FC2ブログ

『 自分とおしゃべり 』

私は、「ほめる達人カウンセラー」と名乗っており

産業カウンセラーの資格も取りましたが、

傾聴が苦手と自覚しております・・・・・ 

最近、行政で働く現役カウンセラーのお友達と、カウンセリングスクールの恩師と
呑みに行った時に、

現場の現状を聴いて

アタシ向いてないかも・・・

と、不安感が増幅しました。

私は頭でっかちな思考優位型で

傾聴よりも

どちらかと言うと、

分析したり、論破したくなる傾向があります。

瞑想や、坐禅を習慣にしているのは

そういう自分の心の葛藤と向き合い

整理したり、

失敗して落ち込んだ心を癒すためです。

最近ちょっと、対人関係や、やり取りの難しさを

痛感した事がありました。

ここ数日、自分を責めたりもしました。

先日、オフィス近くの気になっていた

半蔵門駅近くのコーヒー屋さんで、
ブレンドをテイクアウトしました。



オフィスまでの道すがらに
少し味見したら、すっごい美味しかった~

カフェインと、美味しさからか

歩きながら、急にメッセージが来ました。


「自分で、自分を傾聴してみたら?」 

と、降りてきたのです。

閃いたというより、

降りてきたという感覚です。

確かに、自分で自分を傾聴出来たら

お客様のお話を聴く力が

増す気がしました。

自分とおしゃべり・・・・・・

瞑想や、坐禅中の


私の頭の中は

雑念祭りで


ワッショイショイです。


普段の日も

時々耳を傾けてみようと思います。


自分とゆっくり対話してないなーという方

よろしければ三種の瞑想体験ワークショップにも
遊びにきてみてくださいね。


詳細はこちらから


<三種の瞑想体験 ワークショップ>




スポンサーサイト



『 3月25日はホメラボ 』 

去年の7月から、毎月最終金曜日に「ホメラボ」というイベントを開催しております。

3月25日は10回目です 

港区の社会活動の一環であり


予約不要、無料のイベントの為

毎回どなたかいらっしゃるか、最終的に何名いらっしゃるかは

全く分かりません。


ホメラボの目的は

参加して下さる皆様と、

「ほめるとは何か?」を考える事で

ほめるに対する

視野を広げ

皆さんと事例を検討する事で

ほめボキャブラリーを増やす

対話の場です。

ホメホメナイトでは

皆でほめあっちゃいます。


毎回だいたい同じ内容なんですけど

メンバーによって

全く異なるため

9回やったけれど

毎回新鮮で

気づきと学びがあります。

9回やってみて・・・


御陰様で
フレキシブルさが鍛えられました 


2月のホメラボ☆ ホメホメナイトの様子




1月は初めて「芝の家」にて”夜シバ”とコラボしました。



皆でオニギリと、串焼きを作って
お腹を満たした後で
「ほめる」をテーマに対話をしました。






右端のポニーテールのきょんみんちゃんは大学生! 
毎週楽しい団欒を実施しています。
お料理の手際も素晴らしい。




明日の「ホメラボ」

19時~21時

会場 ご近所ラボ 新橋

◇住所 港区新橋6丁目4番2号 きらきらプラザ新橋 1F 

◇電話 03-6459-0789(オープン時間のみ)


つなぐ人フォーラムで出会った
青学WSD仲間の絢子さんとパチリ❤


心が温泉につかったように温かくなりましたと
コメントいただきました。 うれしいな



良かったらフラッと遊びにきてくださいね




『 危機意識 』

昨日、横浜でやっている友人の写真展を見に行く為に

東横線の急行に乗っていました。

私は進行方向左手の窓際を向いて立っていました  

電車は夕方時、ラッシュまでは行かないけれど、
それなりに混んでいました。

玉川を超えたぐらいだろうか・・・

ふくらはぎに柔らかいかたまりがあたった感覚がありました。

振り向くと、女性がうずくまってました。

数秒観察をしたけれど

進行方向右側に座っている人達に

動く気配がない・・・

屈んで、

「大丈夫ですか?」と声をかけたら

「気分が悪くて・・・・」 とおっしゃる。

坐っている人達に目を向けたら

スマホに夢中で

私たちのやり取りに気づいていない模様・・・

彼らの視界に入るべく

手を振り

「すみません、どなたか変われますか?」と

落ち着いたトーンで声掛けをかけてみた。

すると、進行方向の左手前方に座っていたおじさまが、

「ここに座りますか?」と言ってくれました。

若干倒れる彼女から距離がありました。

少し遅れて

彼女の目の前の若リーマンがイヤホンを外して

我々に気づき、席を譲ろうとしてくれました。

私は、「目の前のお席の方が安全かもしれないので、

変わっていただいて宜しいですか?」と若リーマンに言い、

前方のおじ様にも御礼を言い

彼女を座らせました。

「どこまで行きますか?」と声をかけたら

「次の駅で降ります。」と言うので

進行方向右手に座る彼女の目の前に立ち

武蔵小杉駅で彼女を誘導し、

歩けるし大丈夫そうだったから

電車から降りる所まで見届けました。

目の前で倒れている人にも気づけなくする

スマホ・・・ 

危機意識と、ホスピタリティの欠如は

いかん いかん! 

いかんぞー 

スマホと時々ちょっと距離を置いて

景色を見たりしつつ・・・ 

緊急事態に

落ち着いて対応できる人間でありたいものだ。



『 自分に還るということ 』

今巷では瞑想がブームですね!

プレジデント4月号は、
心を整える「禅・瞑想」入門でした。
<プレジデント オンライン 今、「瞑想」が外資系企業で人気の理由> 

興味はあるんだけれども、
瞑想っていまいちよく分からない…
瞑想ってなんか怖い
色々イメージがあるかと思います。

今回のブログは、ヨガマスターで瞑想のスペシャリストの新妻氏とのセッションで、新妻氏が語った中から、大事だなと感じたことをピックアップしてまとめたいと思います。


---------------------------
人は場面、場面で無意識に立場を切り替えます。

仕事での自分、友達との自分、パートナーの前の自分。

立場を変えることは、一つ一つが喜びにつながりますが

立場に固定され過ぎる時があります。


あらゆる立場を
社会の中で
知らず知らずの内に身につけています。

それらの”あらゆる立場”を

一つ一つ剥がして行くのが、瞑想の目的です。


プロフィールに書きこまれた、一つ一つを外して

何者でもない自分に戻るのが目的です。

矛盾になりますが・・・・

そもそも瞑想に目的を求めてはいけません。


ただ、瞑想をする。


瞑想に対して

こういう体験をした!!


という意味づけをしたりしますが、 


それは全てではない・・・  


これは何かの役に立つ!! を出来るだけ

外して、ただ場を味わうことに集中する。

何者でもない自分をただ思い出す。

そうする為に私はなるべく

場に自分を委ねて、呼吸を集中してみたり

身体を流れる”気”の出入りを感じてみたりします。

3種の瞑想体験ワークショップの一つ目は

声を出しながら行うハーモニックメディテーションです。

前回は足踏みをし続けながら、声を出しました。

日頃あまり声を自分の意志で出し続けるって

やらないですよね?

声帯が振動されることにより

緩んで、開放感がうまれます。

のどのつまりは、
対人関係のストレスから生じると言われています。

なので、叫んだり、怒鳴ったりするのは

ストレスの解放なんですよね。

でも、本音を言わないで我慢していると

喉のチャクラが

固くなってしまうそうです。

変な咳が続く時は、
もしかすると身体からのサインかもしれません。


ハーモニックメディテーションの時に、声が出せず苦しくなる方もいらっしゃいます。

リピーターの方で、「どうも苦手」とおっしゃった方は、4回目ぐらいで

秋に行ったハーモニックフェス♫ という、

ひたすら声を出す瞑想にチャレンジして

見事克服されました


ハーモニックメディテーションを体験して

Hさん「時間が分からない。 意識が落ちてふわーっとした感じ」

Oさん「久しぶりにボーっとなった。 ボーっとしてなかったんだな。ボーっと出来る感じを味わいました。」

Mさん「洗濯機の脱水したみたい。 色々なものが削げ落ちた。ちょっと疲れたけれど、ほどよくぼーっとなった。」

新妻氏 「ぼーっとするって大事なんですよ。意識の上で二つの選択肢があって、視点を拡げる事が重要です。

意識レベルを同じ周波数にいたら、問題解決は出来ないけれど、瞑想をして意識レベルを拡げることが大切。


自分の立場を剥がす行為。 ボーっとなることで

”私が”を剥がす。

すると、”私が”に戻った時に、

問題を捉えた自分が、 
 

課題に対して
適切なスタンスを
取れるようになります。



自分の事が、一番見えないもの。

瞑想をして本来の
な自分に還った時に

自分が観える。


私ごとと捉えずに

私ごととして生きていく。


どういう風にみられるかは、どういう風に観るかで変わります。

社会や職場での立場で人を観る時は

「距離のある情報」のまなざしで見ています。

家族に対して、そのまなざしで観ない事。

愛と尊敬で出来るだけ観る。


やわらかくない立場でみると


それが返ってくる。

動物や、星、花を観る時の感覚。

綺麗だなの感覚を養う。

本質的なものをいつでも思い出す。


限定のない

何ものでもない

美しさを愛でる感覚を増やす。


それが

豊かさにつながります。

限定を外してみる

訓練をすると

命の輝きが観えるようになってきます。

人を活かすまなざしをすると

自分が活かされるのです。


ワークショップ終了後の参加者の方の声

初めての方々

Rさん(女性) 「普段自分が主観的に物事を考えているか分かった気がしました。瞑想をして自分自身と向き合い、呼吸を整えた事で、少し客観的な思考が芽生えた感じがして、気持ちがフワッと軽くなりました。 初めての体験が出来て良かったです。ありがとうございました。」

Oさん(男性)「今までキチンと瞑想を習ったことがなかったので、色々な手法があるんだなという事と、運動と同じで定期的に行わないといけないなと思いました。」

Mさん(女性)「2時間超の体験をして、とても澄んでスッキリとしたフラットな状態の自分になった気がしています。日常の中でくっつけている余分なものを振り落したような気分です。心地よい疲れもあります。この状態をこんな自分でいられるという感覚を憶えてておきたいです。

Hさん(女性)「普段も”光の存在”という言葉を使ったりしていましたが、今日の瞑想で本当に私たちは光そのものだと感じられました。相手(も私ですが)の中の光を感じながら、やわらかなまなざしで過ごして行こうと思います。ありがとうございました。」

リピーター様より

Hさん(女性)「いつもより、空っぽ感が大!で終われました。とてもボーっとしていて心地いいです。ありがとうございました。」

Kさん(男性)「人数が多いと違う。たまに一人でやっていたが、一人とは違うものがある。最近は呼吸を意識すると、どんな場でも落ち着きを得られるんじゃないかと思う。逆にダメな時は呼吸していないと思う。瞑想時のグワーンという音(シンギングリン)が気持ち良かった。」

皆さん、ご自分の感覚の変化を俯瞰して言語化してくださいました。

ありがたいです。

次回の予定

日時 3月23日(水) 満月
受付 18時30分~ 
開始 19時00分~21時00分(21時30分撤収します)
定員 10名様 
料金4000円


日時 4月7日(木) 新月
受付 18時30分~ 
開始 19時00分~21時00分(21時30分撤収します)
定員 10名様 
料金4000円 

日時 4月22日(金) 満月
Earth Day スペシャル企画 ソイキャンドル作り付
受付 18時30分~
開始 19時00分~21時00分(21時30分撤収します)
定員 10名様 
料金 6,000円(キャンドル代を含む)

お申込み、詳細はこちらから
<三種の瞑想体験ワークショップ詳細>


『 個を観る 』

2月6日に菊池省三先生の 【挑む!アクティブラーニングのその先へ!】 というイベントに参加ました。

その時に、小学校の低学年のレベルは、
まだ人間として成熟していないので、
集団というよりは群れであり、理性よりも野生に近い存在。

彼らを教育することで、群れから規律に基づいた集団生活を送れるように導き、それぞれの特性に基づいた”個”を尊重する指導の大切さを感じました。 

”個”を尊重する姿勢から、
その人本来の持つ”個性”が育まれます。


小学校の子供を持つママに参加した内容を伝えたら、「学校は厳しく、習得の場であっておしい。家庭は逃げ場であり、癒しの場。学校でゆるくは困る。教育はプロに任せたい。」と言っていました。

最近の教育現場では、体罰は禁止、傷つきやすい子供達、親たちへの配慮で、言葉がけも気をつけなければならない為、

先生と生徒、親の関わり方が時代と共に変化しており、現場の先生達の苦労は相当のものだと思います。

菊池先生は,「ほめ言葉のシャワー」という授業を通じて、
統制の取れない野生化しつつある子供達に、良い言葉の植林を続け、
教育現場の再生に挑み、現在は教員を辞して、
全国で講演を続けいてらっしゃいます。

菊池先生は,
子供達と授業を通したふれ合いから生まれた良い言葉に
「価値語」と名づけました。

ひとは新しい言葉を知ると使いたくなるもの。

増えれば増えるほどに実体験を積むことが出来ます。 
活動の積み重ねが書籍になりました!
 <価値語100 ハンドブック>

素敵な価値語が、彼らの未来を創る・・・
と想像すると、ワクワクしますね。

菊池先生の活動に賛同する、
志の高い先生方と沢山出会いました。

日本は少しずつ、少しずつ、
良い方向に向かっているなぁと感じます 

このセミナーと、懇親会(2次会含む)に参加して、
印象に残った言葉は

「個が整うと、
社会性が、
グループがうまく行く。」


そして、菊池先生の”ほめる”とは

「個の変容を
どれだけ見極めるか☆」


極微の成長に
価値づけて、
意味づけて、

言葉にして伝える。


人間の成長は、螺旋を描くと言われています。

本人は同じところをグルグル回って、全然成長していないと感じるものですが、

第三者の目で客観的に観ることで、本人が気づかない成長に気づくこともあります。

その言葉は、自信を持てたり、困難に呑まれそうな時の
羅針盤になったりもします。


でも、残念ながら

その極微の成長を感じて、言ってもらう機会は

極めて少ないのです。


誰が一番自分の極微の成長を
知っているかというと


自分自身。

誰かからホメてもらう為にがんばるのではなく

自分で自分の極微の成長を見続ける意志が

自分の軸を創るもとです。


私は微細な声を聴く力を育むために

瞑想を習慣にしています。

瞑想をやり続けると、 

”氣”の出入りが、身体全体で行われているのを
感じられるようになります。

”氣”は共鳴しやすいので、似たような人と繋がり易くなります。

”氣”が滅入るものから、間合いを上手く取れるようになります。


全ては自分の
意志次第なのです。


自分の中の
エネルギーの状態を観る
習慣を持つと
言動や、行動が変わります。


瞑想を集団で行うと、個を整えると同時に

集団と繋がる不思議な安心感が得られます。

ヨガインストラクターの新妻氏の誘導により
瞑想の指標を得る事で、
自宅での瞑想の質を高めることができます。

瞑想に興味がある方、はコチラをどうぞ 【3種の瞑想ワークショップの詳細】

『 ほめ達! 認定講師の名に懸けて ☆ 』

「ほめ方・ほめられ方」をテーマにした
自分も周りも笑顔になっちゃう!『ほめトレ』を開催して間もなく丸2年になります。

昨年まで「ほめ達!1級」保持者ではありましたが、
ブラックジャックの様に未認可で
東北や都内でやっちゃってました。 

2016年1月23日に「日本ほめる達人協会」 ほめ達!認定講師にチャレンジ!
先日認定証と、バッチを頂戴しました 



今回のブログは、ほめ達!として活動している様子と、
参加者の皆様からの「愛あるフィードバック」をご紹介させていただきます。

2月20日から2月22日まで、山梨のつなぐ人フォーラムにて、
「ほめトレ」お試し45分と、2時間半の完全版を行いました。

ほめトレとは

ほめ達!の学びを基に、
仲間と共にボキャブラリーを増やしながら
実践を通して「想いを伝える勇気」を育む
対話型のワークショップです。



先ずは、
皆さんが普段「ほめる」をどう捉えているかを共有する所から始めて、ほめ達!の定義する「ほめるとは何か」をご説明します。

019_201603102151164aa.jpg







その後で、ほめボキャブラリーを皆で考えたり

026_20160310215122c35.jpg





実践してみたり

025_2016031021511827e.jpg






とっておきの秘策を伝授したりします 

027.jpg


全体の振り返り。 お一人ずつ、どんな風に感じたか、今後どう活用したいかを発表していただきました。

038_20160311095636055.jpg


<大阪からいらっしゃっていた、ミポさんより (立っている方)>

032_201603102151213f1.jpg

ほめ活の実践は続けています。今日は、仕事で「怒りの電話」を受け止めて、一瞬、凍りついたのですが、「そうですね」で受け流すことができました。褒めるだけでなくて、怒る場面でも活用できるのだと、新しい発見がありました。2.5時間ワークに出て、本当によかったなと思いました。これって、アサーションなんだなと感謝しています。

<てごネット石見のお竹ちゃんより>

つなぐ人フォーラムでは大変お世話になりました!

まだまだですが、先輩をムリなく、勇気を出して褒めています( ^ω^ )
ステキな講義をありがとうございました。

-----------------------------
<清泉寮スタッフの青沼さんより、実践報告を頂戴しました。>


HAPPY LIFE LABO 
小野寺 美和 様

おはようございます。
つなぐ人フォーラムでは、45分プログラム 2時間半プログラムでは、大変お世話になりました。

私は、途中から参加させていただきました
清泉寮フロント 青沼と申します。

45分プログラムでは、後ろでスタッフとして、
2時間半プログラムでは、参加者として混ぜていただいてありがとうございました。

大変勉強になったことと、自分の人生というと大げさですが、これからの生き方に大きな影響を受けたプログラムでした。

時間をかけてまとめてみまして、
いま身につけるように頑張っています。

イヤイヤ・・・・がでてしまうのが、まだまだですが、ほめを伝える側としてよりも、受け取る側に難があるようです。(;^_^A

とくにまとめた内容を他の人にも、つたえていますが好評です。

それも、先生の教えている内容が、とても面白かったのと、わかりやすかったこと

また、今社会として必要な部分にフォーカスしていた部分があったのだと思っています。

これからも応援させていただきますので、頑張ってください。

ぜひ、お体にはお気をつけてこれからもお過ごしください。

本当にありがとうございました。


清泉寮フロント 青沼宗徳 (ご本人に転載許可を頂戴しました)



----------------------

ワークショップやセミナーに参加したとしても、実際に行動に移すのは中々出来る事ではないと思います。 自分事として捉え、他の人にまで伝えてくださった事に感動して、私は嬉しくて泣きました。

写真は、キープ協会の村井さんに撮っていただきました。

村井さんはなんっと「ほめ達!」3級にチャレンジされるそうです☆ 


清泉寮のご飯はビュッフェだったんだけれど、新鮮な食材で作られた数々は何を食べても皆おいしい!!
特にデザートが秀逸。 天然温泉のお風呂も最高です。
ウェブサイト<財団法人キープ協会 清泉寮

私の活動理念は

「ほめ上手を
増やして
社会を良くする」


これからも、ほめ達!認定講師の名に懸けて、

日本中に笑顔の花を咲かせる為に

地道にコツコツ精進します 


『 フェイスブックお友達リクエストについて 』

フェイスブックの「お友達リクエスト」について

色々な考え方がありますね。

私は実際に会った方、
お会いしていなくても面識がある
または知らないけれどもメッセージをいただいた方は
基本的に承認しておりますが、

メッセージのない場合は、共通の友達がいても面識がない場合は

承認したり、しなかったり

全く面識のない方は基本的にそのままにしておりました。

せっかくリクエストをいただいたのに
放置している事が気になって
若干迷いながらも、自分なりのルールを決めました ! 

「お友達リクエストをいただいた際、
会った事がない方、メッセージのない方は、
基本的に承認しない。」

です。

理由は3つ。


① 友達の投稿が観たいから

これまで出会った友人達の近況や、感じたこと等々を読みたいのですが、どうもアルゴリズムの設定上、フェイスブック側の設定で大切な友人の内容が流れてこない時がある様だと、友達との会話中にスマホで見比べて気づきました。


② 勝手に送られる事があったから

ブログを始めたばかりの頃、ワークショップデザイナー仲間の友達からリクエストが来ました。
女性だったので、何かの投稿をきっかけにリクエストを下さったのかしら?と思い


「お友達リクエストをありがとうございます。
~さんの御友達なのですね。よろしくお願いします。」

とメールを返したら、

「何かの間違いです」と返事が来ました。

それに懲りて、検索してみたら

勝手に送られてしまうらしいと、知りました 

勝手に送られてしまうフェイスブックの「友達申請」や「招待メール」を解除する方法

実際に、私は苦手な人に友達リクエストが送られていました~恐ろしい~ 
念の為、リクエスト送信リストをご確認もおススメします

② 最近友人が、乗っ取りに遭いそうになったから。

「Facebookパスワードをリセットするリクエストがありました。」と来たそうです。

私が無暗にお友達を増やすと、私の大切な友達のリスクが上がるかもしれないので
これからも慎重にしたいと思います。

SNSの使い方は多様性があっていいと思います。 

各自の流儀があるので、それぞれのポリシーで

安全快適に使いたいものですね。

fb.jpg



プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ