体験し習得。東日本大震災のチャリティーヨガ講師、東京ミッドタウンパークヨガ講師、慶応大学学園祭学生ヨガ講師、その他IT企業や、スポーツ団体、個人への瞑想ヨガ指導多数。
都内おススメの瞑想スポットは、明治神宮の森、浅草の待乳山聖天。

もっとも瞑想におススメな日は・・・・・・自分の誕生日前日の夜! 

皆様この機会に是非瞑想体験してパワーチャージしてみませんか?




26日に新しい講座、”ほめトレ”実践をスタートします。 これまでのワークショップでもっとホメたい!と思った方
思う存分ほめましょう!

ホメると周りも自分も笑顔になり、心も身体もホカホカしてきます。
これからの季節にいかがでしょうか!!! 

10月の予定


4日  ほめトレ基本コース 「自分も周りも笑顔になっちゃう」
9時半―11時半 中目黒

18日 ほめトレ応用コース 「欠点を魅力に変える☆」  
9時半―11時半 中目黒

18日 ほめトレ基本コース 「自分も周りも笑顔になっちゃう」 
19時―21時 自由が丘

25日 新講座 「心をほぐすハーモニックメディテーション体験WS」
19時―21時 中目黒

26日 新講座 「”ほめトレ”実践コース」 
9時半―11時半 自由が丘

参加ご希望の方は
お名前、ご連絡先、参加の理由をお書きの上
happylifelabo@gmail.com までご連絡ください。 追って詳細をお送りいたします。


デラコ

『 コンフリクト (Conflict) からの気づき 』

今日は青学WSDの先輩が主催の「コラボラボ」に参加してきました。

今回は先輩と私含む3名で、各自が発表したい事の共有でした。

トップバッターは先輩で、開発中のカードゲームでした(自分で開発するの凄いね!開発中だから内緒♫ )

発表後に振り返りをしました。 
一人はすごく良かった!と響いていました。
「会議でこういうのが必要なんです!!」 私はそれに便乗して「確かに異文化コミュニケーションにも良いかも」と乗っかった。 

しかし、もう一人参加者の方が「コンフリクトを起こしました」とおっしゃったのです。

コンフリクトとは・・・競合、衝突、対立、葛藤、緊張などの意味を持つ英単語(IT用語)

すっかりITからも英語からも遠ざかった私は「なんだっけ。。コンフリクトって」って思いながらその場のニュアンスで何かを感じました。 この方は何か違和感をもったんだなと・・・

その詳細はまた省きますが、その後私の中からも色々な感じた事が浮かんできたので、「こうした方が良いかも」ってアイデアを言いました。 開発者の先輩も、それらの色々な案を「そうかそうか、なるほどね」と書き留めてくれました。

こういう場で発表しする勇気と、改善案を吸収できる素直さを真似したいと思います 見習いたい先輩が周りにいるって在り難いことですね

そうは言っても・・・・自分が良いと思ったアイデアを批判されたりすると、結構ショックなものです。
私もたまにあります。

でもね・・・ 
「なんで批判されたんだろ!!! 何が悪いんだろう!!!」っていうモヤモヤだったり、落ち込みがあると、一時辛いんだけど・・・ 一回落ちるんだけど・・・ 

浮上した時に元々いた所よりも浮上してくるのです~ 自分で言うのもなんだけれど

前より精度があがるし、実践する時のモチベーションも上がるのです!!( ドーパミンでてるからかも)


心の痛みを伴う事象を経験すると、真剣に考えるモードが覚醒するのね。 搭載されている事に痛みと共に気づく。

だからね、葛藤とか、モヤモヤとかコンフリクトとかって 

必要!!!

って今日学びました。  たぶん今日もドーパミンでた。 (今マイブームのドーパミンは後日書きます♪)

今日の会合の参加人数は当初予定の半分くらいになったそうなのだけど、その分ふかーーーーーーーーい 話が聴けて大満足でした

ちょっと感動して泣いちゃったりしてね。 でもね・・・ そういう時間貴重。

ありがたや。

泣き女 デラコ

『婚活イベントとのコラボ』

先週の木曜日にお友達が主催のSingle's Barイベントに余興担当として”ほめトレ”をさせていただきました

会場は素敵な大人の隠れ家・・・  男女9対9、私が行く前から盛り上がってらっしゃいました

主催のHさんが「ほめる達人1級のデラコさんです。今日は盛り上げに来てくれました。」とうまーく紹介してくれたので、
「ほめる達人カウンセラーデラコです!中々普段異性をほめるのが苦手な方もいらっしゃると思うので、応援にやってまいりました!」と私の余興ターイムが始まりました。

既にお酒が入っていたため、流れはシンプルにしました。

運命のカード(またの名をトランプ)で一同席を入れ替えていただき、目の前の方とコンビを組んでいただきました。
時間を区切って自己紹介をペアでしていただき、他己紹介の流れでした。

「隣がざわついてきこえないじゃないか」という突っ込みが聞こえたので、「そうなんです。お隣の距離が近いのでなるべく近づいて一生懸命聞いてくださいね。」と返しました 


テーマは名前、普段何をやっている方か、好きな言葉、チャームポイントです。

私はワークショップのアイスブレイクで好きな言葉とチャームポイントを自己紹介時に言っていただきます。

なぜならば、好きな言葉を話している時のスピーカーはとっても良い表情をするのです。 そして、その方の人となりや生き方が垣間見えます。 いただいた言葉から私も、他の参加者の方も学びや気づきがあり、皆笑顔になります

チャームポイントは都内開催の時はやってないですが、被災地でやってもらいました(無理やり)。結構抵抗も合うけれども、いい文言も出てきます。すると一同大爆笑なんだよね。自己肯定感も上がるので、チャームポイントホメ(自分)は結構いいんですよ。 

テーマを覚えて言ってくれる方がいれば、そんなのあったっけ?みたいな方もいらして自由な感じでしたが、
話してくれたことをふまえて、ついでにほめてくれる方も現れたりして、聞いててこっちがワクワクしてしまいました
(映画のアメリの気分ですね

最後は・・・ ペアで握手をしながら、お互いを褒め合ってもらいました
もう、他己紹介で練習は積んでますので、「恥ずかしすぎてしんどいかもしれないから1分」って言ったけれど、そんなの皆様気にせずに盛り上がっていたから、3分くらい見守ってました

合間にいつもの「笑顔の健康効果」やほめミニ講座を入れたんだけれど、主催のHさんのキラースマイルテクニック講座と、きちんと一人一人の名前を呼んで、一人一人へのコメントや気配り、素晴らしかったです
(Single's Barに興味がある方、こっそりメッセージで教えてね♪)

恋が生まれたかどうかはキューピットにお任せ  

明日は中目黒で欠点を魅力に変える☆です! 今回も色々と企んで楽しくがんばります~♪

『 失敗・スランプの捉え方 』 

今日は14時くらいまで寝て、その後もテレビを観たりして夕方までダラダラしてしまった。

まったく何もする気になれず、頭の中をネガティブな妄想がうずまいていた・・・
たまにはそういう日もあります。 人間だもの。

録画していた何か観ようとリモコンで切り替えたら
『アスリートに学ぶ How to be Positive』という番組が偶然選択されていた。 

何かやる気スイッチが入るといいな~と思いつつ観はじめた。

出演者は茂木健一郎さん、寺川あやさん(水泳)、安藤美姫さん、大儀見選手の旦那さんのメンタルコーチ大儀見氏。

今のタイミングだからこそ必要な、響く言葉を沢山いただいたき、スランプから抜けられたのでした~
(あー単純な自分にナイス!

せっかくなので、備忘録として概要をまとめます。 


① 脳は「伸びシロ」(できないこと)が大好物。

しかし、「伸びシロ」は自分の周りにあっても気づかない。 失敗するというのは気づきをうむ。

ドーパミン(神経伝達物質で脳に対してやる気を出すように指示をする物質)は
出来ない事が出来る様になると分泌される。 ⇒ 脳が強化される。

これを強化学習と言うらしい。  

失敗は伸びシロに気づくチャンス!

完璧だったら練習はいらない。

自分 ⇒ 完璧の間に伸びシロがある。   
伸びシロをうめる事でドーパミンが出る!!!!

何かに失敗したとしても、そこで辞めずにチャレンジし続ける事で成長し、成功に近づく事が出来る。

② スランプ中は「習得するチャンス」  なでしこジャパン 田中陽子さんの言葉

「うまくできていたりすると、気づかなきゃいけないこともきづけなかったりすることがある。ダメな時ほど繊細になっているので、そこで自分がどれだけ成長できるか気づける・・・ スランプ中は「習得するチャンス」だと思っている。」

(これにめちゃくちゃ励まされました)

③ スランプは脳にとって一番の成長のチャンス!? 茂木先生

Zone または Flow状態とは
”最高のパフォーマンスを出している時” ⇒ 課題とスキルが一致している。
課題が上がると、スキルが追い付かないので不安になったり、フラストレーションがたまる。

「課題」に「スキル」が追い付く過程 = スランプ という。

部署移動、大学進学、転職すると「課題」が変わる。
スキルが追い付かないから、一見スランプに見える時がある。
スランプは外からみるとこう見えるが、

自分の中で
「毎日スキルが上がっている。と思えれば、スランプもポジティブに捉えられる」

(頭がモヤモヤしている時は、脳が活性化していると聴いたことがあります。モヤモヤをしっかりと味わう事が大切)

プレッシャーに負けそうな時は
脳は100%出来る所を70%に抑えている。 リミッターの原因になるのが固定観念。
⇒ 自分で限界を決めない!

プレッシャーを楽しむには!?
⇒ 自分で自分にプレッシャーをかける。

普段からプレッシャーをかけて、自分をコントロール出来る様にしておくと、ここぞという場面で緊張しなくなるらしい。

結果を出すには、普段から自分にプレッシャーをかける。
(一流アスリートはみなプレッシャーと向き合っているから、結果をだしているのでしょうね)

最後に、宮里藍さんが思わず書き写したというマイケル・ジョーダン氏の名言

「挑戦せずにあきらめる事は出来ない。 限界も恐怖心も幻想に過ぎないのだから

------------------------
失敗したりスランプ状態って辛いですよね。

しかし・・・スランプは伸びているサイン!って捉えらて行動したら・・・・ 成長する自分に出会えそうな気がします。

イキイキ、ワクワク生きる事は良い遺伝子のスイッチをオンにするそうです。
(筑波大学名誉教授 村上和雄氏)

事象をどう捉えられるかで脳のパフォーマンスが変わります。 


明日はどんな一日が待っているかな!?  





『 ほめトレワークショップの改良計画 』

皆様 こんにちは。

私のモットーは
Try & Error , Research & Developmentです。 
まず、やってみる。 そして何か改善点に気づいたら、探究して、進化させるです。

最近は
Scrap & Build
いったん壊して、また建てなおす。もいいなって学びました。

実践・アウトプットの時間を増やす為、9月のワークショップは一部見直します。

☆ 定員を8名
☆ 1時間50分 → 2時間制+α(ゆとりの時間)
☆ しっかり振り返る。




参加ご希望の方は

お名前、E-mail, 携帯電話の番号、参加の理由をご書き添えの上
happylifelabo@gmail.com までご連絡ください。

フェイスブックページ
基礎編
https://www.facebook.com/events/488977704570834/?ref_dashboard_filter=upcoming

応用編 欠点を魅力に変える☆
https://www.facebook.com/events/354358524726654/?ref_dashboard_filter=upcoming

よろしくお願いします。

デラコ





『 ほめトレワークショップの実践風景 』

今年の4月半ばから3か月青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム(WSDP)を受講し
修了生の活躍というウェブサイトに実践の様子を載せていただきました

ほめトレの様子がガッツリご覧いただけます 
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/activity/activity42.html

昨年秋に人の輪ネットサポーターとして都内避難者交流会で”ほめワークショップ”という名前でデビュー後、キャンナス東北サポーターとして牡鹿半島や気仙沼で開催、WSDP受講と並行して4月27日に都内で開始しました。
(都内で開始したきっかけは”わたし塾 ”事務局の中田さんに背中を押されたからです~
わたし塾のFBページはこちら https://www.facebook.com/watashijuku?fref=ts )


5月31日参加の方より、「言いにくいから”ほめほめワークショップ”か”ほめトレワークショップ”にしてみては?」とフィードバックをもらい、翌月から”ほめトレワークショップ”に改題しました。 (Sさんありがとうございます!)

6月のイベントページに無人の教室風景を使っていたら、「あれじゃ寂しいから、写真撮ってあげるよ」と翌月参加のAさんが一眼レフを持参!参加者の皆さんに許可をいただきフェイスブックのイベントページ用の写真とブログのプロフィール写真を撮っていただきました。 写真の雰囲気があったかくて、イベントページがくバージョンアーップ!! Aさんに感謝です

WSDP終了後の先月後半に、青学事務局の方より「でらこさんの実践を修了生の活躍に載せたいのですが、いかがでしょうか。」と依頼を頂戴しました。 その頃”ほめトレ”は4回を終え活動を振り返る良い時期でしたので、「是非やらせていただきます!」と自分の活動を振り返りまとめました。

依頼内容はフォーマットに合わせたレポートと、活動写真8枚でした。写真をウェブに使わせてもらう時は肖像権の許諾がいるとEラーニングで習ったばかり~


その三日後に予定していた初の応用編に先述のAさんが参加予定だったので、今回は自分から撮影を依頼し、参加者の皆様に肖像権許諾を頂戴しレポートをまとめました。

もともとAさんはアイムパーソナルカレッジの同期。私はカウンセラークラス、Aさんはライタークラス。目指す道は分かれていたけれど、卒業パーティの実行委員として協働したことによって仲良くなりました。

ほめトレワークショップは、共に働いた人、共に学んだ人、ボランティアをご一緒した方が参加してくださっていて、いつも場の空気が温かくなるのを感じ、人の縁の有難さを感じます

今回Aさんと写真を許諾してくださった皆様のご協力で実践の様子をまとめる機会になりました。

これからも「ほめること」の楽しさ、大切さを参加してくださった皆さんと分かち合いながら
活動して行きたいです。

いつも応援していただきありがとうございます


デラコ








プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ