FC2ブログ

『 ほめる達人検定てなんだ? 』

8月28日は15時から21時まで「ご近所ラボ新橋」にてマスターとして待機します。

対話のイベント2回
15時半~16時半 「ほめカフェ」

19時~21時 「ホメホメ☆ナイト」

よろしかったら遊びにきてね。 無料です。 麦茶もあります。

おかしの差し入れ大歓迎~♫

港区新橋6-4-2きらきらプラザ新橋1階
ご近所ラボ新橋 <HPはこちら>



ほめる達人検定1級をいただき、まもなく丸1年になろうとしています。

fc2blog_20150828113252c98.jpg

一般社団法人日本ほめる達人協会 <HPはこちら>

初めて、「ほめ達」と出会ったのは3年前の今頃、私は女性向けビジネススクール・アイムパーソナルカレッジに入ってカウンセリングを学んでおりました。

当時、ほめ日記の宿題が出ました。 

A4のプリントアウトにね

「私の長所」を書いてみましょう(長所は素晴らしい才能です)  20個

「私の好きなこと」を書いてみましょう(好きなことは能力です)  20個

「身近な人の長所」を書いてみましょう 12個

等々・・・ (その他に4つ問いがあいますが、著作権にひっかかるとアレなので割愛します)


これが2週間毎日なんですよ~ 

ほめ達になる前のデラコは、褒めるのは得意まではいかなかったですが

「そのシャツ素敵」とか、 「そのピアスかわいい」とか外見ホメは直ぐにいえる人間でした 

しかし、自分の長所になると

さっぱり思いつかなかったのでした~ 

せいぜい5つぐらいよ ぺぺぺっと書けるのは

恥をしのんで当時2012年6月28日に書いた私の長所一覧

フレキシブル、頭の回転が速い、決断力がある、前向き、冷静、物知り、筋が通っている、非があれば認める。

8個でした・・・・ それでもひねくり出したのです~ 

私の好きなこと

吞みに行く、冒険、寄り道、御買い物

今も全く変わりません

が、死の体験旅行をして物への執着が薄まったからあまり買い物をしなくなりました。

死の体験旅行 <HPはこちら>

提出してチェックされるのかと思って、めちゃめちゃ困った私は「ほめる」で検索しました。

(結局提出はしなくてよかったの  )

そしたら一番トップに「ほめる達人検定」というサイトが表示されたのです。

「何これ面白そう」と開いてみました。

「ほめ達!」とは、目の前の人や物・商品やサービス、起きる出来事などに独自の切り口で価値を見つけ出す『価値発見の達人』のことです。

アイムパーソナルカレッジの宿題の一つに「今週のイベント」という課題がありました。

「毎週ドキドキやトキメキを自分にプレゼントする。」という課題です。

これまでやったことない事
行った事のない所へ行くことで


自分のキャパシティ、世界、スケールを広げる。

学びの場を自分で作りなさい
という教えでした。

それらにより、

「チャレンジ精神、行動力を鍛え、フットワークを軽くし、出会い、チャンスをつかむ握力を鍛えなさい


と企業経営者である校長先生の叱咤激励が初日に入りました。

それを毎週提出して、印刷されて皆に回覧されるんですよ~ 

私は行動力があると時々褒められるのですが、 アイムのこの課題でかなり鍛えられたのだと思います。

アイムパーソナルカレッジ <HPはこちら>

その宿題のネタにもなるし、ほめボキャブラリーも増やせそうだぞと

私は空かさず検定を申込みました。 直近の講座が満席だったから実際に受けたのは2012年12月8日

そこで西村理事長の言霊パワーの洗礼を浴びまくって、「この教えは大切だ」とインスパイアされて、ほめ達の道に入っちゃったのです。

「ほめ達」と出会って、私の人生はとても面白くなりました。 
人生予測がつきません。

沢山の素晴らしい出会いがありました。

「ほめる達人カウンセラーです」と自己紹介すると

デラコさんはほめちぎるんですか 

ほめ殺されるんじゃないか 

と、胡散臭がられます。 

直接言われた事もあるし、 SNS等で書かれた事もあります。


しかし私は全く気にしていません!

なぜならば、

その方々はご存じない。

ご存知ない方にお伝えするのは、ほめ達の役割の一つ!

この機会に理念についてご紹介させていただきますね 


ほめ達検定1級の資格内容にふさわしい考え方と行動

・すべての人の可能性と成長を信じる。
・つねに学び続ける。
・すべての出来事は必然・必要・ベストと考える。
・人間力の向上に努める(ほめられた方が嬉しくなる人間性を身につける)
・「ほめ達」の普及に協力・努力する。


ほめ達とは

「人」や「モノ」(商品・サービス)・「出来事」などに独自の切り口で価値を見つけ出す「価値発見の達人」


ほめ達検定とは

すべての人、特に経営者・リーダー・親たちが「ほめ達!」となり、日本の心の内戦を終わらせるプロジェクト」


私がほめ達の道を進んでいるのは、東日本大震災後の東北の自殺者を一人でも減らしたいと考えたからです。

時々東北に行って、「ほめる」をテーマにワークショップをさせていただくことにより

参加していただいた方、そのご家族、ご近所の誰かがきっと笑顔になれると信じて活動しております。


来年の夢・目標は「ほめ達人認定講師」になって、開催されていない故郷宮城県、岩手県(県北気仙沼出身だから故郷のようなもの)で

東北弁で「ほめ達3級セミナー」をする事です。



今週の土曜日8月29日から認定講師の学びが始まります。


人に話すと夢が叶うと言いますね。

応援よろしくお願いします。

今日も読んでいただきありがとうございました❤












スポンサーサイト



『 瞑想をする理由 』

ほめる達人カウンセラーデラコの生業の一つはワークショップデザインです。


青学ワークショップデザイナー育成プログラムの授業で出会った
ワークショップの定義(中野民夫先生)

「講義など一方的な知識伝達スタイルではなく、参加者自ら「参加」「体験」し、グループの「相互作用」の中で何か学び合ったり、創り出したりする、双方向的な学びと想像のスタイルである。」

私は震災後にカウンセラーの道に進もうと、昨年産業カウンセラーの資格を取りました。

一対一の傾聴の訓練をその時にガッツリとしましたが、

根がおしゃべりなもので・・・

人の話を集中して聴くのがいかに難しいかを体感しました

自分との主観がニョキニョキと出てきて・・・
つい分析しちゃうからです

むいてないかも~って悩みましたわよ。 

愚痴聴くのも好きじゃないし・・・・ 

悩みや課題を真摯に訊く為に、修行・研鑽してますよ 

今回は自己研鑽の一環、「瞑想をする理由」について書きます。



カウンセラーを志して3年半、坐禅をやり始めて丸3年、瞑想のワークショップをやり始めて間もなく1年が経とうとしています。

何故瞑想をするのかというと、
「自分の感情を捕まえる」訓練の為です。

カウンセリングをしても、ワークショップをしても、自分の感情は激しく動きます。 

感情が動きながら、人の話に集中するのは、いかに訓練を積んでも難しいです。

一度動いた感情が暴れだすと、目の前の人の話が聴こえなくなります。

自分の感情から発した、
思考にフォーカスしてしまうからです 



瞑想を継続すると、自分の感情がより鮮明になります。

なので、違和感の感度もメッチャ上がります。

そうなると、捕まえやすくなります。

今まで見逃していた 小さなモヤモヤが

大きなモヤモヤに変わる為です☆

心の声が大きくなるのです。

自分の感情が動いたら、瞬時に捕まえられるようになりました☆

ワークショップ中に「おや・・・心がざわついた。」とか、「うーん、それはどうかな?って否定入った」とか、

自分の心が俯瞰しやすくなりました。

対話の場で参加者の発言から感情が動く

  ↓

俯瞰する
  ↓

会話にフォーカスを戻す

  

が無意識に出来る様になってきています 


ワークショップデザイナー仲間や、カウンセラー仲間が応援してくれていて、自分主催のワークショップに度々参加してくれた際に、学びを共にした仲間目線の建設的なフィードバックをいただきます。

先月港区ご近所ラボ新橋にてホメラボをやった後、青学WSD同期でチームも一緒、参加者として誰よりも回数を多く観てくれているWっちから、

「デラコさん、聴けるっていうか、参加者の話を待てるようになりましたね~」とほめていただきました 

カウンセリング、ファシリテーションをする上で、

自分の感情と向き合う事を、最優先にする事が

結果的に、対話の場の質を高める

事を、経験とフィードバックから気づきました。

女性なので、ホルモンバランスや体調の影響から、集中力に影響が出ることもあります。

そのコンディションを整える上で、私は瞑想や坐禅が自分には合っていると思います。


瞑想の質を高めるには、質の高い瞑想を体験するのが近道です。

協働相手であるヨガマスターの新妻さんの手ほどきによる瞑想は、参加者の方から素晴らしくて筆舌に値しないというコメントを頂戴しました。 

自分の心と向き合いたい方におススメです。

今後の3種の瞑想体験ワークショップの予定は
8月30日(満月)
9月13日(新月)
9月22日(祝日)モーニングセッション
9月28日(満月)

新妻さんと月のパワーを味方に、自分の心と対話してみませんか? 

参加者の方の声・お申し込みはコチラから
<3種の瞑想体験ワークショップ>

モーニングセッションの様子です。
樹と繋がってパワーをいただいてます。 大木ってすごいパワーなんですよ。
樹と交流できる人間になりつつあります (ちょっと変態なコメントですね  )

fc2blog_20150827125422709.jpg

ヨガマスターの新妻氏
すっかり樹と馴染んでます。 あたしはまだまだです。

fc2blog_20150827125437ffa.jpg


月のパワーと、樹のパワーを両方頂戴している図  (雰囲気だけご堪能ください)

fc2blog_20150827125401d2e.jpg

今日も読んでいただきありがとうございました ❤ 

『 願望成就? 』

私は最近悩んでおりました 

東北人だがら~ 人生の半分以上を住んでいながらも
東京の夏が苦手で、眠りが浅くなり、何回か目が覚めてしまい朝寝坊が続いていたからです。

今フリーランス風に好きな時間に起きて、好きな時間に、好きなことで働いているので

何時に起きなければいけないという縛りがありません。

誰にも気兼ねする必要はありません。

自由なんです。

しかし、長年のサラリーマン人生

「これではいかん とういう世間の常識との比較が自分を苦しめておりました。


実は、この夏ずっとそんな感じだったから睡眠の質がイマイチでした。


しかも、私が目覚めるキッカケは

尿意だったのです。


ババくさーい  

と思って、これにも悩んでました 

寝る前に麦茶とか、白湯とか飲むから

身体が正常に機能してくれているだけなんです!

代謝が良いと捉えたら、悩みでもなんでもないんですよ。

起きる時間が3時台だったら迷わず二度寝であまり悩まないんだけど

6時ちょい前の時は

「もうちょっと遅かったラジオ体操やるのに」って思いながら二度寝しました 

ここ3日ばかし5時50分近辺に目が覚めていて、ちょっと辛かったです。

そういう反面、私はずっと前から早起きな人になりたかったのです。

長い人生、何回も6時起きの習慣化にチャレンジしては諦めていました。

しかし、今朝は違いました。


5時50分に目が覚めた時に閃きました。

「アレっ もしかして願いが叶っている!?   」と思えたのです。 

尿意による睡眠の中断を

長年の願い、 目覚まし不要の早起きと捉えてみたら

嬉しくなっちゃって   イエーイと

思い切って布団を上げて、起きちゃうことにしました。

お目ざに温めた豆乳を吞み、 ラジオ体操もやりました。 

睡眠時間はめっちゃ短いんですが、 気分はとっても清々しい。

意外とショートスリーパーなのか!? 


今朝はそんなフレッシュな気分でブログを書いちゃいました。

単純ね~  


いやー 発想を変えるって大事ですね!

今日も良い一日をお過ごしくださいませ~ ♫ 






『 思い込みは失敗の元 』

前回は『失敗の捉え方』について書きました。

そういうテーマで書きながら、先週は失敗を二つほどやっちゃいました。

どちらも経験を過信した故に起こりました。 深夜に自戒を込めて書きます。

一つ目

朝っぱらに父の電話で起こされ

「美和、冷蔵庫が熱くなってアイスが少し溶けてるんだ

「コンセントの抜き差しでどう?(寝起きで不機嫌デラコ)」

「近所の電気屋さんとか来てくれないかなぁ。一回ちょっと見に来てくれろ 

「抜き差しで直らなかったら、買い替えだよー 私いっても直せないもの。ヤマダ電機に寄って発注した方がいいよ。」 

当時猛暑続きだったので、「これやマズイ」と早合点したデラコ

しかし父上から

「良いから一回きてみてけろ 

と言われる。 

実は一度真夏に冷蔵庫が壊れたことがあります。

風呂上りに冷えた牛乳を呑もうとしたら、口に入れた瞬間にぬるかったのだった・・・

結構ショーゲキで、ふいちゃったかも  

私の脳内シュミレーションでは

「多分冷凍室の中のアイスや氷は溶けてべしゃべしゃに違いない・・・保冷剤をいっぱい持って行ってみるか」でした。

そして親の家の冷蔵庫は、震災後に赤十字からもらった「避難者パッケージ」で頂戴した外国製の2ドアの安そうなものなのです。

安っちーやつだし、4年経過してるし、外国のだから壊れやすいんだろな?と思い込んでました。
 (ビッチな考え方ですね・・・反省)

一応スマホで「冷蔵庫 熱い」で検索してみたら、中を冷やす為に側面が熱いのはしょうがないと書いてありました。

もしや・・・ そういうオチだったりして・・・と思いつつ親の家に向かいました。

着いて冷蔵庫の中身を確認してみたら、それなりに冷えている。

「お父さん、こんなもんじゃない? 

「さっき氷が溶けてて、壁がこんなに熱くなってるんだぞ」

「気温が高くなると、中を冷やす為に冷蔵庫の側面が熱くなることもあるんだって」とネットの浅知恵を父に伝授すると、納得してくれました 

恐らく母がアイスをつまみ食いして(ピノみたいな袋入りのやつ)、閉めが甘かったのでしょう。

そんなことを考えたら、父がかわいそうになり優しい気持ちが戻ってきました。

「お父さんの一回観に来てくれという判断は正しかったね! 良かった良かった」と褒めました 

いや~危うくヤマダ電機に冷蔵庫買いに行く所だったわ~あぶないあぶない 



二つ目は、アラフォーの友人が合コンの翌日に吞みに誘われたとFBに投稿して、それはめでたいと思ったら、なんとなく行く気がしないとつぶやいていたので、年長者として「誘われる内が花、そして花の命は短い。一回行ってみるべし」とコメントをしてみました。

相手が強引に誘って来たそうで、仕方なく彼女が待ち合わせ場所に行ってみると

ななななんと、会うなり

「仕事で汗かいたから、コンビニでお酒とか買ってホテルに行こうよ」

と、のたまわったそうなのです~ 

聡明な彼女はその場で別れて、無事に帰ったそうです。

そんな色々なプロセスをすっ飛ばした人間に遭った事無い~ 

彼女は、連絡をもらった時から直感的に嫌な物を感じていたそうです。 

直感って大事なのよね~

世の中色々な人がいますね 

もー 私不用意にアドバイスいたしません。 

親のピンチの時は、あーだこーだ言わずに急いで駆け付けて、不安を軽減させます~


反省をバネと教訓に

人生は続く・・・


今日も読んでいただきありがとうございました。











『 失敗の捉え方 』

昨日青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラムの同期と仲間達による、「大人の学級会」というワークショップに参加しまして、『失敗』とはについて自分なりの考察をまとめます。

メインファシリテーターである同期は小学校の現役の先生なので、仕切り、説明共に小気味良く、ワークの下準備もきちんとしていたし、刺激を受けました。

私いつもゲリラライブなのでね  ふふふ  

集まっている対象は主に教育者や教育に興味がある方々。

日々学校の中で、先生たちはどんな思いをもって子どもたちと向き合っているのか、 学校の外の社会では、子どもたちにどんな期待と関心を抱いているかを 立場の違う参加者同士で話し合うことで、未来を作る子どもたちとの関わりを見つめ直すのが、この会合の目的でした。

昨日のテーマは「失敗は本当に必要か?」

イベント紹介ページよりテーマをご紹介

あなたの働く場面における失敗とは?
失敗を通して学ばせたいことって何?
本当にどんな失敗でもいいの?
目の前の生徒の失敗、部下の失敗、本当に許せる??

などなど、『失敗』について考えてみることで、学校教育のみならず、いろんな段階の学びに通じる新発見がありそうです。

グループディスカッションで幼少期の失敗を振り返ったり

『失敗の必要性」を話し合ったり


『失敗を怖がる子供への声掛け』を考えたり

『失敗』についてを真面目に考える時間になりました。そういう時間初めてかも。

------------------
子供にとって失敗が要るか、要らないか

色々な意見があると思います。

失敗しないように色々と細かく情報を教える先生や親御さん

子供のポテンシャルを信じて、あえて見守る先生や親御さん

上手く行かなくなりそうな時に、つい手を出しちゃう先生や親御さん

何が正しいという正解はありません。

昨日話をしていて、大人が失敗を怖がっているんじゃないかな?って思いました。

子供に失敗をさせたくないわけ

親の場合
世間体
結果を焦る・待てない(忙しい)
都合が悪い(めんどくさい)
お金がかかる(怪我・受験等)

先生の場合
自分の評価が下がる
親からのクレーム
メンタルケアが難しい(自分と子供)
待てる余裕も時間もない
(熟すべきカリキュラムが多すぎるからね)

あと、自分が持っている過去の記憶ゆえに、同じ思いをさせたくないという優しさもあるかもしれないですね


『失敗』をどうとらえるか・・・・

私のモットーは
Try and Error, Research and Development です。

先ずやってみる所から始めます。 そして大体失敗します。

失敗を前提としてやります。

そして、その後何が悪かったか調べます。

そして改善方法を自ら開発します。

自ら開発するっていったって、人に訊く事もあります。 あーありますとも。

で、聴いた後にやってみて、出来る様になって、人に教えられる所まで持っていきます。


人に教えられる所まで持っていく。

アウトプット、これが大事。


頭で分かったつもりでも、やってみなければ本当にそれが上手く行くかは分からない。

そして、頭で分かっただけの事は説得力がない。 なので、なんというか薄いというか、浅い知恵なんです。

浅知恵ってあまり役にに立たないですよね。

失敗を経て、それを乗り越えた経験が身に着けておくと、後世が私の所に訊きに来てくれた時に

「それはこうするやり方もあるよ」と人生の引出から取り出せる。

それが役に立つかどうかは分からない。 

でも、いつか役に立つかもしれない。

私は前の職場はPCのソフトウェアのインストラクターとコールセンターだったので、もーやってなんぼの世界でした。

リリースしたばかりの製品のβテスト(試作)をお客様にお願いする時とかは、エラーが出るのが当りまえ・・

当時はめちゃくちゃ辛かったんだけど、それでメンタルが鍛えられ

雑草魂を持てたかもしれない。

なので、私のチームで育った子達への私の指導は厳しかったと思う。 

とりあえずやってなんぼじゃー

と、激を飛ばしていたから。

でも、皆逞しく良い子に育ちました。

先ずトライしてもらう、良い所はホメる。 できなかった所は考えてもらいながら、ヒントを上げる。

そんな感じが結局お互いの為になるような気がします。

話がそれましたが

『失敗」については、辞めなければ失敗ではないと思います。

『失敗』する事で、二度と起こさないように真剣に考えるから工夫する力がつく。

実際に苦労して乗り越えたから説得力がでる。

経験値を積める。

そして、失敗を知らない、心の傷・痛みが分からないと
傲慢になってしまうかもしれない。

まあ、なんでもソコソコに出来る優しくて優秀な方も中にはいるかもしれないけどね。

効率が良い道もあるかもしれないけれども、自分の手足や頭を使ったからこその達成感があると思うのです。

『失敗』や『リスク』を避けるために

知識として頭で理解することも大事。

想像する、イメージトレーニングも大事。 

そもそもやらないで、リスクを取らないという決断も大事。

ただし、~したい。 ~してみたいという気持ちには正直に。 

準備が整ったと感じたら、踏み込んでみる☆

一番大切なのは

本人の自主性を重んじて、
見守る覚悟と信頼の気持ち


自分に置き換えると、失敗を大小様々経験しています。

すると、他人の失敗に優しくなれるのです。

私は電車で良く寝るので、酔っぱらって肩をお借りしてしまった事もあります。

なので、誰かが寄りかかってきても、

どーんと来いと受け止めます 

終点で寝てる人は基本起こします  

車庫に入りそうな電気の消えた電車で乗客さん達に起してもらった事もあるからね 

お酒での失敗もいっぱいあります・・・・

あ~ ありますとも

人間だもの

自分の失敗を許すのが一番難しいかも~

『失敗』を成長・進化のプロセスと捉える。

チャレンジしたから失敗するのだ。

『失敗しない、チャレンジのない人生なんてつまらない』

死んじゃう以外は、全ての事が経験



右手首靭帯のギブス写真 かれこれこの10年テニスとサーフィンで3回やっちゃってます。
懲りないわたし・・・ (今は治ってるけど、テニスとサーフィンお休み中)

fc2blog_2015082022074538f.jpg

人生は続く・・・ (いばや風)
















『戦後70周年に想う ”正しさと正直さ” について 』

戦後70周年に伴い、今年のお盆は特別な一週間を過ごした感じがしました。平和を祈りたい気持ちに反して、安保法案の衆院通過等、考えさせられる事が沢山起こったからかもしれません。 

今回のブログは、「平和とは?」何かを考えさせられたイベントの中での気づきについて書きます。



fc2blog_20150817130349d8e.jpg
終戦記念日翌日に見た平和の象徴、白いハトの様な雲

坐禅会で月1お邪魔する円融寺さんにて、
戦後70周年 特別企画  わだつみを越えて 
~戦場の父から届いた254通の手紙~というトークイベントがありました。

坐禅会の1回目からほぼ欠かさずに参加している檀家さんの鈴木さんのお父上は太平洋戦争開戦直前に召集されたそうです。当時鈴木さんは小学校に入ったばかり。妹さんと共に可愛い盛りでした。幼いわが子を想いながら、激戦地からの手紙は総数254通。貴重な紙には子供達に分かりやすいようにひらがなやカタカナを使い分けながら、可愛らしい挿絵と共に思いがしたためられていました。一通一通丁寧に丁寧に、誤字・脱字も一切なかったそうです。

このような貴重な手紙を是非遺すべきだと「わだつみを越えて」という本を作られたそうです。

本を読む鈴木さん。
fc2blog_20150817125917bb8.jpg

悲惨な戦場を想像させないユーモラスな文章を、微笑みを浮かべながら読む鈴木さんと、温かく見守るご住職。
小学校の先生だったそうなので、読むのもお上手でした。

fc2blog_2015081712594177f.jpg

展示された現物のお葉書(一部)
fc2blog_20150817130050f05.jpg

目黒まちかど通信にもご紹介されていました。
戦後70年の夏!いま伝えたい、戦場の父からの254通の葉書に込められた家族への思い。

トークショーの中で、ご住職が

特に戦時中は、 「正直さ」よりも「正しさ」がより重要視され、個人の素直な気持ちは封印しなければならないような風潮だったと思います。

「 国同士がそれぞれ正義を振りかざし、 「正しさ」を主張することで争いを深めてしまうのです。
「正しさ」が「正直さ」を抑圧し、いつしか「正気」を失うのではないか」とおっしゃっていました。

大切な家族を戦争に行かせたくはないという正直な気持ちが、国家・世間の「正しさ」に封印されてきた当時の日本。

正しさのモノサシは、人それぞれに微妙に異なります。

自分の正しさで人を測り、「これが正しい」と訴えても伝わらないことがありますね。

「正しさ」を主張し合うより、正直な気持ちに耳を傾けあう。

耳だけを使って言葉を音として聞くのではなく、心も使って言葉の意味を感じながら聴く。

それが平和・和解への道につながるのではないか

聴く姿勢を見せれば、相手は心を開くと思います。

まず自ずから改めてみたいものです。


今日も読んでいただきありがとうございました。

『 言葉力 (否定的な言葉の怖さ) 』

私の生業の一つは、ワークショップデザイナーです。

ワークショップとは講義など一方的な知識伝達ではなく、参加者自ら「参加」「体験」を通して、グループの「相互作用」の中で何かを学び合ったり創り出したりする双方向的な学びと想像のスタイルです。

だまって聴いてると眠くなっちゃうからね! 

私のワークショップは指しまくるので、眠くなりませんよ☆ ふふふ 

ワークショップを作るだけでなくファシリテーションもするので、勉強を兼ねてよそのワークショップも観に行きます。

今日はてんつくマンさんのHANAHANA LANDに行ってきました。

芸人が生み出すワークショップはすごい! もーねー、うなっちゃう。

完全なエンターテインメントです。

てんつくマンさんはアンソニーロビンスのコーチングとかも学んでいるので、そのメソッドも取り入れています。

しかも安い! 来月2期が終了し、3期が始まるようです。 <HANAHANA LAND>

今回のテーマは、「言葉を制する人は人生を制す!」

コーチングの神、アンソニー・ロビンス曰く

「ほとんどの問題は言葉から始まる」

そうです。

車に引かれた → 最悪 → どうしよう ・・・

と、最悪というキーワードを発すると脳はそこにフォーカスしてもの凄い勢いで最悪にまつわる情報を検索し始めます。


車に引かれた → チャーンス (こんなこと言う人中々いないけどね) → 骨出てないラッキー → 救急の人がイケメーン❤

と、発する言葉を変えると入って来る情報が変わってくるそうです。


ネタバレになるとアレだから、細かいワークのご紹介はしませんが・・・

今回の人体実験はとっても面白かったので、それだけご紹介させていただきます!


言葉が身体に与える影響 Test 

① まず普通に前屈をします。

結果
デラコは指が5本つく程度な感じね

② 次に、

ムカつく~ を10回連呼してから前屈をします。

結果
5本指がつくんだけど、太ももの裏の筋肉にコワバリが発生します。 

本番のワークの時は「疲れた」でやりました。

その時にね、あまり違いが分からなかったのです。 

しかしね、 「ムカつく」でやったら変わりました~

③ セルフハグをしながら、自分に心をこめて

「大丈夫」と心をこめて10回言う。

その後前屈したら掌がぺったりと床に着いたのです~ 

ホ・オポノポノって知ってますか? 

「ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしてます」と唱える心のセルフ・クリーニング術です。

④ 通常は主語はつけないけど、大切な人(含む自分)でセルフ・ハグしながらやってみましたら

柔軟度が上がった気がします。 

そしてちょっぴりウルっと来ちゃった。

これはもしかすると、嫌いな人、苦手な人でやっても良いかもね。

愛してますが抵抗あったら言わないで良いと思う。


このメカニズムを脳科学的に説明してみましょう。

なぜに「ムカつく」で身体は固くなるのか?

ネガティブな言葉により、脳は不安なときに出るストレスホルモン「コルチゾール」を分泌します。

コルチゾールが出ると、血流に影響が出ます。 すると血管が収縮し筋肉も委縮するため固くなるのです。

ストレス状態の時に脳溢血、心臓発作等が起こりやすくなるのはコルチゾールの影響が考えられます。

では良い言葉を発すると何故柔軟性が上がるのか?

良い言葉を発すると自然とリラックスするのは、セロトニンが分泌されて筋肉の緊張が緩和されるから。

セルフハグをすると、オキシトシンが分泌されます。

脳科学の権威、有田秀穂先生の投稿より <リンクはこちら>

オキシトシンとセロトニンは関係していて、オキシトシンが分泌されるとセロトニン神経に影響を与え、セロトニン神経も活性化されます。オキシトシンとセロトニンが十分に分泌される生活は、心の疲れを癒し、心に充足を与えてくれるのです。

誰かの悪口、批判を言いがちな方、身体に不調はないですか?

無意識に発していて、自分では気づいていないかもしれませんが、身体は正直です。

オキシトシンはダイエット効果もあるそうですよ。

ネガティブな言葉は自分も周りもコルチゾールを分泌させます。 

ポジティブな言葉は自分も周りもハッピーホルモン、セロトニン・オキシトシンが分泌されます。

もしも自分や周りが風邪をひきやすいとか、病気がちな人が多いと感じている場合

発する言葉を注意してみてね。

ちなみに私はインフルエンザのワクチンをしばらく打ってませんが、ずーっと罹ってません。

風邪の治りも早いですよ!

常に人の好い所にフォーカスして、褒めると

自分も周りも笑顔になります。 

するとセロトニンが分泌されるから、免疫力が自然とアップするんですよね!

言葉の力を侮っちゃいけませんよ~

貴方のセンスをハッピーになる為に使いましょう☆

今日も読んでいただきありがとうございました❤ 


『 喪失感と向き合うヒント 』

前回のブログをフェイスブックにシェアしたら、素敵なコメントを沢山頂戴しました。 ありがとうございます!

海外に住む長年会っていない友人が「うなずきながら読んだ」と書いてくれ、その姿を目に浮かべちゃいました


今回のブログでは、 「喪失感と向き合うヒント」について書きたいと思います。

前ブログにグリーフケアのワークの事前ルール解説の”「悲しみ比べ」をしない”について書きました。


グリーフケアのグループセッション中に「悲しみ比べ」をしないと事前に言わない場合に、

「私の方が大変だった」と張り合ってしまったり、話しづらさを感じる人が現れるかもしれません。

それを防ぐ為に「悲しみ比べ」をしないがあるんだと思います。

相手の評価をしない。
想いを認め合う。


これが、対話の基本ですね

頭の中ではどうでしょうか?「悲しみ比べ」を人は無意識にしてしまうと思います。 

私は震災当時しました。 

私の実家があった所は気仙沼市唐桑町宿浦地区というところで、7割弱が津波で破壊されてしまいました。

昨年の冬にJTBさんの気仙沼ツアーで訪れたリアス・アーク美術館で破壊された当時の近所の写真が展示してあります。
<リアス・アーク美術館> 

破壊された直後の吾妻屋旅館の傍らに我が家の写真があり、胸がキュッとしました。



家の周りはほぼ壊滅状態でしたが、我が家は基礎がしっかりしていたようで、建物自体が残りました。 色々な物が氾濫していたけれど、2階に置いてあったものは写真、衣類、布団等皆無事だったのです。 

一階がほぼグジャグジャだったけど、うちの被害は少ない方なのだと、
その時に思いました。 

両親が東京に避難後、親戚が使えるものを避難所に車で運び、活用してくれました。

その後、国が買い取り更地にしました。

自宅跡地の写真です。 基礎は一部残ってるかな。 

077.jpg


3人の子供を独立させ、悠々自適に好きな事をしながら、ご近所さん達と御惣菜、釣った魚、山で採った茸、近所の畑で採れた野菜を分かち合いながら、両親が余生を過ごしていた終の棲家は跡形もありません。


父は未だに時々泣きますし、母は帰りたいけど家がないからと毎日の様にいっているようですが、現実を受け入れて粛々と日々を過ごしています。


そんな哀しい時でも、笑えること、幸せだと感じられる事もあります。 

先日は次兄一家が上京してくれて、久しぶりに兄妹3人がそろって夕食をして喜んでいました。

辛い状況、「他所と比べたら大した被害じゃない」と自分に言い聞かせることで、耐えられる事もあるなぁと正直思います。

喪失には様々な種類があります。

大切な人、情熱をかけていた仕事、大好きなペット、火事や自然災害で家を亡くす、病気で健康を害する等々

千差万別です。

抱えている人の耐性により、感じ方、人生の過ごし方も様々。

湧きあがる感情はコントロール不可能です。

今後の人生を悲観して、やさぐれることもあると思います。

喪失に遭遇した時に

やさぐれていい

やさぐれるものだ

という、やさぐれる自分を認める事が大事だと考えます。



暴飲暴食、 何かを壊す (人に迷惑はかけないようにね)、車をかっ飛ばす(捕まらないでね)、大きな大音量で音楽を聴く(ヘッドフォンをしてね)、買い物をしまくる(お財布の範囲ね)

とにかく、好きな事をして自分を甘やかしてみる☆

自分を許し、自分で満たすことで、心が落ち着いていくプロセスを積む


時間はかかるけれど、いつか落ち着きます。

止まない雨はない。


やさぐれた自分をゆるしながら過ごしていくと 自分の中から突然に


このままでいいのかだろう?と覚醒が起こります。 

そこからは、どうありたいのか?と模索します。

答えは自分の中にあります。

どうありたいかを自分の中から見出すのです。


一度やさぐれると、やさぐれた人の気持ちを理解出来る様になります。

やさぐれた人には理解し、その行動を認め、見守ってくれる人の存在が貴重です。

私は両親が「こんな話は聞かせたくないんだけど、辛いんだ。」と言う時に

「辛い気持ちにはふたをしなくていい。辛い経験をしたんだから。 
泣いても良いんだよ。家族なんだから気を遣わないで」

と言いました。

すると、 「気持ちが軽くなったありがとう」とホメられました♫

キャンナス東北に同行して、仮設住宅の健康相談で傾聴ボランティアをした時に

「家は無事だったんだけど、外に出るのがおっくうになった。贅沢すぎるんだろうか。」と気落ちしているおばちゃんに

「辛い、しんどいという感情にふたをしなくていいんです。 辛い経験をされたんですから。人と比べないで良いんですよ。」と話したら

「我慢しなくていいの?」と言われ

「良いんです。」と伝え、背中をポンポンしました。

後程、同行した某大学の心理学の先生から、「来た時マスクして体調悪そうだったのに、あなたと話した後に笑顔が輝いていたよ。」とフィードバックを頂戴しました。 辛い気持ちを吐き出したから、その人本来の笑顔を取り戻したのだと思いました。

当時産業カウンセラーの試験直後で、結果通知はまだだったかなぁ。プロ中のプロからのホメ言葉が自信に繋がりました。有難かったです。 私もそんな風にホメられる人に育ちたい☆

喪失を得て私は、
逆境に強い人間になりたいと考えました。 

模索しながら、ほめる達人検定と出会い「事象の捉え方」は自分次第で変えられる事を学んだのです。

マイナスにフォーカスし続けるのは簡単です。 

何よりマイナスの感情に向き合う時間はとっても大切です。 



向き合った後に、どうありたいのか?を見出し、それに近づく努力をする☆

それを続けていく内に、 喪失を体験する前の自分ではない新たな自分に出会えます。

私は東日本大震災を経験する前の自分より、今の自分の方が逞しくて好きです!


喪失によって弱るか喪失を肥やしにするかは自分次第だと思います。


細かな選択により、人生は作れます。

どうありたいかは、自分で決める。

今日も読んでいただきましてありがとうございました❤ 









『 喪失と共に生きる 』

今日は東日本大震災の月命日です。

4年と5か月経ちました。 

当時は激動だったし、一年くらいは細かい記憶が飛んでます。 
なんか悲しんでいる暇もないというか、気を張って生きてきた感じです。 

先週久しぶりに、「あ、私は喪失を抱えて生きているんだ。」と気づく瞬間がありましたので、今回はその事について書きたいと思います。


8月8日は「ご近所イノベーター養成講座」の日でした。

<ご近所イノベーション学校のHP>

前回の宿題は、世の中に出回っている事例の中で自分の心が「ザワザワ」する物を選びパワーポイント2枚にまとめるでした。私は仕事旅行社さんについてまとめました。 <HPはこちら>

あこがれの職業を見学して、プロの話を聴いたり、体験させてもらう大人の社会科見学と言いましょうか・・・面白そう!私は探偵体験に興味があります

一日のカリキュラムの都合上、一人1分でプレゼンしてください。順番はアットランダムで表示された順です。と、先生に言われ画面を見ていたら、トップバッターでした 

どうしてこういう宿題及び発表があるかというと、いずれ「やりたいことを、まちにつなげる」グループによる地域活動の計画と実践という課題をする前の準備体操です。 この宿題をやる事によって、自分の興味の矛先を確認します。

全員の発表が終わった後のワークで、自分の子供の時に得意だったもの、好きだった事をA4用紙に書きだすというワークがありました。

なぜ小さい時のことを思い出すか?

人間はそんなに変わらないので、小さい時に好きだったことに触れることで自分は何が本来好きか?を思い出す。

そして、自分が本当に好きと感じる物、響くものは他人に届く。 そうする為に

眠れる自分に触れる。

そこから今の私にとって自分事に捉えられる、放っておけないものを見つけ、実現する方法を学び考える 

というカリキュラムなのです。

私が書いたリスト

・ 人形遊び

・ 絵本を読む (意外とインドア派ね)

・ 屋根に布団を干しながら、その上に寝っころがって山や近所の庭をみる。

・ 浜に行ってツブ貝を採ってきたり、野原でフキノトウを取ったり、父と山に行ってタラの芽やキノコを採るのが好きだった。

・ 近所に大きな庭と庭石が置いてある空地があり、その石の隙間にお菓子を隠して基地にしていたこと。

・ 海に行き、浮き輪で波乗りをしていたこと

・ 小学校の裏山でソリすべりをしたこと (結構急斜面で、雑木が生えてたから今思うと危険)

それらを書き終えて、何が好きだったかを手短にチーム内で発表しました。

その時は普通に発表出来たのだけれど、

突然に、取り戻せない思い出の原風景への喪失感が湧いて出たのです。

その次のワークは

「どこから来て、どこへ向かっているか」

を一人持ち時間7分間でチームの人に語るでした。 

受講生の中には実践者もいれば、この機会に学び始める方もいらっしゃいます。

ですから、事前の心構えとして

聴く人

・集中する。
・質問しない。
・内容を聴きながら同時にどんなふうに話しているか様子を確認する。

話す人

・上手く話せなくていい。
・沈黙を恐れない。
・自分の感覚に誠実に。 途中で話しなおしても良い。

がスライドで表示されました。

4人チームの中で2期に受講した運営スタッフの先輩から

「それではデラコさんからお願いします。」と指名されました。

私はその時に、多分泣いちゃうなって思ったのですがメンバーを信じて自分の想いを話し始めました。

「私は既に実施者として活動をし始めております。 私の活動のきっかけは、東日本大震災で地元が被災したからです。」

この時点で涙がこぼれたので、喪失感についてメンバーに開示しました。

「なぜウルっときちゃったかと言うと、さっき書いた子供の頃に好きだった事を思い出したら、その景色や実家はもう戻らないんだなって思ったら、急に悲しくなってしまったんです。」

と話したら、メンバーは驚きつつも、真摯に受け止めてくれました。

東日本大震災をきっかけに、東北の為に何が出来るか考え、カウンセリングを学び始めたけれど、悩みが深刻過ぎるので、対応できるレベルではないと東北に訪問したカウンセラー達から聞かされ、「まだ資格の何もない素人の私にできることは無いのかもしれない」と一度諦めかけたこと。 「ほめ達」の3級を取り、「ほめる」を親で実践し、福島の都内避難者向けにワークショップをやった事をきっかけに、宮城県牡鹿半島のキャンナス東北にカウンセラーの資格取得前のくせに勢いで連絡をして、志があれば来て良しと牡鹿半島と気仙沼でワークショップをボランティアとしてやり始めた事。 活動継続の為に都内では有料で開催しながら、青学でワークショップデザインを学んだこと、いずれ地域の人と人をつなぐコミュニティ再生に尽力したいと考え、ご近所イノベーター養成講座を受講し始めたことについて泣きながら語りました。

話した後のワークは

話し手は椅子を反対側に向けて坐り、だまってフィードバックを聴きます。

フィードバックをする側への注意事項は

・自分の話はしない
・どう見えたか、どんな感じがしたかを率直に話す
・喜ばせない
・貶めない
・日頃思っている事はいわない

でした。

どんな風に言っていただいたか、細かい点は申し訳ないけれど覚えていません。

感情が高ぶっていたのかな? あと記憶力が落ちてしまってねぇ 

しかし、感覚は残っています。

チームの御三方が真摯に受け止めてくれたこと。

その表情で、私は安心して自分の気持ちを開示する事が出来たこと。

想いを受け止めて、共感してくれたこと。

応援メッセージに励まされたこと。

カウンセリング現場と一緒ですね。 

私は6月末にThe Egg Tree Houseのグリーフケア・ファシリテーター養成講座を3日間受講しました。

資料に「喪失体験で心が傷ついている人が自分を取り戻す過程をサポートする事を目的としています。」と書いてあります。私は実家は津波で破壊されたけれど、両親・親戚は無事。 (叔父が震災直後、病気が悪化し亡くなったり、ご近所さんが亡くなったけれど)悲しみ比べをしてはいけないというのが、「グリーフケア」のワークのルールでありました。しかし、私のうちの被害は大変だったけれど、少ない方だと自覚しておりました。 というか、自分に言い聞かせてきたのかもしれない。

しかし、4年半弱たったとしても、喪失感というものは思いがけないことで、湧いてきて

コントロールできないものなのだ

という事を体感したのです。

これは、今後カウンセラーとしてやっていく上で、共感を持って話を聴く為の貴重な経験だったのだなぁと心から思えます。

私は今後も機会をつくり、ご縁のある場所へ出向いて、カウンセラーとして関わり続けるつもりです。

「ほめる」をテーマにワークショップや講座を通して元気にするだけでなく、喪失を抱えた者ととして寄り添うことが

自分の使命なのだと、改めて感じました。

喪失を抱えたものとして生きるコツは

如何に感情と折り合いをつけるか。

これは抱えた内容や耐性により、人それぞれに課題が異なります。

もしも、抱えきれない時は誰かに聴いてもらうだけで軽くなります。

4年半弱ですが、まだ胸の内を話せない人もいると思います。

私で良ろしければ、メールカウンセリング等をさせていただきます。内容によっては匿名でブログで共有させたいただくかもしれませんが、差支えあればその旨ご記載ください。

送り先
happylifelabo@gmail.com


今日も読んでいただきありがとうございます。



















『プチラッキー☆が起こる時の法則の実証④引き寄せを起こすステップ』

『プチラッキー☆が起こる時の法則の実証①~③までのあらすじ

次兄ホセ・オノデラスが夏休みで上京する際に、2年前からスペイン風景画の展示をしてくださっているオーベルジュ・フェリス<HPはこちら>さんにアポを取り、充電の切れそうなi-phoneのナビで場所を確認後、タイヤのパンクに見舞われたオノデラス兄妹は悪運の強さを発揮し、奇跡的に12時半のアポに間に合ったという話でした。

らせん階段を上がりレストランに通していただくと、修善寺の町を一望できる贅沢な眺望! すっごい素敵でした。

2年前にご紹介いただき、メールと電話でのやり取りのみだったオーナーの谷田部さんと初めてお会い出来ました。

きっかけは、恵比寿のオシャレ和食どころ「BeTTei」 <HPはこちら>のオーナーの松島さんがテニス友達で、「誰かスペイン料理屋さんをしているお友達いたら紹介してください。」と相談したら、「いる!連絡してみる。」と即答して連絡をしてくださったのがきっかけです。

谷田部さん「あの時ね、あいつから電話きて、”スペインの風景画を描いてる小野寺さんって人から連絡いくからよろしく。”とだけ言われたんだよね~」 

デラコ 「確かに、”連絡したから詳細説明してね”と指令が来ました。」

谷田部さん 「俺ねアイツのこと信頼してるから、アイツのいう事なら間違いないだろうと思ってね」 

と、見ず知らずのあったこともない無名の画家の風景画を8点も飾ってくれただけでなく、私と兄は絵の展示をする際にポストカードによる気仙沼のNPOへの募金活動をしているのですが、それについても快く引き受けてくださったのです。

谷田部さんはスペインのバスク地方のビルバオで修行をして、恵比寿でスペイン料理の草分け的存在でしたが、満を持して修善寺にオーベルジュ・フェリスを開業し今年で9年目になります。

私達を応援しているだけでなく、岩手の山田町のパエリャと大槌のサフランのコラボを応援しているそうです!!!

<山田町 味わい祭りのブログ>

海の幸に恵まれた土地でのサフラン栽培がされているとは!! 

谷田部さん曰く、一過性の物ではなくて新たな名物として育てていきたいそうです。 すごくワクワクします♫ 絶対おいしいだろうな~ 

東北の復興や、スペイン談義に花が咲きつつも、今回の我々のメインミッション、絵の選定をしていただきました。

fc2blog_20150806115459d19.jpg

「どうしましょう~」

と大量の作品を前に、決められない谷田部さん。 

谷田部さん「今飾ってるのも愛着あるからな~ マネージャーどうしたらいい?」

と訊かれたので

デラコ 「また次にいつうかがえるか分からないので、この機会に気に入っていただいた作品は置いていただいて・・・」

というと、

谷田部さん「良いんですか!?」

デラコ 「いーんです」 (川平ジェイ風)

キッチンの上の部分の壁面が空いていて

デラコ 「もしも宜しければ、あそこにフラメンコの絵を4つ飾っていただくのもカッコいいかもですね」と進言したら、採用していただきました


谷田部さんとホセと絵の選定が終わった後に充電20%のi-phone4sで無事記念撮影できやした♫

fc2blog_2015080611552153a.jpg

ななななんと、非売品のスタッフTシャツを頂戴しましたよ! ホセのは黒です♫ もうファミリーね❤

fc2blog_2015080611555942b.jpg

そしてスペインを思い出す作品をご購入いただきました 
タイヤ代金と交通費の足しにさせていただきます

本日次兄は気仙沼にお盆のお墓詣りで帰省し、友人宅にてお預かりした寄付金を届ける予定です。

復興の道のりはまだまだ続きます。「微力ながら出来ることをお互い継続しましょうと」エールを贈りあい、修善寺を後にしました。


都会の喧騒に疲れたら、是非訪れてみてくださいね☆

fc2blog_201508061155379f1.jpg




ホセ・オノデラスと行動を共にして、引き寄せが起こる現象について分析してみました。



生きがいと感じるくらい好きなことがある。 (ホセの場合は絵を描く事)



プロとしてやるレベルまで地道にコツコツ続ける。




プロとしてやって行きたいと他者に宣言する。 (この場合、妹デラコ)



応援してくれる人が現れ始める。



活路が拡がる。



地道に続ける。



スキルが上がってくる。



夢の階段を上がり始める。


次兄は本当に絵を描くのが大好きで、もの凄く丁寧に一筆一筆に魂を込めて書きます。 絵を見ているとスペインに旅行した様な気分になります。

行った事のある方は、空気感も思い出すと言ってくださいます。

それもこれも、ずーっと地道に描き続けているからなんだなぁと思います。

<ホセ・オノデラスのHP>


都内でホセの絵が観れる場所

<代官山 comecafe Osamu bar 様>
現在プロジェクターで展示していただいてます!

<下北沢 スペインバル アティコドス様>
壁に数点飾っていただいてます。

宜しければ美味しいお酒とお料理を堪能しながら、絵も見ていただけたら嬉しいです!

今日も読んでいただきありがとうございました❤






プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ