FC2ブログ

『 九州大震災・支援団体・寄付先おまとめ帳 』

九州熊本大震災で寄付をしたいけれど、

きちんと使ってもらえる団体かどうか分からない・・・・という方から
時々「どこに寄付したらいいと思う?」と訊かれます。

これまで経験したボランティアネットワークで
入手した情報の中から

この団体だったら活用してもらえるのではないか?という寄付先をまとめます。 (時々追加します)

※ 寄付先に対してのお問合せには答え兼ねます。
自己責任でよろしくお願いします。

--------------------------------------
熊本市
危機管理防災総室



避難所に指定されていない場所でも、ここに電話すると指定避難所として救援が開始されるそうです。

県や市でも把握できていない避難場所では、SNSなどのネット環境を持った方が居ない事で、情報収集や発信が困難な状況なのかもしれません。

救援が届かず困ってる場所を知ってる方は、代わりに通報してあげてください!

熊本市
危機管理防災総室
電話 096-328-2490




-------------------------------------------

ナースケアグループ(キャンナス)

訪問看護の組織です。東日本大震災以降の経験を積み上げて、
その後日本で起こった災害時、現場での支援実績が豊富です。
(時々石巻・気仙沼でお手伝いをしました。)

全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス(CANNUS)
のフェイスブックグループ <URLはこちら>を検索していただくと、熊本での活動の様子が見られます。

代表の菅原由美さんの御言葉

参加したいナースからの声も上がってくるのですが、311の時のように藤沢の本部から車で無料で送迎することができません。
(この時はガソリン代と車のレンタル代などを皆様の寄付に頼りました)

皆さん飛行機代あるいは新幹線代がかかってしまいます。

交通費自己負担の話をすると躊躇されてしまうことが多々あり残念でなりません。

避難所に泊まって24時間頑張ってくれるナース!!
長期滞在できるのナースや2度目3度目と来てくれるナースには交通費だけでも出したいと思います。

現地の携帯電話を購入したり、キャンナスのTシャツを作ったり、レンタカーを借りたり、電動チャリを用意したりと本部経費もかさんでまいりました。

なにとぞ何とぞ、皆さまの熱いご支援をお願い申し上げます。

振込先

かながわ信用金庫、藤沢営業部
普通預金1990035
訪問ボランティアナースの会キャンナス。

現地にいこうとするナース達をどうかどうかご支援ください。

---------------------------
RQ災害教育センター

一般社団法人RQ災害教育センターは、東日本大震災の被災地支援のために結成されたボランティア組織「RQ市民災害救援センター」から発展して誕生した組織で、2011年12月7日に設立されました。 (ご近所イノベーション学校・ご近所ラボ新橋の仲間が現地いりしております)

RQのフェイスブックより

"今一度、私達がやろうとしていることを確認したいと思います。行政が運営している避難所については、行政にお任せします。自主的に避難しているところや家は大丈夫だけれども夜になると不安なので車で寝ている方など、行政支援に頼らずに頑張っておられる方をピンポイント支援して行く。親戚や友人などで自宅で過ごしている方など確実に個人に物資が届くのであれば、必要な物資を聞いて直接送って下さい。行政が運営している避難先におられる場合は各行政に必ず確認してから対応を聞いて下さい。その他の方は以下、RQ九州を通して送って下さい。必要な物や送り方は以下ホームページを読んで下さい。

支援物資の寄付を受け付けてます。 <URLはこちら> 

RQ災害教育センター活動の様子 <FBページはこちら>

------------------------------------------

ふんばろう東日本チームが立ち上げた
スマートサプライ 
<HPはこちら>

「必要な人に必要な支援を必要な分だけ届ける」システムです。支援したい所を選んで届ける事ができます。

「スマートサバイバープロジェクト」では、支援を必要としている団体の情報をわかりやすくお伝えし、安心してご支援いただけるようスマートサプライという物資支援システムを採用しています。

詳しくはホームページの中ほど左手にある、初めての方へにをご参照してくださいね。

システムの利用にあたっては以下のサービスのアカウントが必要となりますので予めご準備ください。

Twitter / Facebook / Googleいずれかのアカウント


------------------------------------------------------

現地で炊きだしをしている方向けのサポート。ボランティア仲間の御紹介。アマゾン経由で直接支援ができます。

熊本・大分地震避難者皆さんへボランティアで炊き出しの支援活動を行なっている田中 清昭さん。

全国の皆さんからご支援頂いたほしいものリストの商品は続々と届いてます。
ありがとうございました。

被災地では物資、食料はまだ充分に行き渡っていない状況が続いているようです。

チーム田中屋さんは連日1000食以上の炊き出しを行なってます。
温かい食べ物が求められてます。皆さんのご支援ご協力が必要です。

シェア拡散にご協力お願いします。
↓↓
<田中屋さんの欲しいものリスト>


----------------------------------------------

避難所用間仕切りシステムの提供している
ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークさん<HPはこちら>

21世紀美術館の展示で入ってみたけれど、すごく快適です。 プライベート空間って大事ですね。
生成りの間仕切りは、ほっこりとした安心感を得ました。 

被災地にひとつでも多くの間仕切りを設置したいと考えております。みなさまのご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

・ 振込先: 三菱東京UFJ銀行  東松原支店
-・ 口座番号: (普) 0036997
-・ 口座名義人: トクヒ)ボランタリーアーキテクツネツトワーク

お振込頂けた際には、お手数ですが下記メールアドレスまでご一報頂けますようお願い申し上げます。
---van@shigerubanarchitects.com


--------------------------------------------

災害はいつどこで起こるか分かりません。

乗り越えた経験は生きる力になり、

誰かの為に何かすることは、自分のためにもなります。

がんばっぺしね(東北弁でがんばろう)!

皆様の優しい気持ちが活用されますように。



スポンサーサイト



『 災害が起こる前に取るべき、心と身体の備え 』

九州大震災で今多くの方が大変な思いをされています。

私は東日本大震災で地元気仙沼が被災し、
両親、親戚、友人と連絡が取れるまで数日を要しました。

叔父の葬儀で帰省した時は、地鳴りがする余震がまだ続いていたし、

2012年頭にボランティアで石巻に入った時も、また津波が来るかもしれないという不安を抱えながらも、覚悟を決めて向かいました。

現在現地入りしている医療関係の仲間達の活躍をFB経由で見て、自分は何が出来るかを考えながら画策中です。 少額ですが、先ず寄付をさせていただきました。

今被災していない私たちがやっておくべきことについて、
私信をまとめます。 参考になれば幸いです。

① 足腰を鍛える。

公共交通機関が止まった時に備えて、
なるべくエスカレーターや、エレベーターを使わない。
歩きやすい靴を履いて、一駅、二駅ぐらいならウォーキングで移動の習慣をつける。

② 料理の練習をする。

被災した時に、炊き出しボランティアとして働ける料理の腕を身につけておくのは大事だと思います。

手仕事をすると気が紛れますし、誰かと一緒に料理をする事でコミュニケーションのきっかけになります。

私は全日本芋煮同交会のイモニストとして、時々炊き出しの予習をしています。集団での料理も慣れておくと、緊急事態に助けを待つ被災者ではなく、自分の身を護るサバイバーに近づけると思います。
<全日本芋煮会同交会のホームページ>

外食が多い方は、この機会にライフスタイルを見直して、自炊癖をつけて食料を備蓄すると良いと思います。

東京に大地震が来てライフラインが止まった場合は、おそらく人口に対して避難所が足りない為、家がもしも残ったら自宅で待機が良いと、防災のイベントを主催した時に行政の方から聴きました。


行政の復活が最優先で、自衛隊はおそらく湾岸部が浸水した場合、そこの救助に集中する為、個人単位で支援物資が手元に届かない可能性もあるそうです。最低七日間分の食糧は確保した方が良いと言われています。

生鮮食料品から手を付けて、缶詰やレトルトを使い、その後で非常用保存食のローテーションが良いと言われています。

お子さんがいる方は、自分で出来る簡単なレシピを教えておくと良いと思います。 生き抜く知恵を日頃から伝えましょう。

③ お風呂のお湯は抜かない。

お風呂のお湯は災害時のトイレを流す際に必要です。下水道がやられた場合は、紙おむつや、新聞紙等をビニール袋と共に引いて消臭剤を振る、簡易トイレというやり方もあります。

④ 湯シャンプー 合成シャンプーは二日ぐらい洗わないと頭がかゆくて大変になりますよね?
湯シャンプーは割とかゆみが起こりにくいです。 週何回かは湯シャンプーを導入するのも良いかも。

<湯シャンプーのやり方>



⑤ ボランティアを経験する。

被災地で行政が機能しない話が時々SNSで流れてきますね。 行政の方も被災者だったりしますし、緊急事態にどうしたら良いか分からない中でご尽力されていると思います。 

ボランティアを経験すると、普段の仕事や業務と違って、指示系統の段取りが整っていない為、
現場が混乱する事が多々あります。

そういう状況の時は、

いかに仕事を自分で見つけて動けるか、

自らの現場力を鍛えるチャンスになります。

現場慣れすると、文句を言わずにやるべきことを

粛々と行う精神力が培われます。


その精神力こそが
緊急事態に
功を奏します。



不慣れな人は、文句や愚痴をこぼす傾向があります。

そういう方は大体

手が止まってます。

批評・批判・文句を言うのが得意な方は

残念ながら

現場で機能しません・・・・

そして、その周りの人も

ストレス下だと耐性が低くなるから

一緒になってモチベーションが下がってしまいます。

一度下がったモチベーションを上げるのは

中々大変です。

モチベーションを維持するには、

雑音に耳を貸さずに

自分事として、何が出来るかを考え

それを粛々とやること。

すると、

周りとも調和が出来て

経験として得られることの質が上がります☆



特に、ボランティア慣れは、

災害時に生き抜く力 


になると思いますよ!

ちょっとずつ、 実践してみてね

『 成長は螺旋を描く 』

ついつい周りと比べて 

自分の至らない点ばかり

気になったり・・・ 

嫉妬してみたり・・・ 


していませんか?

私は・・・・

比べまくって

自分の至らなさに (暗記力の低下とかね 

ロックオンしまくってましたよ~  


最近色々な方に出会い、

人にはそれぞれ

生まれる際に決めてきている、

役割があるのだと学びました。

今、なんらかの形で活躍をしている人。

例えば、「ほめ達!」の西村理事長は役割に気づいたから

突き進んでいるのかもしれないとな・・・と感じます。

機会があったら、是非ほめ達検定3級にトライしてみてくださいね。
<日本ほめる達人協会>

いつか私も講座に立つ事が目標です 

今努力している事が

ちょっと苦しい・・・

なんか楽しくない・・・

という場合は、

振替ってみるタイミングかもしれない。

ただ、

やり続ける事で観える世界は

変わる事がありますね。


毎日、毎日

いつまでも同じことの繰り返しに見えて

人は少しずつ成長します。

人と比べるのではなく、

自分の成長を

縦で観ること。

昨日の自分よりも

ちょっと努力してみる。

すると、


伸びシロが見えやすいかもね☆


自分の
一番の理解者
は自分です。


誰かが褒めてくれなくても

自分で自分を
先ず認める事。


それを繰り返して行くと


人から褒められるようになります。

見えにくい努力を褒めてもらえたら


「気づいてくれてありがとう。 

実は努力してたの❤」
 


と、見守ってくれた方に感謝の気持ちを
伝えてみませんか?

素直に笑顔で言える日まで

縦よ~  たて!!

地道にコツコツ・・・伸びちゃおうではないか ☆

『 伝えることを恐れない。 』

ブログの更新は、毎日しておりませんが

最近経験に基づく気づきや

降りてくる言葉を、

フェイスブックやツイッターに載せています。

かさこ塾の同期のソフィア・エムートさんにリーディングしてもらったら

アセンデッド・マスターにつながっているそうです。

ソフィアさんのブログ
<ソフィア姐さんの幸せ引き寄せ道場> 痛快かつ、温かい言葉でスピリチュアル嫌いの方も癒されちゃいます。おすすめ。


最近降りてきた言葉を投稿した後に、

シンクロしましたとか、

超タイムリーなご神託とか、

宮城の親友は「たまに、当たる」と

まるで御神籤か占いのような感想を頂戴するのが増えてきました。

ソフィアさんに「真理を伝える人」と言われた時に
自然と涙が出ました。


これまで学んだ見識を
観えない何かと戦っている友の為に
思いを込めて伝える。

それが彼らの支えになった時
之までやってきた事は
無駄ではなかったと
確信できる。

それが学び続けるエネルギーになる。

以前、フェイスブックに降りてきた言葉を載せたら

「何か悩みがあるのか?」と言われたので、

発信を躊躇していた時期もありましたが、


出し惜しみをするのは
辞めました。

誰か一人でも、心が楽になれば
幸いです。

『 微差を積む 』

4月10日は夜なべして

港区ご近所ラボ新橋でやっている
「ホメラボ」の2015年度の報告書をまとめました 


港区から「地域をつなぐ!交流の場づくりプロジェクト」
として、三田の家有限責任事業組合(LLP)が
委託を受けているプロジェクトの為、
企画書作成、毎回日報の提出と、
きちんとした報告を求められました。

自分で企画、立案後に実施して、
お客様のフィードバックを
毎月まとめていたおかげで

2015年度のまとめが凄く楽にできました 

事務作業全く得意じゃないんだけれど・・・ 
やれば出来るものね 

行政に提出する書類なので、
フォーマットもちゃんと決まっています。

一匹狼的に活動する身としては

きちんと報告する事により、

活動を振り返る事ができて

行動して、フォーマットにのっとり
レポートにまとめる。

第三者に見ていただくから
真摯に対応しておりました。

自分一人だけでやっていたら

ここまでまとめてなかっただろうな・・・と思います。


置かれた場所で咲きなさいといいますが・・・
こういう環境にいられる事に感謝❤


ワークショップをやり始めて丸二年半になり、

せっかくだから
認定ワークショップデザイナーにチャレンジしました。

受験の書類審査では、実践事例が三つ必要。
記録写真、お客様からのフィードバックが必須項目にありました。

実践報告、レポート等の書類審査、面接、講義+小論文を経て

無事、認定ワークショップデザイナーを頂戴しました 

活動の場に恵まれ、参加して下さった皆様、協力してくれた仲間のおかげです。
ありがとうございました。




2013年10月に都内避難者向けに「ほめる」をテーマにワークショップを自主開催して、

翌月に中目黒のボランティアセンターで、
青学ワークショップデザイナーのチラシをゲット。

「学んでみたい」という想いから、締切一週間前に駆け込みで受験。

振り返ると、点と点が結び

路が形成されているのを感じます。

2月に参加した、「つなぎ人フォーラム」での「ほめトレ」に参加していただいた方より
6月に福岡でのワークショップ依頼を頂戴しました。 ありがたや。


ひとつひとつの出会いを大切にして、
目の前の事を一生懸命すると
サムシンググレートの計らいが起こるといいますね 

その通りなのかもと、最近感じます。

人生風任せ、予測不可。

だから面白いね 

プロフィール

ほめ達!カウンセラー・デラコ

Author:ほめ達!カウンセラー・デラコ
本名:小野寺美和 
1969年生まれ 
東京都目黒区在住
宮城県気仙沼市出身。

「ほめ上手を増やして社会を良くする」を活動理念に、行政・企業・学生・婚活・育児・福祉施設支援として「ほめ方・ほめられ方」講座やワークショップを全国で開催。述べ600名以上(2016年6月末時点)

ほめる達人検定1級・ほめる達人検定認定講師。産業カウンセラー、ワークショップデザイナー


1990年恵泉女学園短期大学英文科を卒業後、バブル崩壊直後に証券会社に入社営業として4年勤務。その後外資系情報通信社に転職しクライアントサポートとして18年在籍。

2011年東日本大震災で実家が被災し、両親が上京。その年の暮れに所属部署が無くなり突然リストラに・・・

被災地の為に何か役に立ちたいと考え、一念発起して退職金を元手にカウンセリングを学びながら、2014年ほめる達人検定一級を取得。2016年ほめる達人検定認定講師として全国で活動。


個別ホメ相談(Skype)、ワークショップ・セミナーの
お問合せ、ご依頼は
happylifelabo@gmail.com までお気軽にご連絡くださいませ。

ホメ相談(E-mail)もお気軽にどうぞ。
<相談内容・回答は匿名でブログで載せさせて
いただきます。>



趣味:テニス、サーフィン、座禅・瞑想、 おつまみの研究

-----------------
☆ アイムパーソナルカレッジ:カウンセラーコース修了
☆ 日本産業カウンセラー協会:産業カウンセラー
☆ 一般社団法人日本ほめる達人協会:
ほめ達検定1級・認定講師
☆ メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種
☆ 青山学院大学ワークショップデザイン養成講座修了
☆ 青山学院大学ワークショップデザイナープラス修了
☆ 生涯学習開発財団認定:ワークショップデザイナー
☆ 財団法人ウェイクナーズ:「メンター講座」修了
☆ 第五期かさこ塾修了
☆ 港区ご近所イノベーション学校修了・総代

心が軽くなるヒントを時々ツイッターでつぶやいてます♪
よろしければフォローしてみてくださいね。
twitter:@happylifelabo

フェイスブックについて
miwa.onodera1 で検索していただき、フォローボタンを押していただきますとご覧いただけます。

友達リクエストについて
お友達にできる人数は限りがございますので、つながりのある方、お講座に参加していただいた方、または自己紹介のメッセージを頂けた方に限らせて頂きたいと思います。勝手ながらよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ