FC2ブログ

『 ほめ方講座:苦手な人対策 』

今回はちょっとハードルが高めな「苦手な人をほめる」ヒントについて書きます。


人は無意識に表情やボディラングエージから、色々な情報を読み取ります。

「あ、何か良い事あったのかな?」

「今日は機嫌が悪いから近づかないでおこう」

だったり

「今日すっごい仕事がたまっているから近づかないでオーラを出そう」

等々、察知する能力や、察知させる能力を搭載しています。

それらは意識的にコントロール出来たり、無意識の場合はコントロール出来なかったりしますよね。

苦手な人が近くにいたら、無意識に表情がこわばったり、肩が上にあがったり、動きがぎこちなくなったりします。

ビクビクする姿を観ると、人は心がざわつきます。

「もしかすると私のこと嫌いなのかな?」 「何か変な事いったかな?」と推察モードに入ります。

そういう思い込みや、小さなストレス反応が積み重なると、人間関係の歪みを作るきっかけになったりします。

これを防ぐ為にはどうしたら良いか?

それはズバリ

「良い所を意識的にみる」事が
とっても重要です☆。


そんな事いったって

ほめる所なんて見つからないもんねー

という場合があるでしょう。

あーありますとも。

それはズバリ

無意識にマイナスに注目しているからです。

それは防衛反応であり、人間の本能の行動です。

この人は安心か、安全か?を無意識に観ているのです。

そういう場合、相手も「この人警戒しているな」と察知します。

人間って凄いですね  

何か苦手だなーという人と話している時には、おそらく顔に出ています。

相手は無意識に「あーこの人私に心を開いていないだろうな」って思ってしまいます。


その場合どうしたら良いか?

「意識的に良い所を観るのです☆」

意識する事で、今まで見えなかった
その方の良い所がもしかすると

見つかっちゃうかもしれません!!


意識的に良い所を観るようにすると、身体から発する波動が変わります。

そうすると、相手も緊張を解き、心を開くかもしれません。

※注意事項があります。

無理しないでくださいね!!!

心に余裕があって、

ちょっといっちょトライしてみようじゃないか!!


と思った時で良いのです。

心に余裕がない時もあります。

なんで私、この人嫌いなのにほめなきゃいけないのよー

と損した気分になるかもしれません。

そういう時は

自分をほめてねー☆

まず自分をほめる。 寝る前に三つ良い点を思い出してください。

そうすると眠りの質があがります。

良く寝れたら、機嫌よく朝が迎えられるかもしれません。

ご機嫌だと、いつも見えなかった、普段ほめにくい人の素敵な事が

見えちゃうかもしれません!!!

「あー見つけちゃったー♫ 」という時がほめ時です。

GWは自分をホメて、心をチャージして、

苦手な人をホメられる心を育てましょう。

過去と他人は変えられないといいますが

貴方が変わると、何かが変わるかも☆

プチハッピーが起こりますように☆

今日も読んでいただきありがとうございました❤
スポンサーサイト



『ほめ方講座 : ほめ下手克服術 』

前回のブログ、『 ほめ方講座 : 当たり前に愛を 』をフェイスブックに投稿した所、友人より

「親からもあまり褒められたことがなくて、褒めるのが苦手です」とコメントを頂戴しました。

今回は、ほめることに苦手意識がある方の傾向と対策について書きたいと思います。

HappyLifeLaboの主催の講座に参加してくださった方の中で
「ほめるのが苦手、ほめられるのが苦手」と感じている方の割合は8割ぐらいです。

ほめるのが得意と自分で言える方は毎回1,2割程度です。本当に少ない。

それはなぜか???

その方々の親も「ほめるのが苦手、ほめられるのが苦手」だからです。

代々さかのぼって
「ほめるのが苦手、ほめられるのが苦手」が継承されているのです。


疾病の遺伝の場合、治せないかもしれない。

しかし、

☆ほめ下手は治せるのです☆

なぜ、それを言いきれるか!?

私デラコが☆自分で治せたからです☆

私の講座やブログは
実体験のおすそ分けです。

では、どうやって治したかについて書きます。

小野寺家は祖父、祖母、両親、次兄、全員教師の教員一家でした。

成績は良くて当たり前でした。 当たり前の基準が高いと、一生懸命がんばってもほめられません。それが子供の頃はさみしかったです。

幼少期の私は小児ぜんそくで学校を休みがちで、運動が出来ませんでした。

兄たちは成績も運動も出来、生徒会長を務める親の求めにかなったタイプで、良く比べられて傷ついたものです。

思春期はちょっとグレましたし、反抗期も長かったです。 

私がカウンセリングを学び始めたのは震災後です。学びの途中で「ほめる達人検定3級」を聴きに行き、「ほめる」事の素晴らしさを理論的に学びました。脳科学、コーチングにも基づいていて、頭にスーッと入ってきましたし、腑に落ちました。

「他人と過去は、変えられない。自分と未来は、変えられる」

というエリック・バーンの言葉があります。

私は幼少期に親にほめられてない(覚えていない)方ですが、今些細な事でも親をほめます。

母は認知症で、要介護2の判定を最近受けました。

震災後に気仙沼から東京へ移住し、おしゃべりをする相手もいず、ストレスから床にふせる時が多いです。

そういう状態を改善するのに、「ほめ言葉」には大きな効果があります。

居間に起きてきて、一緒にごはんを食べる時に背中をさすりながら

「80代が在宅で一緒にご飯が食べられて、着替えも一人で出来て、お風呂にも入れるという事はすごい事なんだよ」とほめると、

「あー、そういってもらえると嬉しい」と笑顔になります。

ほめながら食事をすると、母の食欲が改善されます。 

それをみて

「一緒に食べれて幸せだね」と言うと、「美和がいるとご飯の味が違う、より美味しい」と父が泣きながら言います。震災後涙もろくなったようです。

「お父さん、涙は身体に良いので我慢しないで泣いていいんだよ」と言うと、泣き笑いのような顔をします。

そんな会話をしていると、母のご飯茶碗が空になります。

「お母さん、全部食べてくれたんだね。安心した。」と言うと

「こんな良い雰囲気だからがんばれる」としみじみと言ってくれます。

そして調子が良い時は、後片付けや茶碗洗いも積極的にやってくれます。

「片付けてもらうと有難いなー、助かるねーお父さん」と言うと

母は、「主婦として当然だもの」と凛として答えます。


些細なちょっとした事、当たり前と思える事が、年齢と共に出来なくなりますが、気分が良ければモチベーションが上がり、行動変容が起こるのです。


私がほめる達人になったら、親もホメ上手になりました☆

身体にフィットしたワンピースを着て洗物をしていた時に母が、「あんだなんとスタイルよいごど(あなたスタイルいいね)」と後姿に向かってほめられました。

「あら、そう?特になにもしていないけんとも」と応えたら

「そんで、生き方が良いんだね!」と言われました。

生き方ホメ~☆

めちゃくちゃ嬉しかったです。

ほめ達一級の面接で、「最近ほめられた話をしてください」と言われ、この事を伝えたら
理事長の西村氏に「鳥肌がたった」とほめられました。

ホメ上手は伝染るんです。

親にホメられた来なかった方は、親をホメられないし、自分をほめるのも苦手の傾向があります。

まず自分をほめましょう! 自分の良い所を寝る前に三つ思い出しましょう。(睡眠の質が上がります)

すると徐々に人の良い所も見えてきます。

愛を持って観察すると、当たり前の中に沢山素晴らしい事が隠れています。私は最近素晴らしいが口癖になりました。

発見して、心が動いたら、表現してみてください。

良い所を見て伝えると”場”の空気が変わってきます。 そしたら苦手だった、「家族ほめ」もしたくなるかもしれませんよ!

「無理は禁物です」

心が動くまで、待ちましょう。 


今後の「ほめ方・ほめられ方講座」の予定

立川 (bond place<リンクはこちら> 様とコラボ)
5月 8日 14時~16時(13時45分より受付)  詳細はこちら
5月13日 14時~16時(13時45分より受付) 詳細はこちら

あざみ野 (Sharing Caring Culture<リンクはこちら>様とコラボ)
5月11日 10時~12時(9時45分より受付) 詳細はこちら

ブログからお申込みの方、立川会場のご参加希望の方はhappylifelabo@gmail.com まで
ご参加希望日・希望地(あざみ野・立川)・お名前・ご参加人数・ご連絡先・をお知らせくださいませ。


コラボご依頼大歓迎です。 一緒にほめ上手を増やして社会イノベーションを起こしましょう!
happylifelabo@gmail.com までお気軽にお問合せくださいませ。


今日も読んでいただきましてありがとうございました❤











『 ほめ方講座 : 当たり前に愛を 』

4月19日に「実践で身に着く、ほめ方・ほめられ方講座」を行いました。

私の講座は、ワークショップ形式により対話をベースに進めます。参加者の皆様の課題や目的を共有しつつ、テーマにそって語っていただき、意見や考え方を共有しつつ、”ほめること”に関するご質問について解説するスタイルで行います。

ある参加者の方より
「会社はそれぞれに役割があり、法務部だったら法律に詳しいのは当たり前、役職として当然と思っているのでほめるカルチャーがない。」と語っていただきました。 しかし、人間関係をもうちょっと良くしたいと感じいて参加して下さったそうです。


そこで私は以前観たNHKのプロフェッショナルの「言葉のチカラスペシャル」という特番での星野リゾート社長の話をしました。

星野氏は大学時代にアイスホッケーをしていて、厳しいリーダーだったそうです。チーム強化には練習しか道はないと、叱咤し続けたけれど、部員が育たなかった。ジレンマを抱えた彼に監督がかけた言葉は


「お前が考える七割で良しとして、ほめてやれ」
だったそうです。

それから彼は、どんな小さい事でもほめた所、チームの雰囲気が良くなってきて、念願のリーグ優勝を果たしたそうなのです。相手の良さを見つけ、ほめること。これこそがチームの大事な原動力になったそうです。

私は今精神科医和田秀樹さんの「ほめ言葉が上手い人下手な人、人をほめると良い事が起こる」という本を図書館で借りて読んでいるのですが、それにこんな事が書いてありました。


「ほめる」のが苦手な人は大きな勘違いをしています。

「なぜほめる必要があるんだ?」「出来て当然のことをほめてもしょうがない」
「とてもほめられたレベルではない」

こう考えるような人がめったに部下をほめることのない上司になるそうです。

ところが、相手は違う。

特別な評価を求めているわけではなくて、

「たまにでいいから」

「少しでいいから」

ほめてもらうと嬉しく、良い気分になったり、安心したりする。

仕事が終わらなくて遅くまでデスクに向かっている時に

「頑張っているな」と声をかけるだけでいいのです。



私は証券会社で営業だったので、ノルマがありました。

3万円台で入社しましたが、バブルがはじけ、湾岸戦争が起こったりと下げ相場祭りでした。

そんな中でも投信は売らなければいけません。チームメイトが出来ないと、連帯責任で数字を被りました。

一生懸命、休みも削って、ようやく達成しました。 数字を達成しない時のプレッシャーはもの凄かったです。

しかし、そんな中同僚と励まし合ったり、お客様の「相場が下がっているから大変でしょー」という優しい声掛けがあったからこそ4年勤まりました。 

当たり前と思われる事に対して、どうしたら良いか?のヒントを書きます。

1つは「大げさでなくていい。」でいいです。

自分にとっては当たり前と思う事かもしれませんが、新人さんとかはもの凄く努力をしてそこに到達しているかもしれません。

体調がすぐれない持病を抱えた方、家庭の事情(介護・育児)等、色々ありますよね。

その方々の目線に立ってみて想像してみると、「あ、この人がんばっているんだ。」とか、「努力している」と感じられる瞬間が訪れます。その心が動いた時に、「がんばってるね」と伝えてみる。

もう1つは、「ありのままをほめる」

字がきれいだね、時間が正確だね、アクションが素早いねとか

今、目の前にいる方の「いいところ」を見つけて、声にだして伝える。

私は常々参加して下さっている方にお伝えしているのは、

「無理にほめる必要はない。」

ということ。

ほめるとは、
「人、モノ、出来事」の価値を発見して伝える。

です。

心が動いたら、言葉にして伝える。
見返りは求めない贈り物です。

当たり前に愛を込めて、言葉を贈ってみませんか?

優しい心で見守ると、良い点が自然と見つかります。

良い言葉を話すと、場の空気が変わります。

皆様と周りの方々がハッピーになりますように☆


今後の「ほめ方・ほめられ方講座」の予定

立川 (bond place<リンクはこちら> 様とコラボ)
5月 8日 14時~16時(13時45分より受付)  詳細はこちら
5月13日 14時~16時(13時45分より受付) 詳細はこちら

あざみ野 (Sharing Caring Culture<リンクはこちら>様とコラボ)
5月11日 10時~12時(9時45分より受付) 詳細はこちら

ブログからお申込みの方、立川会場のご参加希望の方はhappylifelabo@gmail.com まで
ご参加希望日・希望地(あざみ野・立川)・お名前・ご参加人数・ご連絡先・をお知らせくださいませ。


コラボご依頼大歓迎です。 一緒に社会イノベーションを起こしましょう!
happylifelabo@gmail.com までお気軽にお問合せくださいませ。


今日も読んでいただきましてありがとうございました❤




『 有るを知ると満たされる 』

先月初めてバイオダイナミック農法のお野菜を取り寄せしました。

この一か月ちょい、せっかくだから美味しく調理したいなぁとダシもちゃんと取る様になりました。
今回は干しシイタケと合わせ出汁で戻したシイタケはカットして煮物に入れ、余りは冷凍保存しました。(時短レシピですね♪)



仲良しから頂いた京都のお出しの素ね。 バイオダイナミック野菜が来てから活用頻度が急増!
このお汁だけで煮物の味が決まります。

fc2blog_201504111234338d9.jpg



百姓農園さんのお野菜は美味しいだけでなく、美味しく活用する為の食べログのレシピも印刷して送ってくれるんですよ!!!親切というか、嫁に出した野菜への愛情を感じます❤

大根用のレシピとして、サバの水煮と大根のカレーレシピが入っていました。

缶詰ストックを調べたら、震災当時に備蓄用として買った少々期限切れのサバ缶詰が!?
早速試そうと思ったら、カレールーが無い・・・・

ガガーン

って思ったら、冷蔵庫の奥にカルディで買ったマッサマンカレーがありました

ナスと玉ねぎと大根とサバの水煮とマッサマンカレー。スリランカで食べたフィッシュカレーの様❤
付け合せは小松菜をココナッツオイルで炒めナンプラーで味付けした物です。



そのカレーを翌々日、どう変化させようかしらって思って、LAKSAヌードル風にしました。

麺はパスタだよ! ココナッツオイルと豆乳とナンプラーもちょい足し!

それっぽい味!!! ラーメンよりパスタの方がLAKSA感がでます!付け合せはスティックきゅうりとトマトの手作りマヨ+スイートチリソース)




バイオダイナミックの美味しい野菜を活用しようと努力したら、

☆ ダシをきちんと取り、冷凍保存しておくと料理のレベルが上がるだけでなく、調理が楽。

☆ 缶詰、ナンプラー、スイートチリソースといった眠っていた食材・調味料活用の幅が拡がった。

等々、

あたしったらやれば出来る子~ YDK!!!

と、新たな自分のポテンシャルが開花したのでした

不惑を過ぎても、人は成長する芽を持っているし、新しい事にチャレンジするって楽しい。

ささいなチャレンジですが、もの凄く満たされた気持ちになれたのです


食を見直したら、丁寧に生きる、生活する暮らしになってきたのを感じます。

これまで生きてきて自分には何が足りないんだ?と足りない物を満たす努力をしたり、しなかったり、

これでいいのか?を繰り返したり、そんな心にフタをしたりしていました。

思いがけず、台所整理や料理をすることで、満たされる。

それを続けてみたくなり、バイオダイナミック野菜を月一で継続する事に決めました。
今度の土曜日にやってきます。

今度は何が来るかな・・・?

楽しみにです☆  百姓農園さんのサイト<リンクはこちらから


今日も読んでいただきありがとうございました❤



『 ワークショップって何だ?その②ほめ達デラコのミッション 』

前回のブログ< リンクはこちら>では、「ワークショップデザイナーとは、コミュニケーションの場作りの専門家であり、ワークショップは自由に率直な思いを出して、「対話を楽しむ場所」である。」と書きました。

今回は、私デラコの活動の背景とワークショップで実現したい事について書きます。

現代社会は心の病が増えており、日本では毎年3万人くらい自ら命を絶っていました。1978年から2011年の推移は <警察庁の統計サイト>から参照できます。

 平成26年は自殺者の総数は25,427人で、前年に比べ1,856人(6.8%)減少し、性別では、男性が17,386人で全体の68.4%を占めています。年齢別では「60歳代」が4,325人で全体の17.0%を占め、次いで「40歳代」(4,234人、16.7%)、「50歳代」(4,181人、16.4%)、「70歳代」(3,508人、13.8%)の順となっています。(警察庁の統計より)

4月3日に閣議決定した「残業代ゼロ」制度の『成果主義』導入により現状が悪化する恐れがあります。お互いを認め合う心の余裕が失われ、励まし合う人間関係が希薄になる可能性が高まるかもしれません・・・

前職場は合併により成果主義が強まり、私は周りを助ける余裕が激減したのを経験しました。自分の職務をこなすだけで手一杯になったのです。

ほめる達人のミッションの大きな一つは、
「心の内戦を止める」です。

日本はいじめやモラルハラスメントといった見えない銃弾が飛び交い、心優しき人々が倒れているのです。本当に辛い時にSOSを人は出せないものです。でも、「この人なら分かってくれるかもしれない」という人が周りにいたら、現状は少しずつでも変えられるかもしれません!

私が宮城で活動を始めたきっかけは、被災地の自殺率上昇のニュースをFBでみて投稿主であるキャンナスの梅澤専務に連絡したからです。 牡鹿半島にあるキャンナス東北の野津さんは、東京まで上京して私のワークショップに参加してくれたり、「ほめる達人検定2級」を取得して、現地で「ほめ活動」を行っている同志となりました。


私の講座のテーマは「ほめ方・ほめられ方」です。

活動理念は
「ほめ上手を増やして
社会を良くする」
 です☆


これまで培ってきた「ほめ方」「ほめられ方」の知識・経験をお伝えして、参加者の皆様に楽しさを体験していただき、「自分自身で日々の暮らしをよりハッピーにしていく力(自律の力)を育てる」を目的としています。


このテーマの書籍は沢山でているにも関わらず、なぜワークショップ形式でやるのか?という質問を時々頂戴します。

一人で本を買って勉強する場合は、内容を覚えていく行程を自分一人で覚えます。知識を増やす為には有効ですが、
コミュニケーション上手になる為には実践が必要です。

「読む」、「見る」、「聞く」は誰でもできます。

「試す」が重要なのです!

「ワークショップ形式で行う理由は三つあります。

① 体験を共有して、良い感覚を仲間と振り返る。
② 参加者と語り合う事で、ボキャブラリーが増える。
③ 他者の意見を聞く事で、視野が拡がる。

参加者の皆様が主役です。

ワークショップはこれまでの学び方、
「出来る・分かる」教育ではなく
多様性を認め、分かち合う場所であり、正解、不正解はありません。

他者を理解することで、自分のことも理解する。

その練習の場所がワークショップです。 

この1年半の間に「ほめる」と「瞑想」をテーマのワークショップを開催して素敵な仲間と沢山出会えました。

”ほめる”も”瞑想”も、参加者の皆様と感覚を共有します。幸せな感覚、癒された感覚を共有する事で、対話の密度が深まり、新たな気づきと学びを頂戴します。 それが活動継続のエネルギーの重要な一つだと思います。

5月からは初めて他団体とコラボで育児・家族ほめをしたいママさん向けに行います。
団塊世代をホメ上手にする、ほめパパプロジェクトも企画して提案中です。 

コラボご依頼大歓迎です。 一緒に社会イノベーションを起こしましょう!
happylifelabo@gmail.com までお気軽にお問合せくださいませ。

今後の「ほめ方・ほめられ方講座」の予定

中目黒 
4月19日 9時半~11時半(9時20分より受付) 詳細はこちら

立川 (bond place<リンクはこちら> 様とコラボ)
5月 8日 14時~16時(13時45分より受付)  詳細はこちら
5月13日 14時~16時(13時45分より受付) 詳細はこちら

あざみ野 (Sharing Caring Culture<リンクはこちら>様とコラボ)
5月11日 10時~12時(9時45分より受付) 詳細はこちら

ブログからお申込みの方、立川会場のご参加希望の方はhappylifelabo@gmail.com まで
ご参加希望日・希望地(中目黒・あざみ野・立川)・お名前・ご参加人数・ご連絡先・をお知らせくださいませ。

今日も読んでいただきましてありがとうございました❤

『ワークショップって何だ? その① 』

御陰様でブログが100記事目を迎えました

今回のテーマは、現在の活動の中心になっている「ワークショップ」について書きたいと思います!

世の中に広まりつつあるワークショップですが、定義があやふやですよね・・・・?これまで学んできた内容と、それを踏まえた私のワークショップはどういう物なのかについてまとめます。

まずワークショップとはから。

英語のWorkshopとは、いっしょに何かを作る所、「工房」「仕事場」「作業場」を意味します。
ワークショップといえば、ものづくりのイメージですよね。

青学のワークショップデザイナー育成プログラムを創設した苅宿先生の定義

『ワークショップデザイナーとは、
コミュニケーション場作り専門家です。

この「コミュニケーションの場づくりの専門家」とは、どんな人をさしているのでしょうか。それは、よりよい社会を築くために、いろいろな「協働」の結び目になる人です。 』 ワークショップデザイナー育成プログラムウェブサイトより


ワークショップであるかどうか確認するための前提条件とは、

「コミュニティ形成(仲間づくり)のための他者理解と合意形成のエクササイズ」であるということ。

 ワークショップという手法を使うからには、自分と他者が存在し、他者を理解し、お互いにとっての「納得解」を生み出す、ということを目的とする必要があります。ワークショップはそのための「練習台」なのです。』


受講時のノートより 「”ワークショップは目的ではなく、方法である。」

『ワークショップとはやることが目的ではなく、

何を実現するのか?

という事が大事であり、そこをしっかりと押さえなさい』
と御指導いただきました。 

ワークショップによるコミュニティ形成はまちづくりとして、被災地や福岡の津屋崎等で活用されています。

ワークショップの第一人者である中野民夫さんはこう説明していました。

『講義など一方的な知識伝達のスタイルではなく、参加者が自ら「参加」「体験」し、グループの「相互作用」の中で共同で何かを学び合ったり、創り出したりする、学びと創造のスタイル。正しい知識を持っている人が習っている人に知識をコピーするような感覚ではなく、参加者が自ら参加する。つまり、仲間入りしていく感覚。

ワークショップの中で結論を出すとか、形にするというよりも
しっかりと話し合う。自由に率直な思いを出して、しかもそれにこだわらない。
それぞれの思いを汲みながら、一歩先に超える・・・そんな
「対話を楽しむ場所」である。

やってみる、体験してみる事が大事!  』

続く・・・・














『 瞑想の功罪 』

私は坐禅を2012年の夏から始め、瞑想は昨年秋口から新妻氏とコラボでやり始めました。

2年半取り入れて自分が感じた私信を先日ブログにまとめました。

『 坐禅とか瞑想ってどうなの?についての私信 』

ネット上で瞑想の良い点ばかりが取り上げられ、想像が膨らみますよね。
メリットの裏にはデメリットもあります。

今回は瞑想のデメリットについて書きたいと思います。

瞑想を続けると、心の声に耳を傾けやすくなり、感覚が鋭敏になります。

それに伴い、心や体の違和感に対しても感じやすくなりました。

体のこわばり(緊張?)、胃腸の重さ(食べ過ぎ・呑み過ぎ?)、騒音(ノイズ)に対する嫌悪感等
自分の心体の情報量が増えます。

瞑想というと、ストレスを緩和するとかリラックスが取り上げられがちですので、違和感に対しての感覚の上昇に戸惑いました。

苦手な人、やり方が違う人が現れた時に心臓がバクバクする様になったのです。(私の場合ね) 

心が拒否をするというのだろうか?

それに伴い、私はNoとキッパリ言える人間度数が上がりました。

以前は断りにくい性格で無理に引き受け、メンドクサイと思いながらやったりしていた事もありました。

震災後、カウンセリングを学び、生き方を見直している時に出会った坐禅・瞑想のおかげで
人を癒すだけでなく、自分を癒す術、守る術が身についてきたのだと思います。

自分の言葉に覚悟や責任を持てるようになったのです。 

恐らく私の変化により、「冷たい」「こんな人だと思わなかった」と思う方もいらっしゃると思います。

しかしメンタルを扱うプロの道を歩むためには、セルフマネージメント(自律の力)がとても重要なので
少しでも波動が下がりそうな事象から距離を取るスキルが必須です。

言葉に責任を持って発せるようになったからか、「説得力がある」とホメられます

違和感に気づく(心臓がバクバク)、そして丹田を意識して深呼吸をすれば数分で平静な自分を取り戻せます。その行き来の感覚が、継続により短くなります。 

継続が大事!


明日は広尾で3種の瞑想体験ワークショップを行います。
まだお席ございます。

詳細はコチラ

5月の予定は17日にモーニングセッション。30日にイブニングセッション(16時~)を行う予定です。


今日も読んでいただきましてありがとうございました❤
デラコ

『新講座にチャレンジします! 「実践で身につくホメ方・ホメられ方講座:基礎編」のお知らせ 』

4月19日中目黒で「実践で身につくホメ方・ホメられ方講座:基礎編」というタイトルで新講座を
開催します。

本講座はミニ講義(ほめ学、心理学・脳科学・栄養学)、ワーク実践、リフレクション(振り返り)から構成。ほめる事の楽しさを学び、実践する場です。

<内容>
受付9時20分
開始9時30分 
ほめ学、心理学・脳科学・栄養学をベースとした講義 
(実践ほめワーク)
口癖にしたいホメ言葉
ほめボキャブラリーを増やそう
ほめられ方 

振り返り+アンケート記入
11時半 終了
12時に撤収予定

これまでの「ほめトレワークショップ」との違いは、ほめメソッドをお伝えする時間を若干増やします。理論から入る事でホメるのが苦手な方も取り組みやすい場にしたいと考えております。

 イベント詳細・お申込みはこちらから

ほめ脳スイッチをon にして、5月病に負けない自分を作りませんか?
5月は川崎市と、立川市でママさん向け、その他「パパさん向け」「団塊世代をホメ上手にするプロジェクト」企画が進行中です。

homehomeR先生お手本


2015年は「ほめほめロックプロジェクト」を立ち上げ「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に

”ほめる”をテーマにしたワークショップを色々な方を対象に行っております。

・キャンナス東北とコラボで宮城県牡鹿半島の仮設住宅にお住まいのご老人方、医療支援スタッフ向け
・オーガニックマーケットAOZORAのチームビルディング
・大学生の方23名様に対して初の学生さんを対象としたもの
・猫町読書倶楽部様むけに90名(サブファシリテーター9名様とチーム)


昨年と比べて対象ターゲット、参加人数、コラボ開催と、御陰様で活動の幅が拡がってきています

メインのファシリテーターをしたものだけでなく、ほめほめロックメンバーのサブファシリテーターとしても2回行いました。
同じ理念を共有する仲間達が増えてきて、本当に嬉しいです


2013年10月にデビューして以来、回を重ねるごとに、「次はこうしたい」というアイデアが湧き、参加して下さった方からのフィードバックが励みになり、述べ参加人数が先週末で300人を超えました。

参加してくださった皆様が一回でも誰かをほめたら600人が笑顔になっちゃうかも~と想像しただけで
ワクワクしてしまいます





講座・ワークショップのご依頼・お問合せは happylifelabo@gmail.com まで

今日も読んでいただきましてありがとうございます❤ 





『 4月11日3種の瞑想体験ワークショップのお知らせ 』

4月11日に瞑想家・ヨガインストラクターの新妻氏とコラボで3種の瞑想体験ワークショップを行います。
昨年秋口から始めて、今回で7回目になりました。 終わった後に毎回反省会をして、次の改善点を話合う事で、ちょっとずつ進化しているのを感じます。

新妻氏に3種類の瞑想体験ワークショップでは
導入のヨガ、瞑想実践、振り返りを3種類行います。
この機会にご自分にあった瞑想スタイルを見つけてみませんか?

坐禅と瞑想を取り入れた後の変化について気になる方は
こちらをご参考にしてみてくださいね。
『 坐禅とか瞑想ってどうなの?についての私信 』


詳細・申込みは下記サイトからご参照いただけます。
瞑想体験ワークショップ



何かご不明な点等ございましたら、お気軽にhappylifelabo@gmail.com迄お問合せくださいませ。

デラコ
プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ