FC2ブログ

『 マヨネーズにチャレンジしました♪ 』

今日は引きこもりだったので、お野菜尽くしの夕飯を作るべく
マヨネーズにチャレンジしました☆

たまごは有精卵。 黄身はあっさりしているけれど、白身がぷっくり! オイルは150-180ccもいれるんですよ~
マヨネーズってほとんど油ですね・・・

先ず卵一つ、お塩小さじ3/4、お酢大さじ2、はちみつ、こしょう、少々をフードプロセッサーにかけます。


油を3回から5回くらいに分けて入れ、さらにフードプロセッサーにかけます。



完成です~!!! めっちゃ簡単ね!

fc2blog_2015032121342931e.jpg

前に可愛くて買ったQPのマヨネーズの瓶にいれました♪

蒸した里芋、ニンジン、なんとか白菜にマヨをつけていただきました~♪ 
全卵で作ったマヨネーズはサッパリして美味しい。 今回は米油、リンゴ酢で作りました。

からし菜は余熱で蒸して、ごま油とダシ醤油で美味しかった♫ 
明日のブランチもがんばるぞ~!

今日も読んでいただきありがとうございました❤



スポンサーサイト



『 バイオダイナミック農法野菜が届きました 』

4月26日にオーガニックマーケットAOZORAというイベントがあります。

「ひと駅にひとつのフェアトレードマーケットを」というコンセプトで、会場は何とお寺さん。
いつも坐禅会に参加する円融寺さん(サイトはこちら)で行うご縁から、実行委員をしております。

オーガニックマーケットAOZORAは、販売ブースだけでなく、ダンスパフォーマンス、ライブ、ワークショップ、映画100年ごはん上映会とオーガニックごはん、暗闇ワインバー等々イベントも盛り沢山です。(サイトはこちら)
よろろしかったら是非遊びにきてくださいね!


勉強会やミーティングで土、野菜、生産者、消費者の循環について触れると、良いものを適正な価格でいただこうという意識が私の中でちょっとずつ目覚めてきました。

瞑想体験WSにご参加して下さった方がバイオダイナミック農法のお野菜を取り寄せしているとフェイスブックで投稿されていたので、ご紹介いただいたオーガニックファーム”百姓農園”さん (サイトはこちら) に連絡をして、昨日お野菜と卵が届きました。


ヤマトさんが赤ちゃんを抱きかかえるように優しく運んでくれてビックリしました。たまごが入っているからですね。


中見はこんな感じ。 食べきれるのか!!!がんばれー私!!

fc2blog_20150318204717180.jpg


有精卵の卵の黄身が全然割れなくてビックリしました。白身もぷっくり。
TKGをいただきました。 明日は目玉焼きにしてみようかしら♫



ほうれん草を生で味見したら、あまーーーい! シンプルにお浸しにしました。
他のおかずは、こないだスーパーで買ったのの残りです。

お味噌汁は宮城のふのりと、油麩と、キッチンで育てた大根の葉っぱです。




使いきるようにがんばるぞ!

今日も読んでいただき、ありがとうございました❤


『 坐禅とか瞑想ってどうなの?についての私信 』

ちまたで坐禅や瞑想が秘かにブームですよね! ネットでもよく紹介されているし、円融寺の坐禅会のネット予約はうかうかしてると満席になっちゃいます。ヨガインストラクターの新妻氏とコラボの「3種の瞑想体験ワークショップ」は、御陰様で4月11日の会で通算7回目になります。 地道にコツコツがんばってますよ!

瞑想や坐禅をやるとどうなるの??? と思っている方も多いのではないでしょうか?

これまで2年半の坐禅や6回のワークショップを経て感じたことを、私なりの言葉でお伝えしたいと思います。

<私が感じたこと>

1 静けさを味わえる人間になった。

2 気の流れが感じられるようになった。

3 心とつながれるようになった。

これらの三つです。

1 静けさを味わうとは

瞑想や坐禅を習慣にする前の私は、「音が無いと落ち着かない人間」でした。
家に帰ると無意識にテレビ、ステレオがあった時代はCDをかけたり、「音の無い状態」に耐えられず、寝る時はスリープ機能を設定して寝ながらテレビを観ていました。

実は小学校の頃かな?朝坐禅会に参加しておりました。
大人になってから、久しぶりに坐禅を体験する事で、静けさの心地よさを久しぶりに思い出したのです。

坐禅や瞑想を集団でやると、集団の中の個であり、個が集まって集団の静けさを作る、不思議なつながりを感じます。 自分と向き合いつつ、調和を保つ。 ただ呼吸に集中する時間がとても心地よいのです。家でやるのと、ちょっと違った感覚です。平和が満ちていて、なんとなく魂が浄化される感じなのです。 やってみないとなんともね・・・イメージ湧きにくいかもしれませんね。

坐禅や、瞑想を始めてから、テレビが発するものが、自分にとってノイズに変化しました。 そうなってから、テレビを観る時間が激減して、勉強や家事の効率がかなり上がりました。 静かな方が、集中力が上がるのかもしれませんね。(気づけて良かったわ☆)

2 気の流れを感じるとは

瞑想をする時は呼吸に集中します。 
初めて坐禅に行った時に、「呼吸に集中するのは難しいので、数を数えます。」と習いました。

「ひとーーーーーで吐いて、つーーーーーーーーで吸い、ふたーーーーーーーーーーで吐いて、つーーーーーーーで吸い、みーーーーーで吐いて、つーーーーーーーーで吸い・・・・・・・を、10(とお) までやります。」

それをやっても雑念って湧きますよ。 いや、逆に鮮明になるのかもしれません。

最近カラオケいってないな・・・とか、 鼻水がたれそうで困るとか、隣の人のいびきが気になるなとか
(自分も時々船をこぎまくったりします。そういう時デラコは白目なので、はたから見るとトランス状態かもしれませんね。)

こないだ仏教井戸端会議の2回目で、24年くらい坐禅に通っているオジ様が24年通っても雑念が湧いて苦しいとおっしゃってました。

坐禅や瞑想で”無”を目指すと苦しくなったり、難しく感じます。 

3種の瞑想体験ワークショップでも説明しますが

色々な雑念は湧くものなのです☆

坐禅も瞑想も、自分と向き合い対話する為の方法であり、
「あ、簡単に無にはなれないな」とか、 「あ、今こんなことが浮かんだ」というのを捕まえる為の時間だと私は捉えています。 それを言語に落とし込むことを”俯瞰瞑想”と呼びます。捕まえて言語化することで、その雑念は短時間で通り過ぎていきます。

継続して行くにつれて、呼吸に集中、雑念、 そして静寂と色々な事を味わえるようになります。

私は最近気の流れを感じられるようになりました。 すると、自然と”骨”が本来の位置に戻ろうと動きだします。その違和感を発した骨と向き合う事によって、自然と姿勢が整います。

姿勢は良くなるのですが、その方が逆に疲れません。 会社や電車で座っている時にも是非身体と対話してみてくださいね。ちょっとずつ感じ方が変わってきます。

気の流れが感じられるようになると、体と対話している感覚を得られ、体力的に無理な事をしなくなってきました。
(時々無理して知恵熱を出しますけど、回数は減りました。 おほほ)

3 心とつながるとは

通信社での会社員時代は、脳が常に高速で回転していました。 新製品リリース、障害対応、後輩の教育、客先へのトレーニング作成を同時並行でこなしておりました。 業務内容や顧客情報をデータベースに入力する時は、邪念を封じる為に「自分は機械だ」と暗示をかけてやってました。 今振り返ると、完全に思考優位で動いていて、何かの感情を殺して機械的に物事を処理している感覚で働いていたと思います。

リストラで会社を辞めた時は、高速処理で動いていた状況からの変化に対応できず、自分が本来どういうリズムが丁度いいのか分からなくなっていました。

カウンセリングを学び始めた3年前の私は、高速処理モードを抱えたままにゆったりとした時間の流れや、授業で心と向き合う事、親との接し方に戸惑いを感じていたのです。

そんな時に苦しくなって、無意識に「目黒区・坐禅」で検索したの円融寺と出会ったきっかけです。

新妻氏の誘導で行う「開の瞑想」は、その時々に異なるメッセージが語られます。
そのメッセージが心のコリをほぐすというか、チューニングをしてくれるというか、8割ぐらいの確率で自然と涙がこぼれます。

新妻氏曰く、瞑想は「心のトイレ」だそうです。 瞑想で身体や心と対話をする機会が増えると、”快””不快”の感覚がはっきりしてきました。 感情と真っ直ぐに向き合えるので、ネガディブな感情が湧いてきても、「~と感じたんだな」と、丸ごと認められるようになりました。

これらが私が瞑想で体感した変化です。

実際に体験してみたいなという方、4月11日にございます。

Facebook のイベントページはこちら。
https://www.facebook.com/events/536309883177165/

ご質問等ございましたらお気軽に
happylifelabo@gmail.com までお問い合わせくださいませ。

今日も読んでいただきましてありがとうございました❤


続きを読む »

『 学びを活かす為に必要な事: 咀嚼する 』

学業がひと段落したので、春休みとして創作活動に勤しんでおります 

カウンセリングを学び始めて丸三年。ようやく勉強してきた事が身についてきた感覚を得る機会が出てきました。

学び始めたばかりの時は、 「知識」  「現実」のギャップが激しかったです。

恋愛相談や会社の愚痴を聴きながら、自分なりに考えてアドバイスをしたけれど、逆に友人を傷つけてしまった事も何度かありました。

学校で最近気になる事例をシェアする時に、「友達の悩み相談を呑みながら聴いていて、逆に傷つけてしまった」と語ったら、「呑みながら話すのは世間話で、それはカウンセリングとはいわないんですよ!」と先生が指摘して下さいました。

「確かにそうだよな・・・・」と納得し、次の機会の時には

「今はプライベートでお酒飲んでいるから、これはカウンセリングじゃないからね」と釘をさし、悩み相談を聴き、「~したら」や「私なら~する」と主観を述べて、「カウンセラーのくせに全然私の気持ちを分かってくれてない。」と責められた事もあります。


当時を振り返ると、自分の意見が強すぎたり、正論を言い過ぎたんだろうな・・・・と思います。

相手の心に全く寄り添っていなかったのですね。

当時悩みぬいて、自分なりに解釈した結果をその友人にメールして、想いを理解していただき腹を割って話せるかけがえのない友達になりました。 何よりも「歩み寄りが大切」なのだと気づけた、良い機会になりました。

3年前友人の勧めでカウンセリングと並行してわたし塾(サイトはこちら)というE-learningの前身の講座をを受講していました。

校長の小泉美樹さんが第一回目の授業でおっしゃったのは、

これから学ぶ内容に関して大事な事は

「素直に真似る」と「よく噛む」
でした。

学んだ事柄を一回口に入れて、よく噛みしめる。

咀嚼するとは、本を読んだりセミナーに行くだけではなく、食べ物と同じく丸のみせずに、良く噛みしめて考え、要らない物は出す。

得るべきかどうかをきちんと考える。違うと思ったら吐き出す!

そうすることで、自分の思考を形成するのです。


あまり噛まないで呑みこむと、お腹がいたくなりますよね
すると栄養にならずに流れていってしまうかもしれない。

しっかりと咀嚼して、吸収する事でセミナージプシーにならない自分を作る。

これはカウンセリング、ほめ達、ワークショップデザイン、かさこ塾等々、

色々な学びにおいて、どれにでも言える事だと実感しています。

咀嚼して栄養にするつもりで学ぶと、何か疑問に思った時に質問出来るようになるので学びが深まります。

そして咀嚼して栄養にするつもりで学んだものが確かなものかかどうかは

「アウトプットする」

そうすることで、他者にきちんと想いが伝わるかを実践する必要があります。

不確かな場合は、相手に伝わりませんし
批評・批判を頂戴する事もあります。


その経験は、苦しかったり、哀しかったり、恥ずかしかったり、様々な感情をつくります。 
しかし、それは心が成長する為に必要な成長痛だと私は捉えました。 

友人を傷つけてしまった心の痛み、想いが伝わらなかった苦しみといった成長痛があったからこそ、学びが深まったと実感になり、過去の失敗が活かされるのです。


せっかく自己投資したのだから、学びを深める機会を自分で作って

なるべく・・・・元を取らないとですね☆


元を取るとは、お金を稼ぐだけではないと思います。

これまで時間とお金をかけて学んだ事や知識が
自分だけでなく、誰かの役に立つ、誰かの心を軽くする、前をすすむきっかけになるかもしれません。

それを活かさないと
もったいない!!

学んで来た事、知識が誰かの役に立つ日まで、

咀嚼する。

栄養があるかどうかを確認する為にアウトプットの機会を作る。

その積み重ねをやり続ける。  



沢山、沢山、失敗をして、勉強してを繰り返した私ですが
今日Skypeで悩み相談をさせていただいた方から、「悩み相談を受けてたのに、ご褒美の時間になっちゃいました」と言われました。


ほめ達カウンセラーをしてきた中で出会えた、最高の”ほめ言葉”でした

誰かの笑顔が私のモチベーションの素です。

その笑顔で私も笑顔。


今日も読んでいただきまして、ありがとうございました❤

続きを読む »

『 震災を振り返り、故郷を想う 』

2015年3月11日になり、東日本大震災から丸4年経ちましたね。長いような・・・短いような・・・
人それぞれに想いがあると思います。 


私の実家は気仙沼市(旧本吉郡)唐桑町宿浦という場所にありました。 海までは徒歩10分。
湾には小さな漁港があり、釣り船が停泊していて、もうちょっと歩けば砂浜があり、静かな田舎町でした。

震災2年後の宿浦の漁港の様子。

078.jpg


私の実家があった場所。


077.jpg


今はこの基礎もなくなり、更地になっていると思います。

075.jpg


壊滅してしまった私の地元を東北学院大学が取材して「更地の向こう側 解散する集落『宿』の記憶地図」にまとめてくださり、父の教え子が送ってくれました。 (本のご紹介のウェブサイト) こちらに当時の我が家の写真や地図が載っておりました。 ありがたいですね。 やっぱり故郷が完全に消え去ってしまうのは淋しいものです。


震災直後に次兄が地元の様子を解説を交えて、唐桑町鮪立(しびたち)や宿(しゅく)の町と実家を映像で撮って来てくれました。 初めて公開します。改めてみてみると、津波の被害の甚大さが伝わってきます。(ご遺体とかはうつっておりませんが、素人がとったもので何も手を加えてないので観る人によっては、ショッキングすぎるかもしれません。ご注意ください。) 2分40秒くらいから実家が、8分ぐらいからは避難所で食事をする両親が映っています。


動画のリンク ( 2011年3月19日の故郷 )


震災の記憶は時の流れと共に癒える方もいれば、今も苦しんでいる方もいると思います。

一人でも多くの方の心が、ちょっとずつ軽くなりますように。

災難はいつ自分の身に振ってくるか分かりません。 

私も辛い事は沢山ありましたが、自分の中に困難に向き合える力が有る事に気づけました。
悪い事ばかりではないのです。得たものも沢山あります。

自分にできることは何かを考え、それを行動にうつす。
故郷を想いながら、決意を新たに一歩ずつ前に進んで行こうと思います。

今日も読んでいただきましてありがとうございます☆

『 暮らしのコツ☆重なった器の外し方を試しました! 』

先日、ワインのつまみにオーガニックのデーツを買ったので
おシャンティにもりつけましょ♪とお目当ての器を探したら・・・・ 

くっついちゃってました



簡単に取れそうに見えるでしょ・・・・

ひっぱる余白が小さいし、押したらよりガッツリはまるしで
途方にくれました

こんな時一人暮らしってやーねー

ネットで「重なった コップ 外し方」で検索したら、結構沢山載っていて、これらを試しました。

①「まずは重なったコップをお湯を張ったボウルの中に立てておき、 内側のコップの中には冷水を注ぎます。 こうすることで外側のコップはお湯により膨張し、内側のコップは冷水によって収縮するのでコップの間にすきまができ、するりとはずすことが出来ます。 」

②「上の方法は少し手間がかかるので、わりと手軽にできる方法を紹介します。
コップのすきまに中性洗剤を数滴たらしてすべりをよくしてはずすというものです。」

引用元 <重なったコップの外し方>


しかーし両方試したのに、びくともしなかったの~ えーん

透明なグラスの方は、モロゾフのプリンの容器だから
「最悪、これだけを上手く割るか・・・ 出来るのか!? 怪我したらどうじよう・・・・」とビビッておったのです。

で、その後閃きました。

洗剤をぬって滑りをよくして、境目のすきまにスプーンを使って
てこの原理でクイッとやったのです。


そしたら取れたの~ 

<まとめ>
洗剤+スプーンで行ける気がする。

そうやって逞しくなっちゃうのさ 


今日も読んでいただきありがとうございました❤

『 万能野菜出汁 ベジブロス 』

「ベジブロス」ってご存知ですか?
野菜の根や皮などの野菜くずで摂る 万能野菜だしです。

沸騰させないよう 30分程コトコト煮込むだけ 。

詳細はこちら(ホールフードマイスターの高橋みず保さんのブログ

コトコト煮込むことで、皮の中にある栄養素(ファイトケミカル)が溶け出すから、生ジュースよりも高い抗酸化作用だそうです!

昼を作りながら野菜くずが出たら鍋に入れて、弱火で煮込みました!冷凍OKとの事なので、製氷機にいれて保存します♪




昼はこんな感じで作り、今回のベジブロスの材料は、ナスのヘタ、玉ねぎの皮と切れっ端、ニンジンの皮とヘタ周り。



ホールフードって無駄がないし、栄養価があるし、すばらしい! 美しい黄金色のスープにワクワクします♫
安心してベジブロスを作りたいから、オーガニックの野菜にこだわってみたくなりますね。今回のは普通に東急ストアで買いました♪

(実は作っているのを忘れて、2回焦げ付かせて失敗している、うっかりデラコでした。)

今日も読んでいただきありがとうございます❤

『 ☆ 開運お掃除術 ☆ 』

会社を辞めて3年、学びとアウトプットに勤しんで参りましたが
2月に”かさこ塾”と”ワークショップデザイナープラス”が終了して、次のアクションをどうしようかモヤモヤしておりました

ここ数日やる気が失せて調子が出なかったのです。 燃え尽き症候群かしら・・・

毎週木曜日は「再生紙ゴミの日」なので、思い切って紙ごみに手をつけました。 高さ50cmぐらいは捨てたでしょうか・・・
自称捨てられネーゼですが、スイッチが入り古くなったかもしれない化粧品も捨てる事が出来て、かつ床の拭き掃除もはかどっちゃいました 

なんか気分が軽くなっちゃって、モチベーションも上がりました。
その理由はもしかすると・・・・

紙ごみを処理したからかもしれません 

「本や雑誌などの紙類は「木」の気をもっていて、湿気を吸い込みます。風水では、湿気は良くないとされるため、紙ごみを捨てずにため込んでおくと、そこに陰の気が発生してしまうのです。古い新聞や書類などを積み上げておくなんてことは、その場に悪い気の塊をつくるようなもの。部屋全体が陰に包まれてしまい、機運が整いません。そうなると、自ら行動する気力も失せ、仕事や恋愛のいいチャンスをみすみす逃してしまうことに……。 」引用元ブログ

恐ろしい~

最近調子が出ないぜ・・・という、そこの貴方

試してみてはいかがでしょうか !?

私は日経新聞を購読しているのですが、朝刊より夕刊が好きです。エッセイやインタビュー記事からたまにインスパイアされて元気や、やる気を頂戴します

サヨナラする前に切り抜きを読み返して更に前向きになれました~☆。
切った当時より”今”まさに必要な言葉だったようです。 機が熟したのかもですね。

<アルパイン・クライマー 平出さんの記事より>

「どこまで行けるのか、やり切ったか、チャレンジした事が成功。情報が少なく環境が整っていないほど、真の強さを要求される。そんな所で高いパフォーマンスを発揮できるタイプになりたい。僕は人が出来ない事をやりたい。人が出来るものは人がやればいい。僕しか出来ない事を実現する事が重要」



カウンセリングを学び始めて、ハードルの高さに怖気づきそうだった当時、この記事から勇気をもらえました。
私だから出来る事を作り上げれば良いんだと気づき、目の前の方を笑顔にするすべを実践するきっかけにもなりました。

<直木賞作家 車谷長吉さんの記事より (2013年2月13日日経夕刊文化面)>
「苦しみの道」を歩み通すことで深まる人生もある。



東日本大震災で故郷が被害に合い、東京で両親をサポートして2年経った当時は平気なフリしてかなり辛かったと思います。そんな時にこの記事に出会いました。

「不幸な人は不幸である事を認めて生きていけばよい。自分を絶えず苦しい道に追い込むことで本当の人生の味わいに触れられるような思いがいたします。」
「劣を明るく肯定すれば、必ず新しい道が開けてきます。」という言葉に心が救われました。

今は御陰様で学びが身に付いてきたのか?!大分こなれてきました カウンセリングを学んで良かったと心から思えます 

<質問家 マツダ・ミヒロさんの記事>
ファシリテーターとしての大事なスタンスを学べました。




<作家 辻村深月さんのエッセイ>
「さりげない声かけが出来る大人」とはのお手本を頂戴しました。
ほめ道にも通じます。



こういう素敵な記事を書いてくれた筆者さん、載せてくれた日経新聞さん、
そして切り抜いてくれた悩める過去の自分に感謝

今日も読んでいただきありがとうございます❤

『 人生を豊かにする”言葉の貯金箱” 』

明日は再生紙ゴミの日なので、段捨離で本に手をつけました。

つい読んじって進まない・・・ 
でも、素敵な記事を発見しました。捨てる前に備忘録。

anan 女優・草村礼子さん 昭和15年生まれの御言葉より。

「仕事や好きな事を一生懸命やるのはいいことだけれど、頑張りすぎるのはダメ。自分を大切にしていないと、結局人のことも愛せない。時には美味しい物を食べて、心と体の柔らかさを保つ。そうすれば人にも優しくなれます。」

「視力が落ちると読む力も減る。若い今の内にたくさん本を読んでね。本を読むと、想像力がつくというのか、相手の気持ちが読めるようになるので、心がふくよかになります。そうすると、年をとってからも機嫌よく生きていける。私の母がまさにそんな人で、生き方がとても豊かだった。それを見て、私もそうなりたいなと思っていたのに、年をとって虫眼鏡がないと読めない、なんてことになっちゃったの。」

経験している人生の先輩からのエールは、心に響きますね。 心に響いた言葉を書き留めるノート、言葉の貯金箱ノートに記しました。


言葉との出会いは人生を豊かにすると思います。 言葉の貯金箱は私の宝物です。自分の心も救われるけれど、出会った方の心を楽にする薬にもなりました。



今日は池袋のリブロとか、本屋さんの閉店のニュースがちらほら出ています。

私は図書館で借りて気に行ったのを本屋さんで買ったり、ブックオフでジャケ買いしたりするのですが
紙の手触りが好きなので、街の本屋さんで買おう!

今日も読んでいただきありがとうございました☆
プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ